私達はバリケードの中から ビラ・立て看 あるいは葉書や資料の郵送等で 我々の主張を発信し 闘争への参加・支持を呼び掛けたが その頃 「資料として保管」などということは 思いもしなかった。
したがって 現在手元に残っているものは バリを追い出されて以降のものばかり・・・。
1968年から72・3年頃の 資料をお持ちの方 連絡をお待ちしています。

目次に戻ります

 1979年から1983年にかけての資料    
 1969年1月1日付け   日本経済新聞 「情報派で行こう」という記事
たった1行だけ<日大全共闘情報部>と記載がある 
 PDF
1969年〜1971年  農獣医学部からの「警告書」と「退学処分通知書」 → GO
  全共闘の闘いを引き継いだ、1975年農獣医学部入学の後輩から提供を受けました。それぞれクリックで拡大します。 
 
1978年4月8日新入生向けビラ
 
   2011年1月「全共闘情報部淡路島支部」から送って頂いたステッカー4枚と授業再開関連資料

1969年ステッカー3種4枚
1969年3月13日「学科連合」による集会の呼び掛けと9項目提案
      無党派一般学生を名乗る秩序派集団、当時東工大にも似たような輩が居て今(2011.1)ソーリやってますが・・・。
1969年4月頃「授業再開実行委員会」を名乗るグループの郵便物
1969年2月8日集会を呼び掛ける「学科連合」と「一般学生有志会」のハガキ
1969年3月18日「学科連合」ハガキと5月22日付け畜産学科ハガキ
1969年5月7日付け「畜産学科1/2年次授業再開計画」文書

  「Harashima資料館」新設しました → GO 
     
「秋田明大、見事な生活人となった友よ」 故・日大全共闘書記長田村正敏 PDF/A4/12p → GO
   1968年9月20日頃?「声明」(学外団体からの支持表明)  黄ばんでいるのではなく、元々黄色の紙です
1968年9月食品工学科2年クラス集会呼びかけハガキ
1968年11月30日農獣医学部文書
1968年12月学生会「学生総会」呼びかけハガキ  
(全共闘に対する非難は一切ナシ)
1969年3月14日食品工学科2年クラス担任からの文書
1969年3月食品工学科学生集会呼びかけハガキ
1969年5月食品工学科2年クラス担任からの文書
1969年7月10日農獣医学部文書
1969年7月食品工学科新3年クラス担任からの文書
2009年中村克己君墓参会でお借りした雑誌記事 → GO


クリックで拡大
1978年頃の   イラストドキュメント 日大闘争

        末尾に 資料 「叛逆のバリケード」 ほか    協力/無尽出版会 とあります

                    →
GO PDFで開きます(2.4M)
1968年から1969年にかけての グラフ誌 → GO     別ページで開きます
        

1968夏 自主講座
1969.2.20 留年宣言
1968年7月 農斗委バリケード内で開講された自主講座の日程表 → GO

四年生連絡協議会が疎開授業を拒否し発した 留年宣言 → GO

1969年5月作成の
「事実経過」

農斗委名義の闘争年表 新入生を対象とした情宣活動のために作成したもの。 このHPに掲載してある農斗委闘争史の元になったものですが 敵も味方も実名がけっこう出てきます。 もう40年になるので かまわないと思いますが 差しさわりがあったらお知らせ下さい。

   まさに「当時」作ったものなので かなり主観的なものになっております。(B4版4P 1.76M) → GO
  「中村君虐殺糾弾」 (1971年1月発行 全60ページ) →GO

         2007.7.28  P.1〜37 
              7.30  P.38〜60 を アップ  (完結)


「アルケー」
1969年4月農芸化学科闘争委員会編集部発行の「アルケー」 農芸化学科を表す「Ac」のドイツ語読みなのかなと 勝手に解釈しています。 新しいページで開きます→GO

ドイツ語読みではないようですね 「アー・ベー・ツェー・デー」というのを思い出した 7.22 PDFを5個追加(完結)


クリックで拡大
     

  「事実と考察」 (畜産学科小林忠太郎講師に対する懲戒解雇処分の理由の一つになっている)

農獣医学部教員(4名)による 農獣医学部機動隊導入前後の様子を記録した文書。
農斗委が1969年5月 新入生を獲得する際に 正直 有効な「武器」になった。

 リスクを承知で編著・公表された4人の師の勇気に 敬意を表します。


「7・2〜4再バリの若干の総括」
 「農獣医学部斗争委員会 書記局」名義の ビラ  1969年7月上旬のもの。
さる会合にて 群馬にお住まいの方が保管されていたものをコピーさせて頂きました。 カッティングは間違いなくワタシ(管理人その1)ですが 原稿は「書記局」とあるので 書記長さんかな と思います。

これを読んでも 再バリが2度行われたようだが 詳細分からず・・・。
   


農斗委救対ビラ
逮捕の心得」  農獣医学部で被逮捕者が増えだした68年9月頃のものと思われます


ビラ5枚

年代順に
1968年6月頃 学生会と(中央)闘争委員会連名の「教授会の確立を要望する」
1969年2月12日付 獣医学科1年自治会準備委員会「広報」
1969年3月20日頃 農芸化学科バリ戦線「3.22東大解放講堂前集会に結集せよ!」
1969年5月頃 獣医自治体準備委員会「授業再開策動粉砕!」
1969年6月頃 獣医科2年闘争委員会(68入学)「良識ある学生諸君に問う」
 
   いずれも文字列をクリックするとPDFで開きます           

当時のいわゆる「文化人」の評論
新しいページが開きます→GO
 「今や九万五千の声」
日新会パンフレット
1968年9月中旬に発行された日新会の文書(A4・14P約2.2M)
スキャンしていても 気分が悪いが まっ 資料ということで アッチ側の人たちの主張も残しておくべきではないかと思い・・・ 
 
   
 1969.1
「疎開授業粉砕 討論資料」
同じく Oさん保存のもの
 農獣医学部斗争委員会名義の「討論資料」  須崎(獣医) 矢吹(農工)での疎開授業の様子がよく分かる 

      バリ内のファックス+輪転機で印刷されている
 「学生諸君へ」
1969.7.10付 学部文書
これを読むと 農獣医での再バリは 1969.7.2と7.4の2度あったようだ 憶えていない!! 
情報を求めます!
     下の文書と同じく 農化斗Oさん提供のものです
  1969.5.16
農芸化学科「就職試験に関する連絡」
「心優しい」教授達から3年次学生への連絡文書 彼らの「日大の使命」を何としても守ろうという姿勢には 呆れてしまう
    本文   別紙

「70年『9・30』を迎えるに当たっての提案」 
 日大全学学生解放戦線名義のビラ 
   
  70年9月の状況を私(管理人その1)は知り得ない場所に居た 
           党派性の薄いのが党派性と言われた(?)ML派による日大全共闘の現状分析と他党派批判
報道  報道のページ (ここにまとめました 9.13および9.14記事追加) 

クリックで拡大
  1968年12月15日 東大安田講堂で開催された「報告大集会」の基調報告
     
      残念ながら表紙は紛失 <はじめに>と<日大斗争事実経過>は省略し P.7からP.15までを
            作成 保存状態が悪く最初の2ページは非常に読み辛いことを ご了承下さい(約2M)

      始めの2ページ(P.7&8)のみ 多少読みやすくなったと思います(約600K)

クリックで拡大
裏表紙は こちら
1976年4月28日の 公開自主講座「大学論・小林裁判と日大闘争」

       第3部 学生弾圧の歴史と日大闘争 のみPDFにしました 司会者・発言者の名前は消してあります

クリックで拡大
 「最近の学内外をめぐる問題について」という農獣医学部当局の文書

       1968年5月10日頃 配布されたもの 写真で見ると分かるが現物は書き込みが多数あり 読みにくいので打ち直しました 学部内での地下活動の様子が分かり 面白い
  四連協ビラ「六・六教職員学生対決討論集会に結集せよ」
       1969年6月初頭に配布されたもの 4年生連絡協議会は1969年1月頃 疎開授業を批判し『留年宣言』を発し 日大闘争を闘い続けた

クリックで拡大
裏表紙は ここ
 「弾圧という一言に現しうるが 続 今一度君に語り掛けたい」 発行名義は『日本大学全学共闘会議 経済学部拡大活動者会議』とあります。
    
  内容から1970年夏頃の発行のようだが詳細不明(B5版10P 約1.2M)  PDF差し替え 読み易くなりました

クリックで拡大
 1968年7月5日本館バリケードの屋上から泥棒を発見(ブルヨコさん保存の読売の記事)
              発見者の名前は消してあります


全学友への訴え」と「授業料延納願い」
1968年8月バリケードの中から発送された帰省中の学友への呼びかけ(農闘委名)と授業料延納願い

訴え      延納願い


解放学生協議会のビラ
(1968年5月末 ?)
「日本大学解放学生評議会」と「日本大学全学共闘会議」連名のビラ 藤沢移転実力阻止とあるので農獣医学部内で配られたもの(置きビラ?)と思われる。ビラの内容から判断して 5月末から6月始めのもの(6.11より前)のようだ。



拓殖学科闘争委員会のビラ
これも上と同じく保存状態は良くありません。 ともに1969年4月か5月頃 おそらく 学内で配られたものと思われます。



食品工学科闘争委員会のビラ
食品工学科闘争委員会の1969年4月頃のビラを発見!! 保存状態悪し・・・頑張ればなんとか読めます。



クリックで拡大
当時農獣医学部闘争委員会書記長だった本田広一氏の「最終意見陳述書」 B4版8P
(1971年2月18日東京地裁)

                                                 

この「農獣医事件」は 日新会・獣医学科4年白井某に対する暴行容疑事件で 書記長のほかに 食品工学科4年故笠置氏と獣医学科2年S氏が逮捕された。 起訴されたのは本田氏のみ。

 


クリックで拡大
小林裁判に勝利する会編  「麦わら帽子」 (1975年8月発行)

若干の在庫あります 

本編40P 資料(最終準備書面・年表)
獣医学科闘争委員会のビラ(1969.5)  


  目次に戻ります