PICマイコン

 PICマイコンは、米国マイクロチップテクノロジ社の8bitオールインワンのマイクロコンピュータで、少ない
 外付け部品で、簡単に制御回路を作ることができるIC型のマイコンです。



 1 開発環境

 PICのプログラムを開発するためにはMPLABというマイクロチップ社が提供している無料の統合開発環境
 ソフトとWindows98以降のOSがインストールされたPC、PICマイコンにモジュールを書き込む書き込み
 ソフトとライターが、最低限必要です。

 プログラム言語は、マイクロチップ社が提供しているMPLABには、PIC用のアセンブリ言語が含まれて
 いるので、これでプログラムを作ることができます。また、C言語やBASIC言語のコンパイラもいろいろ
 なところから販売やフリー版が、提供されています。

 PIC用のC言語では、CCS社 のC言語コンパイラーが、解説された本やホームページが多くあり情報が、
 豊富です。私もCCS社のミッドレンジ用C言語コンパイラーのPCMを使っています。

 この他にBASIC言語などのコンパイラもありIPIのサイトから各種コンパイラを購入できます。
 また、共立電子秋月電子通商でも販売されています。




 フリーのC言語コンパイラー

 PIC用のフリーのC言語コンパイラもあります。しかし、フリーのC言語コンパイラには、ライブラリが、
 無かったりプログラム容量やサポートされているPICマイコンに制限が、あったりしますが、機能は、
 製品版と同じなので、16F84Aが使えてプログラム容量が、1KBあれば十分に使えるようです。

 PIC用フリーのC言語コンパイラとしては、HI-TECHの PICC Lite Compilerが、PIC 16F877や
 16F84A をサポートした ANSI-C準拠の本格的なC言語コンパイラで、使いやすそうです。

 2 PICマイコンへの書き込みツール

 PICマイコンは、プログラムを書き込まないと使えないので、PICマイコンにプログラムを書き込むツールが、
 必要になります。
 PICマイコンにプログラムを書き込むツールは、共立電子秋月電子通商からライターとライティングソフトの
 キットが、販売されていますし、その他からもライターやライティングソフトが、販売されています。

 PICマイコンへの書き込みライターは、自作することもできて、シリアルポート接続PICライターの製作のHPが、
 大変参考になります。  私は、 FENG3のホームページのPICライタ5号機を自作して使っています。

      

 また、PICライターソフトは、IC-Prog(http://www.ic-prog.com/)というフリーソフトを使っています。
 IC-Progは、サポートしているPICマイコンの種類も多く日本語化のパッチもありシリアルポート接続PICライ
 ターの製作
からIC-Progの日本語化パッチをダウンロードできます。



 3 評価ボード

 PICマイコンの電子工作では、ハード(電子回路)とソフト(プログラム)が、1つになって動くので、電子回路や
 ソフトが、正常に動くことなどを確認しるための評価ボードが、必要になります。この評価ボードや実験ボードも
 PICマイコンの解説図書に作り方が、公開されていたり共立電子秋月電子通商から販売されていますが、
 使用するPICマイコンや機能に合わせて自作することも簡単にできます。

 下の写真は、私が、自作したPIC 16F84A用の評価ボードです。





 4 参考図書

 PICマイコンの電子工作の本は、いろいろ出ていますが、私は、C言語によるPICプログラミング入門
 (技術評論社)と電子制御のためのPIC応用ガイドブック(技術評論社)の2冊を参考にしています。

 どちらもCCS社のC言語コンパイラの使い方を詳しく解説されています。



 5 参考ホームページ

 PICマイコンを使った電子工作のホームページは、沢山ありますが、参考図書に紹介した本の著者の
 ホームページの電子工作の実験室  が、とても詳しく参考になります。