【ABIT】AN7/NF7シリーズ ファンクラブ【nForce2】スレッド FAQ

Counter


重要!※※BIOSの設定変更後、この画面が表示されている時は電源オフ、リセットは厳禁です!※※

FAQサイトとしての更新は終了いたしました。
今までご協力、閲覧していただいた皆様、ありがとうございました。
by 浜田次官◆FAQ/UmUZ22

今後最新情報などは、スレPart23の929氏提供のWiki版をご利用下さい。編集者募集してます。

★現行スレッド Part34: http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/jisaku/1208730760/l50

★過去ログ   Part1 Part2 Part3 Part4 Part5 Part6 Part7 Part8 Part9 Part10 
          Part11 Part12 Part13 Part14 Part15 Part16 Part17 Part18 Part19 Part20
          Part21 Part22  Part23  Part24 Part25 Part26 Part27 Part28 Part29 Part30
          Part31 Part32 Part33

★基本情報★

 ABIT Japan 製品情報(一部英語)
  ■NF7NF7-SNF7-MAN7
  ■SERILLELSERILLEL2
  ■MediaXP
 
 ABIT USA Forum(英語):http://forum.abit-usa.com/
 ABIT FAQ's(日本語):http://www.abit.com.tw/page/jp/faq/faq.php?pFUN_KEY=12000&pTITLE_IMG=/faq/images/faq-banner.jpg

 取り扱い代理店 
  ■バーテックスリンク:http://www.vertexlink.co.jp/(新規取り扱いは終了。サポートはメーカーへの修理取り次ぎのみ)
  ■恵安:http://www.keian.co.jp/
  ■SYNEX:http://www.synnex.co.jp/
  ■(株)サードウェーブ(DOS/Vパラダイス):http://www.dospara.co.jp/top/(取扱品に特定代理店のラベルなどがないため、独自扱い?として掲載)

 製品紹介記事
  ■NF7    http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20021214/ni_i_m4.html#nf7
  ■NF7-S   http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20021207/ni_i_m4.html#nf7s
          http://akiba.ascii24.com/akiba/news/2002/12/06/640484-000.html
  ■NF7-SL http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20030412/ni_i_m4.html#nf7slv20
  ■NF7-M  http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20030301/ni_i_m4.html#nf7m
          http://akiba.ascii24.com/akiba/news/2003/03/01/642198-000.html
  ■AN7    http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20031122/ni_i_m4.html#an7
          http://akiba.ascii24.com/akiba/news/2003/11/19/646957-000.html

★全般★

 Q:NF7、NF7-S/SL、NF7-Mの違いは?
 A:

   ノースブリッジ サウスブリッジ 付加機能 備考
NF7 nForce2-SPP MCP 6chAudio(AC97、ALC650)  
NF7-S nForce2-SPP MCP-T S-ATA、IEEE1394、SoundStorm(光デジタル出力端子X1) SERILLEL付属、MediaXP対応
NF7-SL nForce2-SPP MCP-T S-ATA、IEEE1394、SoundStorm(光デジタル出力端子X1) SERILLELなし、MediaXP対応
NF7-M nForce2-IGP MCP GeForce4MX相当の内蔵VGA、6chAudio(AC97、ALC650)  
AN7 nForce2-SPP(Ultra400) MCP-T μGURU、SoundStorm(光デジタル入出力)、S-ATA、IEEE1394 SERILLELは付属しません
※上記ABITの製品情報、ニュースサイトの製品記事なども合わせて参照してください。
  NF7シリーズVer2.0はすべてノースブリッジが「nForce2Ultra400」になります。
  メモリのDualChannelアクセスは、上記のすべての機種が対応しています。


 Q:このマザーはWin98(SE)でも使えますか?
 A:ドライバは提供されていますが、基本的にかなり苦労させられると考えてください。
     インストールウィザードが上手く実行されなかったり、全部手動でデバイスマネージャから入れさせられたり…
   苦労がいやなら、おとなしくWin2K以降にすることお勧めします。

 Q:標準で付いているチップセットファンは簡単に外れますか?またFANレス化にお勧めのヒートシンクは?あと五月蠅いの?
 A:小口径ファンの宿命として、結構五月蠅いです。あとは割りと寿命が短かったり(異音発生とか)…
     マザー裏側に出ているプラスチックピンをラジオペンチなどでつまんで、押し込めば外せます。
   取り外す前には適当にベンチなどをして、チップを暖めておくと残ったグリスの除去がしやすくなります。
   またグリスの除去には、無水アルコール、ジッポオイルなどが効果的です。
   使用報告が多いのは、ALPHAの40*40*25のヒートシンク(ValueWave扱い)ZALMANのZM-NB32JZM-NB47J等。
   そのほかのヒートシンクに関しても過去ログに使用報告が多数あります。
   スレッド開始時に比べ、最近はノースブリッジ向けのヒートシンクも数多く販売されていますので、色々さがしてみるのも良いかと思います。
   取り付けには熱伝導接着剤、グリス+アロンアルファをノースの4隅に、熱伝導両面テープなど様々。
    金具で取付けるタイプのヒートシンクは、元ファンの穴と取付穴の位置合せをすると楽です。
   ノースブリッジチップ上には、対角上に円形の部分がある(画像参照)ので、熱伝導テープで取り付ける際には、この部分のテープを切り欠くと密着力があがります。
   またチップ中央部も平滑ではないので、グリスを塗られる方は多めに塗りましょう。試しにチップ全面に塗布して、シンクを押しつけてみれば一目瞭然です。
   過去ログも合わせて参照のこと。

 Q:INT線の共有は?
 A:以下の通り(○=独立、△=共有)
      AN7も同様なようです。

A B C D E F G H
AGP               
PCI1               
PCI2              
PCI3              
PCI4                  
PCI5              
S-ATA              
LAN              
OnBoardSound           △(Dolby) △(Codec)  
USB2.0         △(Port1) △(Port2) △(Controller)  
IDEコントローラ               
IEEE1394              


 Q:電源を入れたらマザー上の赤いLEDが点灯しています!電源を切っても切れません!何かのエラーですか?ヽ(`Д´)ノウワァァン!
 A:電源状態を示すLEDだから心配無用です。
   Rev1.2以降から搭載されたS-ATAコネクタ付近のチップLEDは、マザーボードにスタンバイ電流が流れている間は赤LEDがずっと点灯しています。
   PCが稼働状態になると、隣の緑LEDも点灯します。


★CPU関連★
 
 Q:ALPHAのPAL8045は載せられますか?
 A:マザーボードのリビジョンによって可否があります
   Rev1.0…取り付け穴がないため物理的に載りません。クリップタイプのモノを載せましょう。いろいろあるので、過去ログやCPUクーラースレでも覗いて探してください。
   Rev1.1…載せられますが、ナイロンワッシャの加工が必要です。
        また、CPUソケット右上の穴はワッシャだけでなくスタンドオフも加工が必要です。
        根本の部分を干渉しないようにヤスリで削ってください。
   Rev1.2…ナイロンワッシャの加工のみで載せられます。
   Ver2.0…ナイロンワッシャの加工なしで載せることができます。半田山にワッシャがかかる(画像参照)のが気になる場合はカットしてください。
   AN7  …載りますが、ワッシャの加工が少し必要です。

 ※スタンドオフが付いた状態では、CPU固定レバーのロックが外れません。頻繁にCPUを変える方は苦労するかも。金属レバー(ロットによっては金属レバーのモノ有り)ならこんな事はないのですが。(画像参照
    取り付けの具合によってはプラ製でも外せたりします。小さなマイナスドライバーでレバーを軽くコジるのもありです(マザー破損には十分注意のこと!)
  ※NF7-Mは登場時期の関係(Rev1.2から国内流通開始)から、すべて載せる事ができます。
 ※上記で「載ります」となっていても、CPUソケット周辺の部品実装位置の個体差によっては加工が必要になる場合があります。要確認。
 ※長めのFan取り付けねじを使用している人は、ねじがマザー上に接触していないか確認しましょう。
   ここでショートしていると、倍率変更などのOC動作時に、設定が保存されないなどの不具合が発生する可能性があります。

 Q:ALPHAのPALシリーズ以外でおすすめのCPUクーラーはありませんか?最近SocketA用クーラーが絶滅気味で…
 A:そんなあなたにGIGABYTEのPDU21-MF/SCをどうぞ。ソケAからLGA775まで幅広く対応しており、ノースブリッジなど周辺冷却もウリにしています。
   付属のFANは一般的な9cmFANに交換できますので、光るのはちょっと…という人でも大丈夫。

 Q:memtest86でThoroughbredコアAthlonXPのL2キャシュが認識されないんですが?
 A:memtest側の仕様です。BIOSやOS起動後に認識されていれば問題ありません。
    memtest86+など最近のバージョンでは正常に認識されるようです。
   

 Q:マザー付属のHardWareDoctorを入れるとマザーに繋いであるファンが止まります。温度表示もおかしいようです。
 A:マザーのBIOSを最新に更新し、HWDoctorもバージョンUPすることで温度表示に関するバグは改善します。
   Rev1.0-1.2ならBIOS「nf717」以降に更新。
   Rev2.0ならBIOS「nfd11」以降に更新。
   ただ、FANの回転に関してはCPU温度が40度を超えないと回転を始めないようです(ケースファンも同様)。
   FANコン経由でマザーに繋ぐ事で回避できるようです。
   一度でも起動した後、S3突入→BEEP音鳴りまくり、という症状が報告されています。S3を多用する方はHWDoctorは使わない方が無難かもしれません。
   というか、HWDoctorは窓から投げ捨てた方が悩まなくて済みますw そこまで執着するほどのものでもないかと…
   環境モニターソフトを「SpeedFAN」「MBM5」(開発終了。最終版にてAN7も対応)などに換える事でも回避できます。というかこっちの方が使いやすいです。

 Q:NF7でOCして使っていますが、実際にあるFSBと倍率の組み合わせで、モデルナンバーにならず実クロック表記になってしまいます。
 A:そういう仕様です。あきらめましょう。何となくイヤなのはわかりますが…
   ちなみにBIOS「nfd18(V2.0)」「nf721(V1.*)」以降では、Bartonコア2500+をOCして「3200+」相当で使用する際に、「3200+」を選択すればちゃんと「AthlonXP3200+」で認識されます。


 参考:■NF7、-S、-SL Rev2.0でCoolONを効かせるには■
  ・CoolOnを起動してSettingをクリック
  ・DataSizeを8bitに設定
  ・Regをクリック
  ・6Fの部分を選択してOKをクリック
  ・bit7のMaskをクリックして0にする
  ・Maskedが1Fになっていることを確認してeVal,Setをクリック
  ・Write,eXecをクリック
  これでOn/Offが切り替えられるようになっているはず。OnにしたときにValueが1FになればOK
  ※環境によって効果の有無があるようです。
    現状ではCoolonはβ版での対応であり、正式対応を待つのも手です。 

★メモリ関連★
 
 Q:DualChannelを有効にするにはどのスロットにさせばいいんですか?あと容量はどうなるの?3枚挿しは?
 A:メモリ2枚使用の場合は3番DIMMスロット(マザーの外側:メモリコントローラ1)と、1番か2番(CPU側の隣接した二本:メモリコントローラ2)のどちらかにさしてください。
   つまりDualChannelが有効になる組み合わせは「メモリスロット3-2」、「メモリスロット3-1」が最低条件となります。
   メモリ3枚使用ならDualチャンネルになります。
   マニュアルにも「3番から順に増設する」旨が記載されています。
   容量はきちんと2枚分認識されますのでご心配なく。
      256MB*2と512MB*1での3枚挿しの場合は、スロット1と2に256MBを、スロット3に512MBでどうぞ。
 
 Q:PC2100とPC2700のメモリを混在させても、Dualチャンネルは有効になりますか?
 A:有効にはなりますが、速度はPC2100になります。
   基本的にDualChannelでの使用時には、「同一メーカー、同一規格のメモリ2枚」が原則になります。
   メモリ同士の相性を避ける為にも、上記の組み合わせで使用することをおすすめします。

 Q:なんかマザーのロットによって特定メモリと相性が出るって聞いたんだけど?
 
A:そのようです。
     現在スレ住人の皆さんが情報を持ち寄っています。
     結果はPart14スレの318氏がまとめてくれています。激しく感謝です(ー人ー)アリガタヤアリガタヤ
     その素敵なページはコチラです。

★電源関連★

 Q:ATX12V用の田コネクタがあるけど、挿さないとだめなんですか?
 A:通常AMD系CPUが電力供給に使用する5Vラインを12Vに肩代わりさせるために付いています。
   「マニュアルでは+12Vコネクタがないなら挿さなくてもよい」という表記がありますので、好きにしてください。
   自分の環境で5V系の容量に不安があるならば挿すことをおすすめします。
   逆に5V系に余裕があり、12V系に余裕がないならば挿さない方がいいでしょう。
   どちらにも余裕がないようなら電源を買い換えましょう。
   またOC動作時に動作を安定させる意味では挿しておくことをおすすめします。
   自分のPCの電源容量については、AMDのpdfファイル:(自力計算が必要になります)を参考に計算してみましょう。
   各パーツの消費電力などは、ベンダーのHPなどで探すと早いでしょう。

 Q:HWモニタ系のソフトで「-5V」関連でBEEP音が鳴りやみません。電源逝ってる?
 A:ATX規格 Ver1.3以降の電源では、「-5V」のライン自体が削除されているため、そのようなエラーが出ます。
   ソフトの設定でモニターしないように変更してください。
   該当する代表的な電源としては、Seasonicの「SS-***FB」や「同AGX」シリーズなどがあります。

★IDE/S-ATA関連★

 Q:「nVIDIA IDE SWドライバ(NVIDIA NForce 2(tm) SPP/IGP ATA Controller)」って入れた方がいいんですか?
 A:結論から行くとおすすめできません…が、3.13以降に含まれるモノはもの凄いマシになっています。
      ただ、一部環境に置いての不具合はまだ継続しているようですので、導入はあくまでも自己責任でお願いします。
   すべてのIDEデバイスがSCSIで認識されたり、書き込み型光学ドライブでライティングができなくなったりと、多くの不具合報告が寄せられています。
   中には全く問題のない人もいるようですが、こちらの報告はあまり多くはありません。
   インストール時の警告にもあるように、使用するならあくまで「自己責任で」お願いします。
   少しでも不安があるのなら「IDE SWドライバ」を非適用で導入される、「MCP2 IDE Contorollerドライバ(=MS製標準IDEコントローラ※inf導入で名前が変わっているだけ)」を使用してください。
   ※「IDE SW」の導入確認ダイアログはWinXPでのみ表示されます。

 Q:nForce2のIDEって遅いんですか?
 A:普段使う分にはそんなに問題はありません。
   動画エンコードなどで大容量のファイルを取り扱う場合などには結構な差が出てくるようです。
   スレッドPart9で数多くの方がベンチマークを寄せていますので参考にしてください。
   ただ勘違いしないで頂きたいのは、「ベンチ結果=体感速度」では無い点です。
   使用していて、「体感でどうしてももっさりだなあ(;´Д`)」と感じないようでしたら特に気にする必要はないでしょう。
   キャプチャやエンコードなどで大容量ファイルの取り扱いをされる方や、どうしても気になる方は「8Mキャッシュ搭載のHDD」を選ぶとだいぶ違うようです。
   また「SERILLEL」などでS-ATA化するのもそれなりに有効のようです。

 Q:NF7-S/SLのS-ATAチップについて
 A:チップセット内蔵ではなく、PCIバスに接続されたSiliconImage社の「SiI3112A」が変換チップとして採用されています。
   PCIバス接続のため、転送速度的にS-ATA本来の速度は出ないようですが、オンボードIDEよりは高速であるとの感想が多いようです。
   このチップのBIOSは、マザーボードBIOSの更新時に自動的に同時更新されます(Sil3112ABIOSの更新がある場合のみ)
   ドライバーはABIT社HPまたはSiliconImage社のHPからDLできます。
 ※SiliconImage社HPのドライバの場所
   HP上方のリンクSupport→Download Centerと進み、「Sil3512」を選択して「Find Downloads」をクリック。結果の中に「Sil3x12A」用のRAID Driverがありますので、それをDLしてください。

 Q:ABIT製変換アダプタ「SERILLEL/SERILLEL2」について
 A:NF7-Sには標準で「SERILLEL」が1つ付属してきますが、どうもこれには初期不良のような症状を示すモノが多いようです。
   また特定のHDDとの相性と思われる報告も上がっているので、後述の方法で状況が改善しない場合は、販売店でのアダプタの交換か「SERILLEL2」への買い換えを検討してみて
   ください。
   NF7-Sに同梱されるアダプタは順次「SERILLEL2」に切り替わってきているようです。※購入時に確認しましょう。
   ちなみにNF7-Sと「SERILLEL」非同梱のNF7-SLの実売価格差は1000円程度であり、別売りのSERILLEL2の実売価格最安で2000円台半ばとなっているようです。
   見分け方は製品サイドのラベルの「SERILLEL」の文字の部分で行います。
   「SERILLEL◎」なら「SERILLEL」、「SERILLEL2」なら「SERILLEL2」です。リンク先画像も参照してください。
      ※オウルテックのリムーバブルHDDラック用オプション「OWL-CHGSA」という製品も、SERILLEL2と同じ変換チップを採用しており、問題なく使用できます。
         
 Q:S-ATAに繋いだドライブが認識されませんorおかしくなります。
 A:まずMBのBIOSでS-ATAが有効になっているかどうかを確認。
   次に繋いであるHDDのジャンパが「Master」になっているか、アダプタに電源コネクタは刺さっているか、IDEコネクタへの差し込みが甘くないか、を確認してください。
   ジャンパが「Master」でだめなら「CableSelect」か「Slave」に換えてみましょう。
   アダプタはしっかり接続されているようでも、実は結構がたつきがあるので、テープなどでしっかりと固定してみてください。
   S-ATA化HDDがBIOSでどうしても認識されない場合は、オンボードIDEに繋いでOSを入れた後、S-ATAドライバを導入してから繋ぎ換えてみてください。
   マザーのBIOS(AwardBIOS)ではS-ATA接続のHDDは認識されません!
   S-ATAコントローラのBIOSで認識されます。

 ※S-ATAドライバの導入について
  OSクリーンインストール時は、あらかじめFDにS-ATAドライバを用意しておき、CDブート後すぐにF6キーを押してOSインスト前にFDからドライバを入れましょう。
  OS導入後の繋ぎ換えの場合には、HDDを繋がずにS-ATAを有効にして、OS上からS-ATAドライバをインストール。
  インストールが完了したら、HDDをS-ATAに繋ぎ換えて、BIOSで1stBootをS-ATAからにして起動してください。
  いつS-ATAを入れるかによって、パフォーマンスに差が出るということはないようですので、導入してみて効果がないようなら新規インストールでイイかと思います。
   
 ※※S-ATAに関して、以前から報告されていた、Maxtor製HDD「4Rシリーズ」での相性、HDD全般で報告されていた「データ化け」はBIOSを「V1.*」は「nf719」以降、V2.0は「nfd14」以降に更新することで解決されます。
    「Integrated Peripherals」内の「EXT-P2P's Discard Time」設定を、デフォルトの「30μs」で解決されない場合は、「1ms」に変更してください。
    非RAID環境でもこの問題は発生するようですので、S-ATAで2台のHDDを使われる方は忘れずに設定しましょう。


★その他★

 Q:OSやドライバのインストール順がわかりません。
 A:ABITのサイトを見れば書いてあります。
   基本的には、OS→最新SP(WindowsUpdate含む)→チップセットドライバ→最新DirectX→ビデオカードドライバ→その他デバイスのドライバ、です。
   チップセットドライバ更新時などは、同時にDirectXの更新などをしない限り、アンインストールして入れ直せばいいだけです。
   チップセットドライバ→最新DirectX→ビデオカードドライバ、という順序は、DirectXをインストールする際に、AGPのGARTドライバによって導入されるDirectXのファイル構成が変化するためです。
   AGPのGARTドライバは通常チップセットドライバの中に含まれています。
   OSのSP適用とアップデートは、ネット経由ではなく、あらかじめSP統合OSディスクを作成するとか、セキュリティロールアップパッケージ(XP用最新はコチラ)をMSからDLしておくのを強く推奨します。
   OSインストール、Windowsのパッチ適用、ドライバ導入などは、ネットから切り離した状態で行った方が安心して行えます。ルーターなどがあるからといって過信は禁物です!
      あとはWinXPならこの辺を日付順で参照とかしてみましょう。Win全般ならこの辺もチェックしましょう。

 Q:nVIDIAから落としたドライバを使っているのですが、USBに繋いだ機器が認識されません/おかしいです
 A:OSがWinXPならSP1以降に含まれているMS製USB2.0ドライバで問題なく使用できるようになります。
   Win2KならWindoesUpdateで入手可能です。
   WindowsUpdate→WindowsUpdateカタログ→MS製の中にあります。
   「Microsoft USB Driver Ver.5.1.2600.0」が目的のドライバです。
   ドライバの更新前に、DLしたフォルダの最下層にあるcabファイルを展開しておき、ドライバの手動更新でこのcabファイルの中身を指定してください。
   それ以外ではLeadtekのHPからDLできるUSB2.0ドライバがなかなか好評価のようです。
   問題なく使用できていて、ある日突然おかしくなった場合は、USBドライバの入れ直しか、BIOSでいったん無効にしたあと、再度有効にすると直る、という報告もありました。
   またWindowsXPSP1以降を対象にUSBドライバの修正ファイルも公開されています。適用しておきましょう(→コチラ

 Q:NVmixerって何?
  A:今までのSoundStromコントロールパネルに変わるものです。ちなみに微妙に使い勝手が悪くなっているような…2chデジタル出力の設定とか。それと動作にはDirectX9.0b以降が必要です。

  Q:NF7(またはNF7-M)ですが、ドライバーをインストールした後、タスクバーのnForceアイコンをクリックしてもエラーでコントロールパネルが開けません。

 A:サウスブリッジにMCP-Tを採用していないので、タスクバーなどから起動できる「SoundStormコントロールパネル」は使用できません。
   「プログラムの追加と削除」から削除してしまって問題ありません。
   ただ、サウスブリッジにMCPを採用しているモデルでは、RealTek社の「ALC-650」によりアナログマルチチャンネル音源を利用できます。
   RealTek社のサイトから「ALC-650」のドライバをDLしてきて導入してください。

 Q:コントロールパネルにある「SoundStrom」のアイコンが激しく文字化けしています。あとSoundStormコンパネ内のタブも文字化けしています。直せませんか?
 A:コントロールパネルでの文字化けは「SScplJA.dll」というファイルに問題があるのが原因のようです。
   WinXPの場合、この修正ファイルをDLして、「C:\WINDOWS\SYSTEM32」内の既存のものと入れ替えれば修正されます。
   元のファイルは万が一の場合を考え、別のフォルダにバックアップしておきましょう。
   3.13Driver用はコチラ
   この修正ファイルは、Part9スレの59氏が作成してくれました。激しく感謝!
   SoundStormコンパネ内タブの文字化けについては、ドライバ依存の病気です(ローカライズの問題?)。2.03や2.45に含まれるドライバならば文字化けはしないようです。
   それと2.45の含まれるドライバでは、MIDIタブ内で視聴が出来ないバグがあります。
   他のドライバは最新版を使い、サウンドドライバは2.03の物を使って解決している方が多いようです。
   ローカルに展開されているドライバのフォルダから、サウンド関係のフォルダをコピーしておき、デバイスマネージャから手動更新で変更しましょう。
   旧ドライバを保存していない場合は、旧ドライバのインストーラを実行して、ファイル解凍が終わったあとにキャンセルすれば解凍されたパッケージが残るのでそこから拾ってください。

 Q:AN7なんですが、nVIDIAからDLした3.13Driverだとサウンドのドライバが入りません。なんで?
 A:AN7に搭載されているコーデックチップ、「ALC-658」が3.13Driverに含まれているサウンドドライバではサポートされていないことによるものです。
   付属CDのドライバ(パッケージ全体としては2.45相当)で使用してください。
   IDE SWなど3.13に含まれるドライバを使用する際には、付属CDからドライバを入れた後、デバイスマネージャから手動更新で入れてください。
   ちなみに「2.45」と「3.13」で更新されているサウンド以外のドライバは、LANとIDE関連です。
   あとはnVIDIAの更新を待ちましょう。(2004年夏現在、解決されました)

 Q:MCP-T経由だとサウンド再生に激しくノイズが…ゲーム中にテンポがおかしくなることもあります。何とかなりませんか?ついでにサウスがもの凄く熱くなります。
 A:MCP-Tが熱暴走気味だと思われす。ヒートシンクを取り付けるなどして冷却を強化してください。
   ノースブリッジの様にマウントホールが設けられているわけではないので、熱伝導両面テープか熱伝導接着剤などでの固定になります。
   過去ログを参照したりして工夫しましょう。
   大型のヒートシンクを装備したAGPビデオカードを挿す場合や、PCI1に何か拡張カードを挿さなければならない場合、高さのあるヒートシンクだと干渉する可能性もありますのでご注意を。

 Q:AN7なんですが、BIOSでWakeonLANを切っているのに、スタンバイから勝手に復帰して困ってます。
 A:デバイスマネージャで、「NVIDIA nForce Networking Contoroller」のプロパティ→「詳細設定」タブ内を以下のように変更してください。
   「WakeOnLAN From PowerOff」→Disable
   これで直らなければ、「電源の管理」タブにて、「このデバイスでコンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする」にチェック。
   その下の「管理ステーションでのみ(以下略)」にもチェックを入れてください。
   一見、逆のように思われますが、デフォルトのチェックオフの状態で正常に機能していないのではないかと思われます。

 Q:電源を切ってもキーボードのNumLock/光学マウスの光が消えません
 A:これは接続する機器の相性によるところが大きく、消える人と消えない人両方の報告があります。
     Rev2.0以降なら、PS/2ポート後ろと、USBコネクタ後ろのジャンパを切り替えることで解決します。これでだめなら我慢してください。
   このジャンパについては、現在WEB上で入手可能なNF7マニュアルには記載されていませんが、AN7のマニュアルには該当ジャンパの解説が掲載されています
   ※デフォルトのジャンパ位置は、NF7とAN7で逆なので注意!
   ABITのフォーラムでの解説では以下のようになっています。
    ★PS/2、USBポート後ろのジャンパについて
      1-2(デフォルト):PS/2の電源を5V DUALから生成。
         電源断後も光学マウス(KBのNumLock等含む)は点灯。
         キーボード/マウスパワーオン機能を使用可能
      2-3:PS/2の電源をVCCから生成。
         電源断後は光学マウス(KBのNumLock含む)は消灯。
          キーボード/マウスパワーオン機能は使用不可
  
 Q:S3から復帰するとキーボードとマウスが使用不能になります。
 A:PS/2なら、それぞれのコネクタ間違えて差していませんか?確認しましょう。
   相性の線も考えられますので、いろいろ試してみてください。
   Rev2.0のマザーなら上記のジャンパの差し替えも試してみてください。

 Q:デバイスマネージャをみると「USBデバイス」に「!」が出ていてどうしても消せません

 A:USBキーボードなどを使っているなら、同時にPS/2キーボードなどを接続すれば消せます。
   一度消せればあとは出ません。
  
 ※ちなみにnVIDIAではnForce2のOSインストール段階ではUSBキーボード、マウスを使用してのセットアップを推奨していません。
   PS/2の物を使いましょう。持っていないなら安物でかまわないので、PS/2の物を買っておくといいかもしれません。
  

Powerd By NF7シリーズスレ&関連スレの皆さん

  ★このサイトの情報は、様々な人の情報と協力から成り立っています。
    参照は構いませんが、自分のHP等にリンクを貼られる際には、TOPにある現行スレッドで報告をお願いします。