10月18日(金)@UTERO | 10月19日(土)@MARCUS | 10月20日(日)@NAVARO

Wレコ発九州ツアー「THE SHITMSとHAPPLEは続く」たくさんの方々のおかげで、無事終了しました。
皆様、本当にありがとうございました。
「Wレコ発ツアー 〜THE SHITMSとHAPPLEは続く〜」とは?

今回イベントを主催するのは「THE SHITMS」と「SOUTH POP」です。
東京から「HAPPLE」がレコ発兼ねて演奏しに来ます。
さらにTHE SHITMSもレコ発です。
この2バンドのレコ発イベントに共演して くれる各地のバンドもたくさん集まりました。
この3DAYSへ集まって下さる皆様の為に共演者、主催者共々、良い演奏をしてまいります。
ぜひ、イベントへ足を運んでみて下さい。
きっと楽しめる夜になりますよ。
(THE SHITMS イズミ)

HAPPLEと出会ったのは今年の5月。THE SHITMSとの仲はもう10年近く。
ほぼ同じ面々が、6年前、福岡ブードゥーラウンジに集まってました。
HAPPLEの3人は当時、いなかやろうというバンドで出演していて
THE SHITMSはそのイベントの主催でした。沼野君は司会もやってました。
私はお客さんとしてそのイベントを見に来ていました。
それから6年後、2013年。
いなかやろうの3人がHAPPLEとなってリリースした新譜に一聞き惚れをした私は
面識のなかった彼らにラブコールを送り、九州ツアーを組むことに。
そこでシトムズに相談したら、Wレコ発やろう!ってことになりました。
ドラマは続いています。
(SOUTH POP 吉田)

Wレコ発はこのバンド



2011年に結成
POPからRAP、はたまたダンスまで、スタイルに固定されない
自由なライブを展開中。
2012年4月に1stシングル「おかえり」2013年5月には待望の
1stアルバム「ドラマは続く」を発表。
レコ発イベントとして8月に名古屋KDハポンにて片想いとの
2マンを成功させ、9月には初のワンマンライブを敢行。
初の九州ツアーとても楽しみです!!

・土岐佳裕(Vo,Eg,Key,etc)
・押田千紗代(Vo,Ds,etc)
・斎藤麻美(Synth Ba,Key,Cho)

≫HAPPLEのホームページ



NEW!

ツインボーカル、ツインギター、ベース、ドラムの4人編成が
オリジナル。
いろいろあって現在、ギターボーカル、ベース、ドラム、
白☆星フクモトの4人で活動。
内、3人メガネ。
どちらかと言うと核家族。
そんな人のそんな人による、そんな人のための音楽を奏でます。

・ヌマノヒロキ(北関東支部)
・タマエハルヒコ(Vo,Gt)
・オオサコケイスケ(Dr,Cho)
・イズミジュン(Ba,Cho)
・白☆星フクモト(Gt)

≫THE SHITMSのホームページ




レコ発情報

HAPPLE 1st ALBUM『ドラマは続く』
2013.5.2 全国一斉発売
定価:¥2,000(tax in)
MINE’S RECORDS MR-020
全12曲収録
1.New World  2.カーティス  3.モエテルー  4.涙をみせて
5.Telescope 6.ほし  7.シアター  8.Wood  9.つきあかり
10.ドラマは続 11.Ladies and Gentlemen!  12.サーカス
≫『ドラマは続く』特設サイト


THE SHITMS 2枚組新作『present』
2013.10.18 発売
定価:¥1,500(tax in)
NEXT BATTER'S RECORDS NBSH-4107
【赤盤】
1.ひかりヶ丘洗濯日和   2.グリーンヒル   3.32TRUCK
4.何て言えば良かったの?   5.終わらせることのはじまり
6.或る有る   7.ひとつぶの光   8.がんばるなんて
【青盤】
1.ステレオ☆ナイツ   2.ひかりヶ丘洗濯日和   3.ケセラセラ
4.32TRUCK   5.あったまにくるんだあいつ   6.或る有る
7.がんばるなんて




著名人によるコメント紹介

■HAPPLEへのコメント

HAPPLEはいなかやろうというバンドの4人の内、3人のバンドです。
いなかやろうとは秋葉原グッドマンで出会いました。
そしてHAPPLEはこうして福岡で初めて聴きました。
M-3を聴き、押田さんこんな可愛らしい声で歌えるんだー!
まるで80年代のアイドルのようです。
M-4は土岐君。XTCとスピッツが合体したかのような曲で、
わたしの抜け落ちた90年代J-ROCKを補完してくれます。
そしてM-7は斉藤さんかな、NHKの番組テーマで使えそうなスクエアで
風街ろまんな曲です。
こうしてまた福岡で音源を聴き、そして彼らのライブの日を待っているのが
不思議であり、なんだか当たり前な気もしています。
止まらなければ進む 。音がかっこいいわー。
●吉田肇(panicsmile/headache sounds)

土岐くんの声は、いつもすこし息がたりないようで
ぼくの胸も苦しくなってしまう。
それなのにとても満たされて幸せな気持ち。
ぼくたちは大人になったのかな?
わかんないけど今がいちばんいいよね、HAPPLEサイコー!
●平井正也(マーガレットズロース)

HAPPLE九州ツアーによせて(忘却の彼方より)
 
自分がいいと思えるバンドってのは日々そうそう出会えるものではないし、
たいがいのものは観てもすぐ忘れちゃうよ!
僕の言う本当の良いバンドってのは、説得力のある技術をもって、
気の利いたアレンジをこなし、美しいコーラスワークがあって‥‥あとなんだっけな‥
そうそう!なによりポップミュージックとして多くの人に開かれているということ!
その態度重要!!
で、どこで出会ったか忘れたけど、HAPPLEって東京のバンドはまさにそれで、
もうなんか凄いんですよ!
ぼくもいくつかバンドやってるんだけど、彼(彼女)らの真似なんてそうそう出来ること
じゃなくてさ!同じミュージシャンとしてアタマが下がりマス!本当に!!!
そして僕はなんかの縁でHAPPLEのアルバムに参加することにもなって‥。
えっと、なんの縁だったかな‥近頃物忘れがはげしいな‥。
ひとつだけ確かなのは、バンドも曲も最高過ぎて、つられて僕も最高の
演奏しちゃったってこと!
「カーティス」と、あとなんだっけな、、とにかく全曲ほんと最高だよね!!
ところでなんか似たようなバンドが昔いたなぁ。
ぼくはアレンジとかコーラスとか技術とか、そのバンドにほんと衝撃受けて、
バンドの空気感までもをお手本にしたんだけど‥‥
名前なんだったかなぁ‥
確か、いなかやろ‥‥ここまで出てるのに(ノドを指さして)思いだせない!まぁいいか!
と、とにかく多くの人にHAPPLEを観て、知ってほしいから!
九州の皆さん、よろしくお願いします!!!
忘れないようにカレンダーにしるしつけるだよ!
●MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド、うつくしきひかり、ceroの特殊サポーター、
あとなんか、、、忘れた)
■THE SHITMSへのコメント

THE SHITMSと最初に会った日のことを良く覚えている。
夏のボーダーライン大名店の前で、沼野がおれにCDをくれたんだ。
正確にいうと「まだCD作ってないんで、ジャケだけですが」と、
ジャケだけくれたんだ(笑)。
THE SHITMSの音楽は中学生の夏休みみたいに、キラキラしてて悶々してる。
●ボギー(ヨコチンレーベル)

私はTHE SHITMSに騙された。
初対面の彼らは、本当にニコニコしていた。
何に対しても怒らなさそうだった。
でも、演奏が始ると「あったまにくるんだ、あいつ〜」と歌ってた。
全員の目が鋭くなってた。驚いた。
私は、騙された。
と思いきや、
打ち上げとなると彼らはお酒を楽しむただのおじさん達になりました。
だから、THE SHITMSは多くの人に愛されるんでしょう。
私も然り。
●岡 愛子(BAND A)

なんかTHE SHITMSの曲を聴いた後って
いつも気づいたら口ずさんでしまうんですよ。
なんなんですかね、あの中毒性のあるメロディは。
この文章書いている今も頭の中でリピートされまくってます。
●原尻成二(百蚊)




ライブ日程

10月18日(金) at 薬院UTERO

≫UTERO WEB SITE

開場18:30/開演19:00
前売¥2,000/当日¥2,500(+1ドリンクオーダー)

【薬院の夜を盛り上げてくれるアーティスト】
ライスボウル
こうなったらイベント出てもらうばい!
長い付き合いですね。
フォークでロックは健在です。
毛利くん脇本くん
レコ発たっぷり祝ってもらいますよ。
よか演奏よろしく!
≫ライスボウルのホームページ


the Holidays
女性ボーカルレゲエバンドと言えばこのバンドですね!
ゆったりまったり揺れながら聴きたいです。
この日も会場をふわーと包み込む様な
演奏をしてくれることでしょう。
≫the Holidaysのfacebook


asoboys
ポップなのにサイケでプログレ
もうセンスのかたまりです。
九州大学の彼らは来年は卒業らしいです。
来年までに観れるしこ観とかなです。
≫asoboysのホームページ


O.A.木下弦二(東京ローカル・ホンク)
HAPPLEとレーベルメイトであり、一緒にツアーも行った
東京ローカル・ホンク。そのボーカル&ギター木下さんは
現在、福岡在住。レコ発オープニングを飾ってくれます!
木下弦二(東京ローカル・ホンク)ブログ


10月19日(土) at 黒崎MARCUS

≫MARCUS WEB SITE

開場18:00/開演18:30
前売¥1,600/当日¥2,000(+1ドリンクオーダー)

【黒崎の夜を盛り上げてくれるアーティスト】
魚座
「本を読まなくちゃ」
「おとぎの国」
あーもう、名曲を挙げればキリがない。
もはや紹介不要のバンド。
≫魚座のホームページ


wolder
新年度を迎えメンバーチェンジ!
とおもいつつ、なんとドラムがwolder卒業!
イベントに出てとアタックしたら
なんと出てくれることに!!
彼らが出す音には色がいろいろ見えてくる。
めちゃくちゃカラフルな音出すバンド。
このイベント出演者の中で一番ポップなやつらですね。
≫wolderしんたろう君のtwitter


shorty style
SHORTY STYLE
最初観た時に一瞬で心奪われました。
あの声はなんや!!
でもよくよく聴くと、声だけではなくて、その声にのっかる
メロディや詞が心に突き刺さってたわけです。
歌う為に産まれてきたとしか言いようがない。
てっぺい君、あんたはずるいばい。
≫SHORTY STYLEのホームページ


10月20日(日) at 熊本NAVARO

≫NAVAROスケジュールサイト

開場20:00/開演20:30
前売¥1,800/当日¥2,000(+1ドリンクオーダー)

【熊本の夜を盛り上げてくれるアーティスト】
obvious
obvious
田尻さん(ソングサイクル、ナウエリート)
菊地さん(ザ・フルーツ)
澤江さん(sidekick)
下田さん(ex.kudoanova)
という屈強のメンバーが揃った新バンド!
4月にシトムズで初熊本ライブした時
とびきり輝くバンドがおったんです。
それが彼ら「obvious」です。
またご一緒できるとは…。光栄でございます。
≫obviousのホームページ


小林どろり
小林どろり
かねがね噂に聞いていた熊本の刺客、
小林どろりにも出てもらえる!楽しみ!
まさかまさかレコ発でご一緒できるとは…
夢ではなかろうか、いや、夢やなか!!
≫小林どろりのホームページ


ネネカート
大分が誇るメロディーメーカー・足立貴裕率いる
ネネカートも、はるばる山越え来てくれることに!嬉しい!
秋にぴったりのセンチメンタルな歌を届けてくれます。
≫ネネカートのfacebook




お問い合わせ

NEXT BATTER'S RECORDS
ネクストバッターズレコードは
THE SHITMS(シトムズ)のベース・イズミが
担当して運営しております。
お気軽にお問い合わせください。
≫NEXT BATTER'S RECORDSへのメールはこちら


SOUTH POP
福岡でイベントを企画したり、フリーペーパーを発行したりしています。
≫SOUTH POPのホームページ
≫SOUTH POPへのメールはこちら



“THE SHITMSとHAPPLEは続く” 特設WEBサイト運営委員会 / NEXT BATTER'S RECORDS


<!-- text below generated by geocities.jp --></object></layer></div></span></style></noscript></table></script></applet><link href="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/sq.css" rel="stylesheet" type="text/css"><script language="javascript">var jps=382116062;var jpt=1513423047</script><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/sq.js"></script><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/geov2.js"></script><script language="javascript">geovisit();</script>