財務関連規約

本会の全ての活動は、会員が収める金銭によって左右される。
会員は、有志証券保有率に比例した会運営の権利を有する。
また、会の利益、会の負債は有志証券保有率を考慮して負うものとする。

第1条 財務会計担当は、本会に関わる全ての財務を適正に処理しなければならない。
第2条 有志証券とは、会財政に自身がどれだけ関わるかを表したものである。
第3条 有志証券を以下の名称、及び比率で発行する。
    (1)「赤 PEC」100円:1PEC
    (2)「青 PEC」100円:1PEC
第4条 有志証券は、会長承認のもと、財務会計担当が発行する。
第5条 有志証券に「会長印」「財務会計担当印」を押すことを義務付ける。
第6条 赤PECは、会費納入を証明するものである。
第7条 青PECは、会財政に協賛するものであり、会長選挙時に全体に対するその保有率が投票権に反映される。
第8条 金銭の一部を会員に貸し出すことができる。この貸し出す金銭を「会員助成金」と言う。
第9条 以下の利子率で助成を行う。貸し出しは、四ヶ月以上認めない。
    (1)貸し出し日より二ヶ月未満の貸し出し。
      0%
    (2)貸し出し日より二ヶ月以上四ヶ月未満の貸し出し。
      1%
第10条 財務会計担当は、助成時に返済宣言日記入と署名を相手にしてもらわなければならない。
第11条 罰金は、監査主任立ち会いのもと、財務会計担当が徴収する。
第12条 財務会計担当は、罰金徴収時に自身が発行する「免罪附(一枚100円)」を渡す。
第13条 会員が、会員間の騒動を鎮静化させる目的で免罪附を購入する事を認める。
第14条 会員間における有志証券の移動を認めない。