俳句随想

郷土・美作の俳句

極楽庵の周辺
 
 美作の国・岡山県中央町にお住まいのガビさんが、郷土・美作を詠んだ俳句を英訳されました。ガビさんは中央町の山奥で極楽庵を営んでおられます。大変魅力のある風土の中で、日本の達磨の蒐集、世界への紹介をされて、いわば、日本の文化を世界に理解される役割を果たして下さっています。

 ガビさんの極楽庵の詳細は、次のアドレスでご覧下さい。
 
       http://www.amie.or.jp/daruma/GokuRakuAn.html

極楽庵について次のようなご紹介がホームページに記載されております。

岡山県の真中、中央町の山の奥に極楽庵があります。
なかなか体験の出来ない静けさ、手にとるほどの星空、
美味しい空気、美味しい湧き水、早朝の雲海、
素晴らしい大垪和(オオハガ)の棚田、
田舎と言うより自然の中の極楽庵。
“鳶の背中を見てくらす”ほどの谷あいにある極楽庵。

 
ガビさんの俳句の英訳
 
Mimasaka Haiku
From Okayama Prefecture, where I live
Mimasaka province (美作国 Mimasaka no kuni)
is an old province in the area that is today Okayama prefecture, Japan.
Mimasaka bordered on Bitchu, Bizen, Harima, Hoki, and Inaba provinces.
Mimasaka was landlocked.

 立葵ゆらぎ峠をはしる水     水原秋桜子

Rose mallow
Sways at the pass where
water flows down
Shuuooshi Mizuhara
 

ふるさとの美作の梅熟れにけむ   西東三鬼

ripe apricots
in my native county
Mimasaka
Sanki Saitoo

(There are many apricot plantations at Mimasaka.)
 

美作は盆の夜を寝て灯消す     森 澄雄

Home in Mimasaka.
Sleeping at the Bon Night
the lanterns turned off
Sumio Mori
 

花木槿美作に来て汗白し        同

Marshmallow blossoms.
My sweat turns white
at Mimasaka
Sumi Mori
 

美作は雨となりたる桃の花    寺田絵津子

At Mimasaka
the rain is falling
pea ch blossoms
Etsuko Terada

(Mimasaka is famous for its peach plantations.)
 

 めいめいの身裡にたまる冬霞    宗田安正

each of us
gathers winter fog
on our clothes
Yasutada Murota
 
 

ホーム 俳句の名言 HAIKU俳句