ネットショップを始める為のパソコンの選び方

ネットショップを始める初心者がパソコンを選ぶなら

ネットショップ:初心者に適したパソコンとは

ネットショップの魅力は、実店舗よりはるかに少ない予算でお店を開業出来ることです。
初心者だって、やり方次第では、思わぬ大成功が待っています。

ネットショップを開業するのに、最低限必要なものはパソコンですね?


でも、そもそも、ネットショップって

パソコンを使って何をするのでしょうか?

どんなパソコンを選べば良いのでしょうか?

超初心者、パソコン音痴、ど素人のあなたにも

良く分かるように、

細かいことは抜きにして、解説しますね

初心者の為のパソコンの選び方を解説します


ネットショップに必要な作業・パソコンに必要な機能

パソコン=パーソナルコンピューター(PC)のことですね。
ネットショップ=インターネットショップです。インターネットを使った、通信販売のことです。
パソコンは大きく分けると、ウィンドウズかアップルになりますが、9割の人はウィンドウズを使っています。

ウィンドウズ、アップルというのは”OS”と言って、そのパソコンを動かし、色々なことをする為のもので、
人間で言えば、脳ミソみたいなものと思っときましょう。

脳ミソが無ければ、人間はただの”カラダ”ですね。

パソコンも”OS”が無ければ、タダの機械の箱です。

以下の説明は、ほとんどの人が使う、ウィンドウズのパソコンの場合です。
ウィンドウズ=Windowsは、マイクロソフト=Microsoftがメーカーです。

インターネットが出来るPC・パソコンインターネットが出来ること

インターネットが出来るということは、メールをやり取りしたり、誰かが作ったホームページやブログを見たり出来ることです。

インターネットが出来ないように作られたパソコンは存在しないと思って良いです。

メールはメールソフトによって行われます。パソコンを買えば、普通は、付いてます。
ウィンドウズ=Windowsなら、通常は、アウトルック=Outlookというメールソフトが使用されます。

ホームページ(HP)やブログ(Blog)は、全て、Yahooでも、楽天市場でも、本当は<HTML>という、コンピューター用の言語で書かれています。
”ブラウザ”という機能(ソフト、アプリケーションとも言います)によって、読めない言語を読めるように”翻訳”してくれていると思えばいいです。これもパソコンには必ず入っています。

ほとんどの人が、”インターネットエクスプローラー”という、ブラウザで見ています。

いずれ、あなたが作る『ネットショップ』も<HTML>という言語で作ることになります。
でも、『ホームページビルダー』等の、ホームページ作成ソフトがあるので、心配はいりません。

ただし、インターネットが出来る為には、電話回線、光ファイバー等の通信回線が、必要になります。
通常、プロバイダーと呼ばれる、インターネット接続業者=通称:ISPと契約することになります。
ヤフーとかODNとか、ソネットとか、ビッグローブとか色々あります。


自動車は、ガソリンが無ければ走れません

通信回線が無いと、パソコンでインターネットは出来ません

でも、特別に性能の良いパソコンじゃなくて大丈夫です

重要なのは通信回線のレベルです

太い水道管ほどたくさんの水を流せます

通信回線によって、流せるデータ量=情報量は違います


デジタルカメラの撮影と編集をPC・パソコンでする写真の撮影と編集が出来ること

商品の写真の無いネットショップは見たことないです

同じ商品が同じ値段で売られていた時、”買おう”という気持ちは、商品の写真と説明文で決定されることが多くなります。

写真の出来、不出来、良し悪しは売上に大きく影響します。
もちろん、販売ページの構成=作りも大事ですが・・・

結論から言うと、パソコンの性能と写真の質は全く関係ありません。
現在のパソコンの能力レベルなら、どんなデジカメでも、全てのポテンシャルを活かせるので
写真の良否はあくまで、デジカメ(デジタルカメラ)の性能と編集ソフトの機能によります。


シャッターを押す指があれば大丈夫です

その時に売られている、普通のパソコンで大丈夫です


ウィルス・ウイルス対策・セキュリティをPC・パソコンでするセキュリティ=ウィルス対策

インターネット社会の普及とともに、サイバー攻撃等の、インターネットテロもどんどん増えてきています。
自分の能力を試したくて、軽い気持ちで、ウィルスをばらまくような愉快犯もたくさんいます。

ネットショップを営業するということは、そうした、犯罪に巻き込まれる危険をはらんでいることでもあります。

個人でネットショップを運営する場合の、安全対策とは、あなたのパソコン内に侵入され、色々ないたずらをされることや、あなたの色々な情報を盗まれること、例えば、銀行の口座情報を盗まれ、お金を取られてしまうとか
せっかく集めた、お客様の情報を盗まれたり、壊されたりとか、色々考えられます。

通常は、ウィルスソフトをパソコンに取り入れることで、対応します。
だいたい、年間、3〜5千円程度の費用ですね。


因みに、ウイルスは電話線を通って侵入してくる、細菌ではありません。

パソコンを司る(つかさどる)為に組み込まれている、

色々なプログラムを書き換え、パソコンを使い物にならなくしたり、

様々な情報を盗んだりするような、プログラムのことです。

不審なメールを開けたり、

いかがわしいサイト=ホームページやブログに接続したりして

悪さをするプログラムが動きだすと、感染します


パソコンがウィルスに感染するのを防ぐ

ですが、標準の機能が装備されているパソコンで十分です


ネットショップの経営・運営を管理するパソコン用のソフトの使い方運営・経営=売上管理・顧客管理

ネットショップの流れは大まかに言うと

1.注文が入る
2.入金される
3.商品を発送する

ただし、会社の経営と考えると、様々なデータを管理し、分析することが必要になります。
経営戦略が無くても続くほど、甘い世界ではありません。

大きく分ければ、売上管理と顧客管理の二つが重要です。

売上管理

季節別、性別、地域別、値段別等様々なデータから、良く売れるものは何故売れているのか?
どんな価格帯が購入に繋がっているのか?等を分析したり、これから何を売ればよいかを検討したり
することが必要です。

また、商品の受注と入金の照合とか、支払い関係の管理等の税務に関する業務(いわゆる簿記に関わる仕事)もたくさん出てきます。
売上が上がるほど、仕事は増える訳です。

顧客管理

ネットショップの利益は主に”リピート購入”で発生します。
言い換えれば、あなたのお店の商品を気に入り、もう一度買ってもらうことが利益を確保することになります。

実店舗と同じで、”常連さん”はたくさんいて困りません。
というか、作らねば!!

ここで活躍するのが、『メール・メルマガ=メールマガジン』です。
注文が入れば、お礼のメール
入金を確認したら、確認メール
発送したら、到着予定の日時のお知らせメール

そのほかにも、『忘れられない為』、『商品の紹介』、『顧客ごとの関心事に関する話題』等での、
定期的なメールやメルマガでのコミュニケーションが売り上げに大きく影響します。


求める数値やデータは、なるべく簡単に、管理、整理、抽出出来ることが重要ですが

パソコンの能力や機能ではなく、

管理ソフトの使い勝手だったり、

あなたの操作能力=パソコンへの対応力が影響するはずです。


プリンター・スキャナー・FAX・コピー機に合わせたパソコン選び印刷関係=プリンター・スキャナー・FAX・コピー機

ネットショップを始めると、案内状、挨拶状、伝票等の印刷物や、帳票類の保存等で印刷関係の業務もいろいろ出てきます。

プリンターを使用するときには、パソコンは結構、メモリーを消費するので、その間は、他の作業を同時に行わないほうが無難です。

それさえ、守れば、普通のパソコンでOKです

FAXはメールの不具合や、相手方が希望する場合もあるので、あっても困りません。

スキャナーというのは文書や画像等を読み取り、データ=電子情報に変換してくれるものですが、稼いでからでよいと思いますよ。

コピー機も当分不要でしょう。

まあ、今はオールインワン全ての機能が搭載されている複合機でも、そんなに高くないですけど・・・

3万円位かな?

複合機はこんな感じ


それぞれの機械をちゃんとパソコンに繋ぐことが出来れば

普通のパソコンできちんと使えます


Copyright © ネットショップ開業:肝心なのはサポートです All rights reserved

ネットショップを始めたい初心者が最適のパソコンを選ぶには?
初心者に最適のパソコン選び・一番重要なポイントは?
ネットショップ開業:リンク集