サイトトップへ  全体目次 


うつぎれい  『 NHK の 幻解 に騙されてはいけない 』 その 1 と 2

   [ 真実を隠して国民をツンボ桟敷に置く マインドコントロール ( 心理操作 ) メディア NHK ]   




万有引力定数 G とは何か?
空間量子 λ の論理的導入方法
確率を適用して良いのはただ統計的集合体に対してのみである
アゾレス諸島の海底地形に残るアトランティスの痕跡
南極海ブーベ島西方200kmの海底遺構
NHK 幻解 ポポカテペトル UFO 解説の大ウソ
キュリオシティ UFO 写真 6 枚は火星上空に静止衛星群が存在する明確な証拠である
まるで蟻の巣のような宇宙人の基地とその入口の実態
911テロ旅客機が捏造CGである完全な証拠と証明

ご意見のメールはこちらへ

utzsugi _rei@ yahoo. co.jp

うつぎれい



( 疑問符 ) ( 2014.6.26. 記 )

否定するのに都合の良い 「 映像や事例 」 だけを取り上げて UFO を否定しにかかる NHK
 その超常現象 似非 解明番組 「 幻解 」 UFO 編中 唯一本物らしき UFO 映像解説での大ウソ


2014 年 6 月 21 日の放送で、NHK が 「 あっさりと正体が判明した 」 とウソ解説した 「 ニューヨーク上空の白い 11 個の球体 」 は、それが 30 km も離れた小学校から飛ばされた風船だった…とは、実際には全然証明されていない。  後編の 「 ポポカテペトル UFO 」 についても追記しました。

Copyright 2014.6.26. by うつぎれい

NHK が 2014 年 6 月 21 日の 「 幻解 」 で放送した、2010 年 10 月 13 日のニューヨーク・マンハッタン・チェルシー上空に浮かぶ白い球体群の映像は、見上げてる多数の人々のみを捉えたポーター・マイケル・マリノ氏の撮影映像と、Toloviso,S.A.de.C.V.の撮った上空映像とを編集で組み合わせた合成映像です。 ( この事は録画した番組をコマ送り確認すると、一応各々の部分の冒頭にはそう表示されてます。)



クリックするとコントラストが上がります。


上に引用した元々の上空映像では、ハイビジョンらしき画面巾の凡そ 1 / 2 の範囲内に、少なくとも 11 個の白い球体が見て取れます。
 ( 実際の現場では全部で 12 個見えていた可能性があります。)

NHK の番組内では、上部の1つが見出し文字にまみれて 10 個に見えます。 ( ここをクリックでキャプチャー画像を表示します )

米国 ABC ニュースが放送した ( 別の撮影者の ) より鮮明な上空映像 ( クリックで表示 ) には、その空中物体が風船だとは説明しがたい形状の対象物が、少なくとも1つハッキリとクローズアップで写っています。

が、NHK の番組では、バルーン説にとって都合の悪いこの映像については、全く触れずに済ませています。 ( この 「 UFO の存在が肯定されそうな、都合の悪い証拠には触れない 」…という NHK の常套的なやり方は、冤罪を引き起こす警察の調べ方と似てて卑怯ですよね? )

上の球体が 「 実は 30 km も離れた小学校から風で飛ばされて来た風船だった 」…と、いかにも尤もらしく説明してるニューヨークのデイリーニュースの紙面が紹介されていました。

そこに掲載されてる下の写真に一緒に写ってる椅子の背もたれの大きさなどから、風に飛ばされた 12 個の白いヘリウム風船のサイズは、直径が 30 センチ以下だと判ります。


そこで、上空に見える 11 個の球体をその失われた 12 個の内 11 個の白い風船だと仮定します。

すると風船の全体は、その各々の大きさと較べて画面の縦方向にほぼ 300 個分、横方向にもほぼ 300 個分の範囲内に納まっていると分かります。
 ( そこで風船の大きさを 30 センチとして掛け算すると。範囲全体のサイズが分かります。)

ということは 30 km も離れた場所からニューヨーク・チェルシーの上空に至るまで、強い風に乗った状態で運ばれた白い風船の内の 11 個は、縦横 90 m 角の空間内に、それ以上バラける事なく、お行儀良くまとまって吹き流されて来た…ということになります。

30 km = 30000 m の移動に対する風船間の拡がりが最大で 100 m 足らず…というのは、実に 1000 分の 3 以下の拡散率と覚えておきましょう。

まるでレーザービームみたいに良く纏まってますが、テレビで紹介されたのとは別の 「 上空アップ映像 」 を見ると、見てる間にも 3 つの球体同士が互いにどんどん離れてゆく場面がありますから、実際にはそんなに纏まりが良くないことが分かります。

12 個の風船が小学校から飛び立った時刻は差し当たり分からないものの、その 「 強い風 」 がもし風速 10 m ぐらいなら時速 36 km なので、マンハッタン上空までは 1 時間程かかるでしょう。

「 強い風 」 がもし風速 30 m もあれば、時速 100 km 以上ですから、風船は小学校からマンハッタン・チェルシー上空までたったの 15 分 〜 20 分で到着することになります。

でも、見上げてる人々の様子からは、とてもそんな台風並みの強風下には見えません。

さて、普通のヘリウム風船の上昇平均速度は毎秒 1.5 m 前後です。
 ( 因みに、 水素を封入した気象観測用気球の上昇速度は毎秒 6 m 程もあります。 )

ヘリウム風船は上昇すると通常 3000 m 〜 4000 m で破裂してしまいます。
 ( 理論的には高度 8000 m まで上昇して凍り、凍ったまま粉々に破裂すると言われてきましたが、実際にはそうではないことが分かっています。 )

実際にヘリコプターで普通のヘリウム風船を追いかけて測ってみた例では、大体空に飛ばしてから 30 分位で 3100m の高さにまで到達し、その辺りで破裂して落下してしまいます。

もし上の風船が 1 時間もかけてニューヨーク上空に到達したのだとすると、その間に風船は既に 5400 m の高度に達してる計算になりますが、その高さで 12 個中の 11 個もが破裂せずにいられたとは到底考えられません。
 ( 大体まあ、5400 m の高さでは、直径たった 30 センチしかない風船は肉眼で見えませんしね。)

たとえハリケーン並の風に乗って僅か 15 分でマンハッタンに到着したとしても、風船は既に 1350 m の高度に在って、破裂高度にまでは達してなくとも、風船の位置は低い雲より上…ということになります。

視野角で言うならその時の風船は 0.01 度 ( = 36 秒 ) 未満でしかなく、とても明るい真っ昼間に肉眼で識別出来る大きさではないでしょう。

何故なら例え白い風船でも、その反射光は北海道と同じ緯度にあるニューヨーク・マンハッタンの秋の太陽の陽射しを、斜め上から受けてる部分の乱反射の一部が地上からも見える…というだけの事なので、白い風船の全体ではなくて三日月のような形からの反射でしかありません。

三日月の残りの部分は陽射しの影になっていますから周囲の空より暗くなり、その平均の明るさの反射光が地上に届きますが、真っ昼間の空の青い乱反射光 ( レイリー散乱 ) は恐らくそれよりも明るいので、高い空の小さな白い風船が 「 ハッキリとした明るい丸い光 」 として見えるとはとても考え難いのです。
 ( にも拘わらず、それがハッキリとした丸い明るい光として見えていたという事は、物理光学的に考えればそれ自体が発光体であった…という結論になります。 )

大体、肉眼で普通に見えていたのでなければ、沢山のニューヨークっ子があんな風に空を見上げて大騒ぎする筈がありません。

同じように、( 先ほど風船の大きさを目安に計算した ) 球体の拡がってる空の範囲が縦横 90 m ぐらいだとするのでしたら、高度 1350 m での縦横 90 m の空間は、その視野角がたったの 4 度以下という事になってしまいます。

でも、あの空に拡がる球体群の全体が、たった 4 度の視野角内に納まってるとは、到底考えられません。

なので、件の球体は 「 直径 30 センチ以下の風船 」 よりも遥かに大きいか、それが風船なら 「 とっくに到達してる筈の高度 」 より遥かに低い位置に在るか…だという結論になります。

すると、どっちにしても球体群は 「 30 km 離れた小学校 」 発のヘリウム風船ではありえない…ということになります。

何よりも、上空の風が強かろうと弱かろうと、ニューヨークから 30 km も離れた場所で風に乗った 12 個の風船の内の 11 個が、( 解放されて別々に移動する物体は時間が経てばどんどんバラける ) …という 「 エントロピー増大の法則 」 を全く無視して、その直径の僅か 300 × 300 倍の範囲に納まったまま ( 然るべく上昇もせずに ) マンハッタン上空まで行儀よく移動して来てしばらく低空を漂った…などという事はおよそ有りそうもない…と断言しておかなければなりません。

「 NHK よ、無理矢理 UFO を否定しようとするのもいい加減にしなさい 」…と言いたくなるではありませんか。

元々、始めから誤認であることが確実な 「 チェラビンスク隕石を貫く UFO 」 の件や、日本の 「 LED 凧 」 や、イスラエルの 「 係留気球 」 なんかよりずっと説明が難しいからこそ、「 あっさりと正体が判明した 」 などとワザと簡単な説明でゴマカシて通り抜けたかったのでしょうが、どっこい、ちゃんと分析すれば NHK のこの説明は完全にボロボロなのです。
 ( 尤も NHK はそう言われれば、あの部分はデイリーニュースの紙面にそう説明されていたから、それをそのまま紹介しただけだ、とイイワケするのでしょうが、ならば 「 検証する 」 などと言いなさんな…と言いたくなります。 )

普通にボーっと番組を見てても 「 ニューヨーク上空の白い球体が、30 キロも離れた小学校で飛ばされた白い風船であるなどと、一体どうやって証明出来たのだろうか? 」 と誰でもが不思議に思うのではないでしょうか? ( 視聴者なんて簡単に騙せる…と思ったら大間違いです )

このような白い球体が多数、乱舞する不思議な空中現象は、もうかなり前からメキシコやブラジルやアルゼンチンや、そして東日本大震災後の日本国内各地などで、しばしば起きては目撃されてる謎の現象なのです。
風で飛ばされて来た風船…なんて安易な説明で済ませられるような空中現象では、全然ありません。


簡単に 「 見間違い 」 と説明の付きそうな事件や映像だけをワザと選んで取り上げ
「 ほーらやっぱり見間違いでしょ? UFO なんてこんなものですよね 」…とやって
唯 「 UFO 否定論 」 を成立させる為だけの、似非 「 超常現象解明番組 」 を作りたい NHK の
この無残な結果を此処に永久に晒し物にしておいてやろうではありませんか?

あ 〜 、イイ気味だ。 モヤモヤしてたのが、ようやくスーッとしたゾ。



因みに、簡単な UFO 事件史はこちらにあります。 ( グーグル地図上の みやびさんの UFO 事件史にもリンクを張ってありますよ。 )



( 疑問符 ) ( 2014.6.28. 追記 )

厳選した世界各地の最新 UFO 映像 14 本を徹底分析 …
 …とか称して全部が見間違いと結論して終わった NHK 幻解 後編 の悪質な手口を断じて許しません。


● 厳選も何も、始めから明白な見まちがいと偽物ばかりを 14 本中 12 本も集めてあって、本物とおぼしきは僅かに 2 本のみです。
 ( NHK の厳選とは “ 主に偽物を選ぶ ” という意味でしょうか ? )


後編の 8 件中、分析価値があるのは唯一 「 ポポカテペトル火口監視 定点観測カメラ映像 」 のみでしょう。
 ( でもそのたったの 1 件が、今回もまた NHK の致命的なウソ説明だったと証明出来てしまうのです。 )

では始めましょう。
まずメキシコ国営テレビ局 「 Televisa 」 の設置してるポポカテペトル火口監視 定点観測カメラは、実はポポカテペトル山頂から東北東 16 km の小さな町、サン・ニコラス・ロス・ランチョスの
高台の建物 ( ここをクリックで表示 ) に設置されていて、仰角約 15 度で西南西に見えるポポカテペトルの火口を観測 ( ここをクリックで詳細表示 ) しています。
 [ NHK の番組がやとった天文学者とかの、ズサンな調査による定点観測カメラの位置は、ぜんぜん間違ってます。 定点カメラは隣りの山の山頂になんか有りません。 ]


下のグーグルマップ ( 航空写真 ) の青い小さな目印の先が、定点観測カメラの本当の設置場所 サン・ニコラス・ロス・ランチョスの町です。
 [ ピンクの目印がポポカテペトル山 緑のがメキシコシティ国際空港 紫のがプエブラ国際空港 ( これも間違ってました ) の正しい位置です。 ]



画像クリックで地名が出ます。   ( 因みに NHK の 「 ぜんぜん間違った地図 」 のキャプチャー画像 はこちらです。 クリックして較べてみて下さい。 )


定点観測カメラの画像は、残念ながらフル動画ではなく間欠記録ですから、分解写真なのは当たり前ですが、紹介されてたサイトに掲載されてるライブカメラ画像とは全然更新レベルが違います。
 ( この番組と 2 人の UFO 否定工作加担者たちは、事更に、定点観測カメラの映像が役に立たないもののように、見せ掛けようとしています。 )
何とこの番組では、「 Televisa 」 から元の映像を入手せずに、YouTube などにアップされてる加工映像を調べてみただけのことで、これは早回しになってる…とあらぬ疑念を表明してました。
 ( まあ、あの映像をそのまま認めると秒速 2 キロ以上も出てるので、時速 8 千キロ超だと UFO 以外には全く説明が付かないので、敵も必死だったんでしょうけどね。 )

驚いたことに、数ある驚異的なポポカテペトルの UFO 映像の中から、いちばん無難で反論のしやすそうな、小さな UFO が ( と言っても後で説明するように実は結構大きいのですが ) 急旋回して火口に入ってゆく下記の映像 ( 2013 年 5 月 30 日の火口監視カメラ映像 ) を選んで見間違い扱いして来ました。







画像クリックで ちゃんと “ 早回しでない ” Televisa からの引用映像に飛びます。


そしてこの映像に捉えられてる光体の動きについて NHK の解説は、何と 「 近くに 2 つも飛行場があるから、そこから飛び立ったヘリコプターなどが ( 火口の縁から火口の中へと光が入って行ったのではなく ) 火口の上と見える位置から、火山の向こう側に飛び去ってるものと考えられる 」 …とやってくれました。  よくも、まあ…ですよ。

ヘリコプターなど…と言ったのは、直ぐ近くの飛行場から飛び立ったばかりの飛行機が、わざわざ噴火中の夜の火口にギリギリまで近付き、山の上で急旋回して向きを変え、山の背後へと飛び去る ( 何で最初から進むべき方向に真っ直ぐ向かわずに、火山の上空に一瞬だけ寄ったのでしょう? ) なんて不自然な説明は、成り立たないと気付いてヘリコプターなら何とか…とでも姑息なことを考えたのでしょう。

しかし噴火中の火口観光飛行みたいな、そんな変な航路設定がメキシコで横行してるなら、「 Televisa 」 の定点カメラには同じような飛行経路を辿るヘリの映像が沢山撮られてる筈です。
 ( 否。 噴火中の火口上空に近付いてもし噴石に直撃されたら、ほぼ確実に墜落ですから、そんな夜間飛行は絶対に許可されてる筈が無い …と常識でも分かりそうなものですが …。 )

そんな可能性などは元々無いからこそ、「 Televisa 」 はこの映像を始めとする幾つもの UFO 映像を発表しているのでしょうに …。 ( NHK はメキシコ人の判断力を馬鹿にして掛かってるのでしょうか ? )

大体、そんな紛らわしい特異な航空経路での飛行が、その日、その時刻に確かに有ったという何らかの証拠や運行記録さえ無しに、ただ UFO なんて絶対に認めたくないという偏見に満ちた思い込みだけで、勝手にそう想像して、それで一応の否定論は唱えられる ( 何しろ NHK の番組プロデューサーからはきっと 絶対に否定してくれ とキツク申し付けられてる ) …というぐらいの判断で、恥ずかしげも無くそう断定してのけたワケです。

UFO ではないかも知れない、と単に UFO 以外の可能性を示唆するだけで、証拠も示さずに UFO 否定説が成立する…と言うなら、それは全然科学なんかではなく、「 UFO を認めない教 」 とでもいうべき新宗教の信者間でだけ通用する “ 狂信者たちの勝手な思い込み ” と全く同じです。

否定論をちゃんと成立させる為には、例えば上のヘリコプター説が ( 単なる可能性ではなく ) 実際に事実であることを、丹念に証拠を集めて立証しなければならないのです。

つまり否定論者が UFO 肯定論者に対して、「 科学的な証拠を示さなければ認められない 」 …と突っぱねるのと同じく、否定論者もまた 「 科学的な証拠を揃えて論証して見せ 」 なければ否定論はいささかも成立せず、こうした強い ( あるいは決定的な ) 証拠の前では、可能性の示唆など唯の 「 負け犬の遠吠え 」 に等しい、と見做される事をちゃんと自覚すべきなのです。

単に可能性を云々するだけで論が成立するのでしたら、UFO 肯定論もまた一つの可能性なので、UFO である可能性がある…と言うだけで成り立つということになります。

併しそれは、上記の通り、同じ論に与する味方の間でだけ成立することです。

UFO 否定論者は、視野が狭いのか、どうやら自分たちの味方の方が圧倒的に多い…と勝手に勘違いしてるフシが有って、否定論の側は 「 ただ否定的な可能性があることを示唆するだけ 」 でもう勝ってしまった気分に陥るらしいのです。

そんなことはなくて、少なくとも現在では、多くの証拠から、ちゃんとマトモにこの問題に対峙して調べてみた事のある人たちの過半数以上が、UFO 肯定派…というのは紛れもない現実なのです。 安易に否定論に与するのは今や 「 UFO について相当に無知な人たち 」 だけ…という状況になっているのです。
 ( 否定論者というのは最早 「 井の中の蛙 」 の類いなのですが、彼らはそれに気付いていないワケです。 歴然とした証拠が既にあるというのに本当に可哀相な人たちです。 )

元よりポポカテペトル山の周りでは昼夜を問わず沢山の UFO 目撃例があり、そして後で述べるように実はもっと決定的な証拠映像も有る…という事に、彼らはもう本当はちゃんと気付いてもいる筈なのです。

それにも拘わらず、それらの一切を無視して、この UFO 否定的な工作番組とそれに加担する愚かなプロフェッショナル 2 人とは、恥知らずにも上のように結論したのです。

メキシコ政府は 2004 年、 UFO の存在を公式に認める声明を出しました。
国家政府が UFO の実在を素直に認めてる国は、他にオーストラリア、イギリス、バチカン市国、スウェーデン、フィンランド、ドイツ、フランス、スペイン、ロシア、ウクライナ、カナダ、インド、中国、ペルー、チリ、アルゼンチン、ブラジル、ニュージーランド等です。
一方で、最も詳しく研究していながら、公式には UFO の存在を絶対に認めず、否定し続けてるのが米連邦政府です。 ( 実は或る醜悪な目的の為に 米政府はそれを隠蔽し続けています。 )
そしてその米政府にのみ迎合・追従して、公式には自らも UFO の存在を絶対に認めようとしないのが、日本の政府や霞ヶ関、航空自衛隊や JAXA 、そして NHK なのです。
日本では民放テレビの大半も、ほぼそれに準じています。 ( 取り上げるのはバラエティ枠でのみ、ニュース枠では決して UFO の存在についてまともに説明したり、議論したりはしないのがその証拠です。 )

この米政府迎合的な隠蔽主義のせいで、日本人の多くが UFO 問題を 「 重大問題 」 とは認識出来ておらず、UFO や宇宙人や超能力等と聞くと途端にニヤニヤし出し、立場の有る人ほどまるでそれを本気で論じてはならないモノのように 「 果たしてソレは本当に有るのか? 」 …という、常にまた出発点に戻っての「 幼稚な疑問 」 を呈するのだけが唯一正しい反応の仕方 …というような 「 完全な思考停止状態 」 に陥ってしまっています。
そして、そのような 「 思考停止状態 」 こそが、自分の頭では 「 重大な事 」 を何も判断しようとしない 「 憶病さ 」 と、アタマの固い人間たちの 「 傲慢さ 」 の醸成に役立っているのです。

米政府の都合での建前上の UFO 否定論を科学的権威の見解 …と錯覚し、そのスタンスに加担してなら幾らでも 強者としての投石的暴言 を許される “ 自己正当化の道具 ” と捉えてる 「 ネット上の愚か者たち 」 がまるで 「 黒カビ 」 のように繁殖しているのです。

そして、その 「 愚かな黒カビ 」 を増殖させて世に蔓延させようと 目論んでいる番組 こそがこの NHK の 「 幻解 」 であり、それに加担してるのが主に 「 トンデモ学会の連中 」 と、「 ○○専門家 」 と紹介されて NHK に番組編集段階で上手く利用されてる人々なのです。

従って絶対にこれを放置しておくワケにはゆきません。

だから NHK とこの 2 人のプロフェッショナルに、これから決定的な大恥をかかせてやることにします。

さて、本当に 「 ヘリコプターなど 」 は、上の映像が実際にちゃんとゆっくりとしたものだったとして、その急旋回する光体になり得るのでしょうか?

分析してみましょう。
一般的なヘリコプターの機体サイズは、全長 10 m 、巾 3 m 、高さも 3 m といった処です。
夜間飛行時のライトは、正面下方を照らす白色灯の他に、ローターやテールローター周り等に瞬間的に点滅する、強い赤色や青の標識灯が幾つか取り付けられています。
但し、下にズラリと並べた画像の通り、正面下方からモロに白色灯を見上げる位置に居る場合 ( 下段の右側 2 枚 ) を除いて、ヘリコプターはそれ程 「 強い光の塊 」 なワケではありません。
横や後から見た夜間飛行中のヘリコプター ( 上段の3枚 ) は、かなり慎ましくて暗いものなのです。

  

  


垂直尾翼等のハッキリとした赤い標識灯は、下段左端の画像のように点灯してる瞬間だけは非常に明るく見え、しかも特徴的ですが、実際にはパッパッと瞬間的にしか点灯しないので持続的な明るさではありません。 ( それが消えてる状態だとその直ぐ上の 「 上段左端画像 」 のように見えます。実際にもこれは、同じ映像のたった 1 コマ前のキャプチャー画像なのです。暗いですねえ …。 )

上の事実をしっかり頭に入れた上で、ポポカテペトルの火口に急旋回しながら入って行く、光体の様子を見てみましょう。

これは本当にヘリコプターなんかで有りうるのでしょうか?

先ず光体と火口の大きさを比較してみると、ポポカテペトル火口の ( グーグルマップ航空写真上での ) 定点カメラ位置から見て直角な、水平面での直径は 2400 メートルです。
つまり火口の縁から縁のおおよその直径は 2.4 キロメートルもあるのです。
そこで光体が火口と同じ距離にあると仮定して計ってみると、光体の大きさは火口直径の 1 / 20 なので、凡そ 120 メートルあることが分かります。
が、もし光体がヘリコプターなら急旋回した端の位置では確実にカメラに対して縦位置になっているので機体巾は 3 メートル程しかありません。
3 メートルでは光体のたった 1 / 40 の大きさしかなく、高さについても同じく 1 / 40 の大きさしか無いので、視界に入る面積としては大雑把に言って 1 / 1600 の面積にしか見えない筈です。
こんなにも小さくしか見えない筈のヘリコプターは更に、横位置の場合には大半が黒くしか見えず、カメラに機首を向けていてさえそれ程発光部は大きくないというのに、急旋回して機体後部がカメラに向いたのだとすると、時おりチカチカと発光する赤か白の標識灯以外、殆ど真っ黒に近く、恐らく小さな点にさえ見えなくて当然なのです。
ついでに言うなら、光体がもしヘリコプターなら横向きに飛んでる筈の映像前半で、時おり点滅する筈の赤い標識灯は、多分 1 〜 2 回点灯する時間があるか無いかでしょうが、実際の光点には最初から最後まで白以外の光は無く、点滅してる様子もなく * ( 重要追記を参照のこと。その後、映像前半の 1 コマにだけ、白い小さな光がこの光体に付随してるらしい事が判明しました ) 、横向きである筈の前半でも部分的にではなく全体が、丸く大きな ( 直径約 120 メートルもの ) 不安定に形の変わる発光体として蠢き、動いているのです。

これを ( 2つもある近くの飛行場から離陸しただろう ) ヘリコプター 「 など 」 …と言って ( ヘリコプター以外には一体どんなモノを想像してそう言ったのかは理解出来ませんが ) 、それで反論が成ったつもりの UFO 否定論者が一体どういう了見なのかは全く分かりませんが、とにかく彼らとこの番組 「 幻解 」 とが上の議論によってコテンパンに負けてしまった事だけは、絶対に確かなのです。

実は噴火中のポポカテペトル火口に旋回しつつ飛び込んで行く UFO の写真は、2000 年 12 月 19 日にも、アルフォンゾ ・ロヨス氏のカメラによって偶然に捉えられています。
また目撃事例も多数ある為、無闇にコジツケて否定出来るようなモノでは全然無いのです。

( NHK は本当に無謀 …というか、身の程知らずですねえ? 愚かと言うしかありません。 )


[ 追記 ; その後、光点がヘリコプターなんかでは有り得ない …という決定的な状況証拠がまた一つ見付かりました。 ポポカテペトル上空は、実際に直径 40 km 圏内 ( = 火口から 20 km 以内 ) が飛行禁止区域となってる事を、改めて確認する事が出来たのです。 上でも述べた通り、火山弾や噴石直撃の危険性も高いポポカテペトル火口の上空は、やはり、飛行機やヘリコプターの飛行など、一切許可されてはいなかったのです。 つまり NHK 「 幻解 」 と UFO 否定論者らしき専門家らの意見をまとめた 「 山の向こう側に飛び去ってゆくヘリコプターなど 」 という説明は全くの妄説だったと、この面からもシッカリ証明されたワケです。 分かり易く、冒頭に掲げたのと同じグーグル航空写真上に、ポポカテペトル周りの飛行禁止区域を赤い円で図示しておきましょう。 ]



以上の分析から、上の映像の白い光体が直径 120 メートル程もある巨大な UFO であったらしい事が、( 私自身も実際に分析を始めてみるまでは全く判ってなかったのですが ) どうやら段々と分かってきました。

無論、強い発光体故に本来の大きさ以上に巨きな物体のようにカメラに写っている ( レンズフレア効果 ) …という可能性は有りますが、仮に本当の直径が 120 メートルの半分の 60 メートルだったとしても、それはジャンボ機の全長に匹敵するほど巨大な 「 発光する球体 」 なのです。

 [ 重要追記 「 やっぱり 120 メートル 以上の巨大 UFO と判明 」 ; 映像前半途中の 1 コマ
でだけ光体の後方に一瞬見える小さな光点 ( 下がその決定的な 1 コマの縮小画像です。クリックして拡大画像で参照のこと ) が 光体 に付属する標識灯の如き点滅だとすると、光体の中心と小さな光点の中心との間の距離、もまた 120 メートル程あります。 すると、レンズフレア効果による見掛上の光の膨みは、2 つの光の中心間の距離には影響しないのでここでは全く考えなくても良くなり、それら 2 つの光源を共に備えた飛行体 ( UFO ) の全長は少なくとも 120 メートルよりずっと大きい …と言えることになります。 ( 右側の画像は左側の元画像のクローズアップです。その後方に在る楕円形を呈した動かない大きな光が、いったい星なのかどうかは今の処まだ不明です。星にしては不自然な楕円形なので、もしかすると別の巨大 UFO という可能性もあります。 ) 下の縮小画像クリックで、それぞれの画像を別ウィンドウに拡大表示します。 ]

   


かつて日本航空のジャンボ機がアラスカ上空で遭遇した、直径 500 メートルの半球形 UFO や、2008 年の 1 月 1 日から暫くの間、アメリカ・テキサス州の片田舎スティーブンビルで、溶接工のリッキー・ソレルズ氏ほか、多数の住民に何度も目撃されて騒然となった、巾 800 メートル、長さは実に 1600 メートルもの、超巨大な矩形の金属板の如く UFO もが、実際に存在しており、それが高度 90 メートル程に暫く滞空した後、一気に地平線まで、音も立てずに飛び去った…というような、途轍もない事件までが起きていますから、直径 120 メートル以上の発光体 は、別に驚く程のサイズでもありません。

そして日本ではまだテレビ朝日の 「 UFO 特番 」 以外にはメディアが全く伝えようとしていませんが、あの元 CIA の エドワード・スノーデン氏もまた、傍証を提供してます。
氏は既に昨年の 6 月頃だったかに 「 盗聴問題 」 を遥かに越える、CIA とアメリカ政府が 「 最も洩れ出すことを怖れてる機密事項 」 を暴露しました。
  [ 奇妙にも日本のマスメディアは、こちらの暴露内容については、ニュース番組では全く無視していて一切報じようとしません。 つまり 「 911 テロ突入旅客機が実は CG 」 という真実 ( 興味のある方はここをクリックで詳細表示 ) と同じ扱いです。 ]
正義感の強いことは間違いない、スノーデン氏が暴露してくれた情報によれば、地球の地下、百数十キロメートルのマントル上層部には、実は 「 地底人 」 と呼ぶべき種族が棲息していて、彼らは人間の科学力を数百年以上も超越しており、現在の人類には全く手も足も出ない…という事で、正にこの映像やもっと衝撃的なポポカテペトル UFO 映像 ( や桜島の、但し番組内で取り上げたのとは全然別の、監視映像 ) の、傍証となるような重大な暴露をやって呉れているのです。

スノーデン氏はもう既にその暴露以前から、ロシアで事実上プーチン大統領に匿われており、ロシア国内では欧米以上に UFO や宇宙人問題や人類以外の知性体 ( ET種族 ) の存在が公認されてもいるので、その衝撃的な暴露を行った後も、実際にプーチン大統領と共に会議に参加していたりして、ロシア国内で重要人物として扱われ、決して 気違い扱い 等サレてはいません。

そしてその地底人の地表と宇宙空間への出入口は、何と主に海底の熱水噴出口で、CIA の監視によれば、そうして海底から海中へと飛び出して来る地底人の乗り物は、そのまま海面を飛び出し宇宙にまで出て行ってる…とのことなのです。
 [ 傍証 ; 早々と 1947 年にはもう、ノルウェーの人類学者で探検家のトール・ヘイエルダール氏が、コンティキ号での太平洋横断航海中、闇夜の海面が急に波立ち激しく沸き立って、海中から何か大きな車輪のような物体 ( UFO ) が飛び出し、空中で回るのが見えた。…と正にそのような場面との偶然の遭遇を自身の航海記に記してます。 が、当時は未だ空中の未確認飛行物体が現れたばかりで、未確認海中物体が有るなどという事は、全く知られていませんでした。 ]

私たちの勝手な想像で宇宙人だとばかり思い込んでる相手が、実は地底人であって、UFO の多くも彼らの乗り物であったり、またかつてジャン・ピエール・プチ博士の著書で話題になった、あのユミット種族が、確か太陽の光の当たらない夜行性の種族であるらしい…というような記述だって、いま考えると実はユミットが宇宙人ではなくて地底人であった、ということの故なのかも知れません。

また UFO の出現頻度が世界一高いことで有名な、アルゼンチンのカピージャ・デル・モンテの村には、古くから地底深くに棲むエルクスと呼ばれる種族についての伝説が残っていることも、関係がありそうです。

さらに、私が現在、最も勇敢で卓越した UFO 問題研究者であると考える 「 UFO ディスクロージャー・プロジェクト 」 の主宰者 ; スティーブン・グリア博士とその協力者や、更にそのディスクロージャー・プロジェクト ( その趣旨からは 「 UFO 情報開示 民圧計画 」 とでも意約すべきでしょうか? ) の重要な活動内容を、何とかして世に伝えようとしてる、無償の良心的日本語翻訳サイトや、グリア博士の主導により 米ワシントン D.C. ナショナル プレス クラブ で継続的に開催されてる、2001 年 5 月 9 日からの衝撃的な 「 UFO や異星人についての 地位有る 退役軍人や元宇宙飛行士や科学者他の人々 による、云わば命懸けの、地位と名誉を全部賭けての 公開の UFO ・異星人問題 徹底暴露 記者会見 」 が、現実に米国で毎年のように開催され、アメリカ国内ではそれなりに報道されてる のにも拘わらず、日本国内では全くニュースとならず、テレビ朝日の 「 UFO 特番 」 以外では全く取り上げられる事もなく、唯々無視され続けてる ( 2015.4.10. 追記 ; NHK は、 2015 年 2 月 7 日に渋々、幻解 「 アメリカの UFO 神話編 」 の終盤でたったの 50 秒間、こうした記者会見が米国で度々開かれてる …とだけは説明したものの、実際の会見での証言者たちの衝撃的な発言内容にも、また会見の中心人物かつ主宰者であるスティーブン・グリア博士にもワザと全く触れない …という悪質さでした。NHK は完全に隠蔽主義の確信犯なのです。 ) …という事実や、チリのアタカマ砂漠で見付かった たった 15 センチの ATA ( アタカマ・ヒューマノイドと呼ばれるミイラ ) が、実は DNA 上でも 人類と 9 %も異なる、明らかに人類外の別種族だった という事実の公表も、私にとってはかなり決定的なものでした。 ( ここをクリックで ATA についてのやや詳しい情報を表示します。 )
ATA が、恐らくは地底人 種族とチリ西海岸地方の人間の女性との混血児 ( 恐らく一代雑種で、8 歳までは生きたものの、身長は僅かに 15 センチしかなかった ) というのも、衝撃です。
 異種間の一代雑種というのは人間の男と雌牛の間にも生まれるものらしく、最近もタイで、獣姦の結果と思われる、まるでミノタウロスのような偶蹄の化物人間が生まれて来て、但し、雌牛に産み落とされてから僅か数分間しか生き延びられずに死んでいったりしています。 ( 一般に一代雑種というのは大抵ひどく身体が弱く、育ちにくく死に易いようです。 )

このように関連性の有りそうなことを次々挙げてゆくと切りが有りませんが、こうした地下世界に棲む知的種族についての話や伝説は、実はロシアのビリュイ川上流地域や南極を含め、世界中至る所に有って、実に根深いのです。

ともあれ、海底の熱水噴出口というのは、それが地上に形成されれば火山の噴火口です。

だからスノーデン氏の暴露した機密の中には全く出て来ていませんが、海底で熱水噴出口が地底からの出入口なら、地上では活火山の火口こそがマントル上層地底世界からの安定的な出入口…というのは極めて合点のゆく話なのです。


最後に、ここまでワザと触れずにおきましたが、今回の NHK の番組が意図的に避けて全く取り上げずにいた ( 本当は最も重要な ) 「 2012 年 10 月 26 日にポポカテペトルの噴火口に飛び込んで爆発的な噴火を引き起こし、そのピッタリ 20 日後の翌 11 月 15 日未明に再び同じ角度で火口から飛び出していった、あの直径 200 メートル、全長 1000 メートル*もの、円柱形や紡錘形の超巨大 UFO の複数の映像 」 についても此処で少しだけ書いて、この文書の一応の纏めにしたいと思います。

まずこの余りにも有名な超巨大 UFO の突入映像からのキャプチャー画像と、そうでもなくてまだ余り知られていない 「 続けて 2 機?の超巨大 UFO が、ポポカテペトルの火口から発進する瞬間を捉えたらしい映像 」 からのキャプチャー画像を貼っておきます。 ( 各々をクリックすると当の映像に跳びますが、YouTube の例によって何時まで見られるかは定かでありません。 )

 


 [ 注*;2017.4.20. 追記 この火口から発進してゆく紡錘形の UFO は、恐らく先の突入 UFO とは別物で、火口巾との比較でソレは長さ 2500 メートルもの超巨大 UFO と判明しました。 実はこれらの映像での 「 ポポカテペトルの外側から窺える火口巾 」 はグーグルアースの航空写真で確認する事が極めて難しく、大抵は火口内に新たに形成されてる 600 メートル程の小さな中央火口丘をそれと見間違えてしまうのですが、幸い 2013 年 3 月 3 日に撮影された火口の内外を判別出来そうな珍しい航空写真   を見付けることが出来ましたので、色々測ってみてその 「 火口内の残雪 」 らしき真っ白な部分のサイズが上のテレビサのニュースでの解説と一致し、またその部分の様子が過去の登山家のしてる景観説明にも一致しますので、「 ポポカテペトルの外側から窺える火口巾 」 は約 2400 メートル …と何とか断定出来ました。 上の 2 枚のグーグル画像に入ってる縦と横の黄色い線は、それぞれ、その場所での 2400 メートルを示すスケール線です。 ]

尚、10 月 26 日に火口へと突入して行った円柱形の UFO と同形でほぼ同じサイズの UFO は、その 118 日後の 2013 年 2 月 21 日にも同じくテレビサの火口監視カメラに捉えられていて、この時はポポカテペトルの火口上空を水平に左へと飛び抜けて行ってます。


実はテレビサのこれらの映像こそは、UFO の確かに実在することの決定的な証拠であり、2013 年 6 月のエドワード・スノーデン氏のあの途轍もない驚天動地の暴露話が必ずしも有り得ないことでは無い…と裏付け得る、最大・最強の証拠映像なのです。

特に私自身は、この映像と似たような突入映像が、実は他の日付にも幾つか、定点カメラに記録されてることと、当初は無いと思い込んでいた火口からの発進映像もが有ることを、知人で作家の南山宏氏から教えて貰って確認出来たことで、一気にそれまでの固定観念が全崩壊し、もはや地底人の存在もを素直に受け入れて、世界観を新しく再構築するしかない…と覚悟を決めざるを得なくなったワケです。

こんなにも途轍もないスケールと性能の代物は、とても現在の人類に ( 秘密裏にも ) 作れる筈が無いので、ソレが米軍の秘密兵器かも知れない …なんてはぐらかしは一切通用しません。

その一方で、火星の無人探査機 キュリオシティのナビ・カメラは、2014 年 4 月 28 日 とその 6 日後の 5 月 4 日に、これと全く同じ形の巨大 UFO が、火星 ゲールクレーター の中心に聳えるシャープ山の山裾の向こう側へとゆっくり降下してゆくのを鮮明に捉えています。

          

上の画像をクリックすると、火星探査機 キュリオシティ の撮った 2 日間の記録画像、夫々約 10 分間ずつを
横に 2 つ並べて、その周囲で起こってる動きを分かり易くする為に、凡そ 300 倍で高速スライド表示します。


 ( 但し今の処、それがポポカテペトルの火口からの来訪者なのかどうか? またその長大な UFO の実際の大きさが一体どれ程なのか? 等々は全く不明です。 が、筆者は夫々僅かに 10 分間程の間に、これ程にも多くの光体が周囲を飛び交ってるその様子から 「 宇宙エレベーター 」 なのではないか? と考えています。 因みに、これについての詳細な分析ページはこちらに在ります。 この文字をクリックで跳びます。 )

さてさて、こんなモノを易々と操って地底から宇宙まで我が物顔に行き交い、人類をまるでアリのように見ている超知的な種族が、実際にこの同じ地球に存在してるなら、それを無視することには何の意味も無いではありませんか? ねえ、NHK さん 馬鹿な悪あがきはもうやめましょうよ? 幻解でのあなたたちの無理矢理な否定工作、毎回、本当にウンザリさせられます。

以上 ( おー、やっと終わったー! )








© Copyright.2014.6.26. ( 追記分は 6.28. ) by うつぎれい



 


うつぎれい 全公開状 一覧

万有引力定数 G とは何か?  重力 = 宇宙の膨張 …だと実は簡単に証明することが可能である
空間量子 λ の論理的導入方法 / ゼノンのパラドックス 「 アキレスと亀 」 こそは空間に最小単位が存在することの明確な証明である
ブラックホールは恐らく存在しない  もしあっても周囲に重力を及ぼすことなどできない  ブラックホールについて考えたことを全部公開する
光子にも質量がある事を証明する為の最も簡単な実験方法 / 光および c 粒子群 ( 真空中での光速度粒子群 ) はすべて相対論の適用対象外である

日本政府と警察と都道府県全知事への公開状 「 プライバシーを保全しつつ凶悪犯罪を 90 % 以上減らす完全な防犯監視カメラシステムの提案 」
株式投資とは何か ? / 株式投資という非事業投資 / 株式市場とは 実質 株価賭博 市場 に過ぎない ( うっかり NISA を始める前に … )
911テロ旅客機が捏造 CG である完全な証拠と証明 / 主要な911WTC突入映像全ての飛行機とその突入の仕方が C G であると証明可能である
  その英語版 Perfect Evidence Of The 9/11 Terror Attack Plane Being Fake CGI And Demonstration Of It
  完全粉砕される 「 F4 ファントム機の壁面激突映像 」 が少しも 「 911 旅客機 CG 説の反証 」 になっていない理由

天皇への公開状 「 今上天皇への、平和憲法を守りたい一国民からのお願い 」

月面ティコの直角構造月面都市群のグーグルムーンでの存在証明をここに!
T M A チコ 直角構造都市群 Special Selection 100 ( 自動レベル調整版 )
月面ティコクレーターの完全探査 1600 シーン

グーグル・ムーンで 「 かぐや 高解像度月面画像 モスクワの海 」 から異星人基地らしき光り輝く構造物を見付ける方法の説明スライド
  かぐや 高解像度月面画像中に見付かる異星人施設らしき光る構造物群のスライド捜索ツアー

月面表側の異星人施設群 Part 1
月面表側の異星人施設群 Part 2

キュリオシティ UFO 写真 6 枚は火星上空に静止衛星群と宇宙エレベーターまでもが存在する事の明確な証拠である
  火星の夜空の実態 但しこれは 300 倍の高速表示ゆえ、実際には 10 〜 16 分間の火星の空である
  今や誰でも確認出来る まるでアリの巣のような宇宙人の火星基地とその入口の実態
  6枚組 UFO 画像がフォボスの長時間露光写真 …という説が完全に誤りだと証明しよう
  それから 6 日後の 5 月 4 日の棒状光体 UFO 組画像は NASA によって上下反転されてる
  UFO懐疑論者とは UFO否定説ばかりを簡単に信じ込む逆方向のビリーバーである

逆説的 超能力 論考 手品師ダイゴの華麗なフォーク曲げは、それが本当にトリックだとは全然証明されていない
NHK 幻解 ニューヨーク上空 UFO = 風船 という説明の大ウソ
NHK 幻解 ポポカテペトル UFO はヘリコプター …というウソとゴマカシを暴く / 火口から半径 20 km 以内は飛行禁止区域である

恐竜の現在の想像図と大恐竜絶滅の謎を解く / 地表世界は超古代からずっと宇宙人の生物実験場である  私たちは実験生物である

大ピラミッドを建造するいちばん簡単な方法 ジャン・ピエール・ウーダン説の更なる拡張
やはり北大西洋中央海嶺上に位置するアゾレス諸島こそが沈んだアトランティスの名残りである
南極海ブーベ島西方200kmの海底遺構
大西洋マデイラ島の西南西に見付かる矩形の水没都市遺構と5本の平行線地形

確率を適用して良いのはただ統計的集合体に対してのみである
  その付録 マキタスポーツのヒット曲分析で作られた曲は一体何故、大ヒットしなかったのか?

アニマルライツセンター 代表理事 岡田千尋さんへの公開状 / 風の谷のナウシカのようなお気持ちは良く分かるのですが … / アニマル コミュニケーターとこそ共闘すべきでは …
映画 「 ザ・コーヴ 」 を見て / リック・オバリーは正しく シーシェパードは断じてテロリストにあらず ( その明確な証明を此処に提示しておく )
インターネット活用選挙運動は元々自由である / 禁止法も無かったのにワザワザ解禁を議論する臆病な日本社会 ( 官僚依存国家 ) の愚
高過ぎる電気料金を課して、自分たちの給与とボーナスだけを先に災害復興させてしまった東京電力の重い罪
自転車が歩道を走れてしまう現行道路交通法こそが、危険な運転と人身事故多発の原因である
アダム ・ヴァイスハウプトはジョージ・ワシントンと同一人物では有り得ない