高文連主催第18回長野県高校生英語ディベート大会実施要項

Nagano English Club League 2010 Annual English Debate Contest

1 主催( Organizer

  長野県教育委員会 ( Nagano Prefectural Board of Education )

  長野県高等学校文化連盟 ( Nagano High School Cultural Club League )

  長野県高等学校文化連盟英語専門部 (Nagano English Club League )

 後援( Sponsor )  読売新聞社 ( Yomiuri Shinbun )

3 協賛( In cooperation with )   研究社出版(Kenkyusha)、桐原書店(Kirihara Shoten)

  教育出版( Kyoiku Shuppan )、旺文社(Obunsha)、大修館書店(Taishukan Shoten)

  東京書籍( Tokyo Shoseki )、山口書店(Yamaguchi Shoten)

  カシオ計算機(CASIO COMPUTER)CIT国際研修センター、

  国際コミュニケーションズ・スクール(International Communication’s School)

  株式会社エスト(est Shuppan)、GTEC for students

4 主管団体          長野県高等学校文化連盟英語専門部

 日時             Date030日(土)~1031日(日) October 30 (Sat.)31st(Sun.)

 会場             Place:長野県長野高等学校(Nagano ken Nagano High School)

          380-8515長野市上松1-16-12電話:026-234-1215

 チーム構成        登録は、各校3チームまで登録可で1チーム5名まで。原則として試合への出場は4人で、

                               試合ごとにメンバーの入れ替えは可能。(ただしチーム登録できる選手が3人しかいな

                                い学校については、例外として3人チームによる出場を認める。)

                     *4チーム以上参加したい学校は事務局に事前に連絡を下さい。

なお、4チーム目は状況によっては登録後であっても辞退してもらう場合があります。

 対戦方法            予選リーグの編成は各地区の地区大会の成績をもとに行う。各グループ1位とそれに続く高得点2チームの上位8チームでトーナメント戦を行う。

 論題(Proposition)

       Japan should significantly relax its immigration policies.

       「日本は、移民政策を大幅に緩和すべきである。是か、非か

データの出典について:

今年度よりデータのでどころをより明確化するため、立論で提示したデータ、資料についての一覧を,ナンバーをつけて作成しておく。Q&Aで、資料の確認を求められた場合は、その番号と出典名で答える。このリストはジャッジにも渡し、必要があれば回収する。なお再現性がないためテレビ番組からのデータは使えないものとする。

10 日程

   030日(土) 

                              10:00      受 付

                              10:30      開会式

                              10:50      ジャッジ打ち合わせ

                              11:30      試合開始

                              18:30      予選第1日目終了

   031日(日) 

             8:40       ジャッジ打ち合わせ

             9:00       予選2日目開始

12:20     準々決勝

13:20     準決勝、順位決定戦

14:30     決勝、順位決定戦

15:30     表彰式、閉会式

16:00     解散

11      試合形式 ( Debate Format )

               スピーチ 時間

               ①肯定 立論Affirmative Constructive Speech       4

                              準備時間Preparation Time                 1

               ②否定 質疑Questions from the Negative             3

               ③否定 立論Negative Constructive Speech          4

                              準備時間Preparation Time                    1

               ④肯定 質疑Questions from the Affirmative          3

                              準備時間Preparation Time                    2

               ⑤否定 アタックNegative Attack                           2

               ⑥肯定 質疑Questions from the Affirmative          2

               ⑦肯定 アタックAffirmative Attack                        2

               ⑧否定 質疑Questions from the Negative             2

                              準備時間Preparation Time                    2

               ⑨肯定 ディフェンスAffirmative Defense               2

               ⑩否定 ディフェンスNegative Defense              2

                              準備時間Preparation Time                    2

               ⑪肯定 総括Affirmative Summary                         2

               ⑫否定 総括Negative Summary                            2

                                                                    38

               注) ・役割は、3人の場合と4人の場合で異なるので、別紙参照。

12 競技規則

    全国英語ディベート大会規則に準じる。http://www.geocities.jp/nelc2004/index.htmlの規則を参照。大会前のジャッジセミナーにおいて詳細を周知徹底するものとする。

13 参加資格         ・英語のネイティブスピーカーは不可

                              ・以下の条件のものはチームに2名までで、試合への出場は1名までとする。

                              (1)英語を第1言語とする国で12ヶ月以上滞在経験のある生徒

                              (2)英語を第2言語とする国の出身である生徒

                              (3)家庭で常用的に英語を使っている生徒

14 参加料            選手(補欠を含む)1名につき800円 (大会当日受付にて徴収いたします)

15 参加申込      10月1日(金)までに所定のファイルにて事務局にメールで申し込む。

16      ジャッジ          予選リーグの審査は参加校の英語クラブ顧問のうち、原則として事前に開催された

ジャッジセミナーに参加したJTEおよびALTが行なう。

17 賞               1位から8位までのチームに賞状、賞品。ベストディベーター賞1名(個人)。

ベストディベーター候補者約6名〜8名に賞状。上位3校(11チーム)は1218日(土)~19日(日)に岐阜県で行われる全国大会への出場資格をえる。

18  その他           

テキスト ボックス: 長野県高等学校英語連盟事務局
 諏訪二葉高等学校  担当:折井 恭子
  TEL 0266-52-4628(代表)
     0266-54-7145(直通)
  FAX 0266-57-2420
  E-mail:yasu1226i@nagano-c.ed.jp

高文連ホームペアドレスhttp://www.geocities.jp/nelc2004/index.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別紙(発言者の役割について)

 

 

発言の順番

   A:肯定側   A1○       ○N1   N:否定側

          A2○           ○N2

        A3○              ○N3 

       A4○                 ○N4

                      Judge

      

  

 

発 言 者

役 割 と 内 容 

時間

3人の

場合

4人の

場合

A1

A1

①肯定側立論 (メリットは2点まで出せる)

4分

 

 

準備時間

1分

N2A

N4A

②否定側質疑(否定側からの質問に、肯定側A1が答える)

3分

N1

N1

③否定側立論 (デメリットは2点まで出せる)

4分

 

 

準備時間

1分

A2N1

A4N1

④肯定側質疑(肯定側からの質問に、否定側N1が答える)

3分

 

 

準備時間

2分

N2

N2

⑤否定側アタック  (肯定側の立論のみに対して)

2分

A3N2

A3N2

⑥そのアタックへの質問(肯定側A3からの質問に否定側N2が答える)

2分

A2

A2

⑦肯定側アタック  (否定側の立論のみに対して)

2分

N3A2

N3A2

⑧そのアタックへの質問(否定側N3からの質問に肯定側A2が答える)

2分

 

 

準備時間

2分

A3

A3

⑨肯定側ディフェンス (アタックを受けた立論を再構築する)

2分

N3

N3

⑩否定側ディフェンス(アタックを受けた立論を再構築する)

2分

 

 

準備時間

2分

A1

A4

肯定側総括    (双方の議論を比較して総括する)

2分

N1

N4

否定側総括    (双方の議論を比較して総括する)

2分

                                        計38分