東北は多彩です。

北前船がもたらした上方風の文化が色濃く残る日本海側の地方。

太平洋側の地方には江戸風の文化の名残りが見られます。

そんな東北のお菓子のなかから

郷土菓子を中心に少しずつ紹介したいと思います。

 ※タイトルの説明はページ下段をご覧ください。

お菓子なみちのく目次

 

recent update

ブログ始めました。

 

複数県

がんづき目次

ずんだ餅、じんだ(ん)餅、ぬた餅

行事菓子 端午の節供の笹巻き(2008.08再更新)

 東北のゆべし目次

 

青森県

弘前のバナナ最中(青森県)

下北半島・大間のべこもち(青森県)

   弘前のフランス菓子  青森南部のあめせんべい   弘前の竹流し(追加修正)

    七戸の駒饅頭     弘前のさくらSENBEI

 

岩手県

盛岡の黄精飴      盛岡駄菓子3種

盛岡土産に 盛岡のふくろう最中と招き猫チョコ(後日談追記)

雛菓子 盛岡の花まんじゅう その2

雛菓子 盛岡の桃の節供のお菓子(花まんじゅう その1)

一関の田むらの梅     盛岡の豆銀糖

 

秋田県

大館のバナナ最中(秋田県)

 角館のなると餅       秋田の干し餅

行事菓子 秋田県由利・本荘地方の笹巻き  行事菓子病焼きの日の焼餅(秋田県南地方)

元祖秋田諸越

雛菓子 田沢湖のけいらん   雛菓子 角館のひな餅

縁起菓子 秋田のトロンコ(秋田県)

 秋田県南の豆腐巻き&豆腐カステラ    浅舞のなると餅

縁起菓子 湯沢の犬っこ

 

山形県

縁起菓子鶴岡の切山椒

鶴岡のおきつねはん   鶴岡の特製草もち   鶴岡のからから煎餅

  鶴岡の栃の実のお菓子・三種   出羽の久寿(鶴岡)    鶴岡のあろへ菓子(有平糖)

鶴岡の古鏡     山形のふうき豆   山形の乃し梅

 

宮城県

岩出山のかりんとう(宮城県)

仙臺鉄銭ほか                   九重(仙台)             大河原の晒よし飴(宮城)

太白飴(仙台)    しそ落雁、こうせん落雁(宮城県北地方)

しおがま(仙台、塩竃)          仙台長茄子の砂糖漬

    草餅―宮城では     小牛田(こごた)の山の神まんじゅう

縁起菓子 どんと祭のハトパン(鳩パン) (仙台市)(2007.2イラスト追加)(2010.1鳩パン写真追加)

    縁起菓子 吉岡の島田飴     岩出山の酒まんぢう   登米の水飴

 仙台の黒砂糖まんじゅう  元縁起菓子仙臺駄菓子の兎落雁(仙台市)

 

福島県

 二本松の本煉羊羹と玉羊羹  二本松の志保閑満

二本松の浮き草とうば玉  飯坂の巻きせんべい

吾妻の雪うさぎ物語   福島の三宝柑ゼリー

喜多方の御豆糖(2008.4黒パン記事追加)

 

お菓子な本棚その1

 

 縁起菓子とは

 

みちのくとは―西暦724年に陸奥国府多賀城が造られて以降、

多賀城以北の太平洋側を指す言葉となりました。日本海側は出羽と言います。

『お菓子なみちのく』では「みちのく」という言葉を

東北地方全域を指す言葉として便宜的にタイトルに使いました。

お菓子を切り口にした東北再発見!

すえながく、ごひいきくださいませ。

あんなお菓子、こんなお菓子をぜひ、という情報、大歓迎です。

 

 *無断転載など、ご遠慮ください。

 2008.8 目次ページをリニューアル