会員の方へ
今年度の試合結果や段級審査結果、その他有益な情報を掲載します。
会長挨拶
沿革
年間行事
合同稽古
段審査
級審査
規約
会費
業務一覧
���R��
�敪
����

 

 

受審級
受審場所
受審時期
1 級

伊勢原市立武道館

7月・1月
2 級
3 級
4 級
5 級
6 級
7 級
8 級

 

 

伊勢原市剣道連盟の級位区分は、8級を下位の級位とし、1級を上位の級位とする。
級位認定並びに認定証の交付にあたって、伊勢原市内においては、県剣連より委託された団体、すなわち県剣連伊勢原支部(伊勢原市剣道連盟)のみが県剣連の級位認定並びに認定証を交付することができる。

級位の審査は、本部一括審査を原則とする。但し、人数、会場等の状況に応じて、本連盟の各教場、各団体において出張審査を行うことができる。

級位審査員は、全剣連及び県剣連の規程により、本連盟が委嘱した者をもって行う。
審査員の委嘱期間は2年とし、更新していくものとする。
級位受験料等については、本連盟規約細則のとおりとする。

無級の者は1級審査を受けることは出来ない。

当日2級審査合格した高校生(もしくは高校生と同等な年齢のもの)以上の方は、申し込み時の申告により1級審査を続けて受審することが可能です。(1級受審料は別途必要、受審当日申告不可)
中学生以上の者で1級に合格した者は、その受験会場にて1級登録料を納めることとする。

その他この定めにないことは、理事会において決定する。

 

 

級審査実施について

当連盟は、上記の規程により以下の要項で級審査会を実施します。

 

【受審資格】 伊勢原市剣道連盟の正会員で該当年度の会費を納入済みのもの。

【受審場所】伊勢原市立武道館 剣道場

【受審時期】夏期(7月)と春期(1月)の計2回実施します。(各々事前の申込みが必要です)

【合否判定】
1級 実技審査と木刀による剣道基本技稽古法9本にて判定をおこなう
2級 実技審査と木刀による剣道基本技稽古法6本にて判定をおこなう 
3級 実技審査と木刀による剣道基本技稽古法4本にて判定をおこなう
4級~8級 実技審査にて判定をおこなう

8級から1級の実技審査は、特に下記の項目を着眼点として、当該級位相当の実力があるか否かを審査する。 ただし、審査の方法は、伊勢原市剣道連盟審査部の定める実施要領により行う。

 

【各級共通項目】
1. 正しい着装
2. 基本的な礼法
3. 充実した発声
4. 基本に忠実な打突

 

【各級個別項目】
1級 剣道の基本を修得し、一級受審を申告した者で二級以下の級保持者

2級 剣道の基本を修得見込みであり、二級受審を申告した者

3級 剣道の基本を修得見込みであり、三級受審を申告した者

4級 剣道の基本を修得中で、五級を越える技量を持ち四級受審を申告した者

5級 剣道の基本を修得中で、六級を越える技量を持ち五級受審を申告した者

6級 剣道の基本を修得中で、七級を越える技量を持ち六級受審を申告した者

7級 剣道の基本を修得中で、八級を越える技量を持ち七級受審を申告した者

8級 防具を装着して稽古可能な者で、八級受審を申告した者

 

その他 
※実技審査合格者で形審査不合格のものは、次回審査会に限り、実技審査免除審査が可能です。
※中学生以上で、無級から4級以上を受審し、該当の級が不合格だった者には5級を与えます。

�y�[�W�̐擪��