誕生石 11月 トパーズ

十一月の誕生石はトパーズ(トパズ、topaz)です。
黄玉(おうぎょく)がトパーズの和名です。
トパーズは珪酸塩鉱物。フッ素やアルミニウムを含み、色々な色彩を見せます。
ケイ酸塩鉱物は、火成岩や変成岩、堆積岩といった岩石から産出されます。
誕生石のトパーズは、黄色、淡褐色のトパーズが宝石として価値が高いとされます。
トパーズの他の色は、ピンク、青、藍色、緑、無色透明など。
トパーズは色によって、「ピンクトパーズ」「ブルートパーズ」「グリーントパーズ」などと呼ばれます。
誕生石、トパーズは無色透明なものは「カラーレストパーズ」といい、ダイヤモンドに似た風合いを見せます。
トパーズの中でも薄茶色のトパーズは「シャンパントパーズ」といいます。
トパーズにはチタニウム放射処理による、虹色の「ミスティックトパーズ」もあります。
トパーズの色のうち、ブルー系やグリーン系は放射線で処理された宝石が多いです。
誕生石、トパーズの色は、シェリーカラー(橙色から黄色、褐色、赤褐色)の宝石を「インペリアルトパーズ」と呼んで、最も価値の高いトパーズとしています。

誕生石、トパーズの和名の黄玉は、シトリンと混同されていたためにつけられました。
シトリン(黄水晶)もトパーズと同じく、十一月の誕生石に数えられています。

誕生石のトパーズのモース硬度は8、比重は3.4〜3.6です。

誕生石、トパーズの石言葉は「友愛、友情、希望、誠実」。

パワーストーンとしてのトパーズには、友愛をはぐくみ、離れ離れになった仲間たちとの絆を守る意味があります。
パワーストーンのトパーズは、金運や富貴などの成功と幸運を招く力が強いと言われています。
パワーストーンのトパーズの意味は、自分自身の力で自立して前に進めるようになることも挙げられます。