外部バッテリー「ラミナ」

外部バッテリーは、ノートパソコンを長時間使用することができるようになる便利なアイテムで、PCの機種を問わず汎用的に使用できるところが最大のメリットである。さまざまな製品が出回っているが、ネットブックとノートPCの両方で共用できる外部バッテリーは意外と少ない。というのも、一般的なノートPCで使用される入力電圧は16〜19Vなのだが、ネットブックは12V前後となっていることが多く、外部バッテリーを両マシンで共用するためには、バッテリーの出力電圧が12V、16V、19Vの全てに対応している必要があるからだ。

そこでお勧めしたいのが、モバイル用外付け大容量バッテリー【LAMINA(ラミナ)】 。薄さ11mmの軽量ボディに、19V、16V、12Vの出力電圧に対応、さらに、60Whの大容量である。60Whというと、一般的なネットブックに内蔵されているバッテリー(7.4V×1800mA)の実に4.5倍の容量であり、電圧変更による電流ロスを加味しても、内蔵バッテリーの3〜4倍は使用できる計算となる。

どのメーカーにも使用できるよう、付け替え可能なプラグが6種類も付属している。これらは、単にACアダプターをつけるジャックに差し込むだけであり、迷うこともないだろう。

    

なんとも簡単で便利なアイテムであるが、唯一の泣き所は、約3万円という価格の高さか。しかしながら60Whという大容量を考えると、そう高いものではないことがわかる。というのも、容量の少ないバッテリーの場合、必然的に充電する頻度も高くなるため、それだけ早くへたってしまい、仮に毎日フル充電を行うような使用方法だと1年半程度で使用できなくなる。長寿命で大人気となったSlim60の後継機種である【ラミナ】のように60Whの容量があれば、毎日使い切ることは少なくなるため、毎日の充電がフル充電ではなく継ぎ足し充電となり、その分リチウムイオンバッテリーの寿命は大幅に延びることとなる。3万円で4,5年の間、ノートPCのバッテリーの心配をしなくてよいというのは、考えてみるとかなり安心でお得なのではないだろうか。