前頁   次頁 ホーム


     目  次


はじめに  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      5


第1章  物 質 界  ・・・・・・・・・・・・・     17


  第1節 物 質         原子               19
                  素粒子            22
                  物質の概念          26

  第2節 相互作用        力                32
                  基本的な四つの力       34
                  相互作用           38

  第3節 法 則         法則               44
                  空間と時間          47
                  決定論            54

  第4節 宇 宙         宇宙               59
                  宇宙の起源          62
                  時系列からみた宇宙      65

  第5節 科 学         科学               73
                  非科学・反科学・超科学    77
                  社会科学           82


第2章  生 物 界  ・・・・・・・・・・・・・     87


  第1節 生 物         生物の起源            89
                  生物の構造          94
                  生物の機能          98

  第2節 普遍的分子機構     遺伝子             103
                  進化            107
                  自己複製子生存装置     112

  第3節 生 命         物と生命            117
                  生命の操作         119
                  生気説           124


第3章  人 間 界  ・・・・・・・・・・・・・    129


  第1節 生物学的人間      人類の起源           131
                  ヒトの進化         135
                  動物としての人間      139

  第2節 人間の営みとしての科学 人間の営みとしての科学     145
                  科学と宗教         149
                  科学と言葉         154

  第3節 物理学的人間      ニューロン           159
                  コンピューター       164
                  行動と知能         166

  第4節 意識および意志     意識の操作           170
                  意識というもの       173
                  自由意志          176

  第5節 こころ         物と心             180
                  心実在説          182
                  心実在説の起源       186


第4章  科学的世界観  ・・・・・・・・・・・・    191


  第1節 科学的世界観      科学的世界観          193
                  世界の総合的把握      195
                  科学的世界観の帰結     202

  第2節 科学的世界観の限界   科学的世界観の限界       207
                  反科学的世界観       211
                  科学的世界観の正当性    213

  第3節 人間の二重性      合目的性            217
                  合目的性と合理性      219
                  科学と主体性        221


第5章  科学の発想の枠を越えて  ・・・・・・   227


  第1節 「私」の存在       「私」の存在           230
                  存在する「私」       233
                  「私」と客観世界の調和の試み 235

  第2節 三元論         二元論             241
                  神と決定論         244
                  三元論           247

  第3節 三つの存在の根拠    神の存在            250
                  客観世界の存在       252
                  主体の存在         259

  第4節 科学的世界観の位置づけ 不可知論・便宜論        264
                  科学的世界観の見直し    268
                  科学的世界観の諸相     272


ま と め  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    278

     主な参考図書 ・・・・・・・・・・・・・・・   283

 次頁   頁頭 ホーム