害虫駆除法大辞典

Google
WWW を検索 害虫駆除法大辞典内 を検索
DIY 自分で出来る害虫駆除 @快適クラブ.net
ヘビの駆除方法と生態
当サイトでは商品の販売はしておりません。購入ご希望の方は
潟Cーライフのオンラインショップ「@快適クラブ.net」をご利用下さい。
ヘビの駆除のポイント(商品のページは@快適クラブ.netへのリンクです。)
予防法
予防法
ヘビの住みにくい環境造りをする事が大切です。ヘビが生息しそうな土穴や樹木の根元、石垣の隙間などを埋め、回りの草刈を
してヘビの隠れ場所をなくします。また、ネズミなどヘビのエサとなる生き物を減らす事で間接的にヘビを減らす事も出来ます。
ネズミの駆除法はこちら
薬剤を使って予防したい場合はヘビ忌避剤「スネークアウェイ」や「モグラ・ヘビ・ムカデZ」(固形)を使用してヘビを近づけない
様にします。
駆除法
日本に生息するほとんどのヘビは無毒のヘビです。無毒のヘビは人が近づけば向うから逃げてしまいますのであまり気にする事
もないのですがどうしても気になる様であれば予防法と同じように「スネークアウェイ」や「モグラ・ヘビ・ムカデZ」(固形)で退治
します。ヘビを捕まえて山や森林へ放したいと言う方は「ヘビ捕獲棒」で捕獲してその場所から退治する事も出来ます。
毒ヘビを見つけた場合や毒ヘビの生息していそうな場所へ入る時は「ハブノック」が便利です。毒ヘビは無毒のヘビと違い人が
近づけば、かま首を上げ身構え更に近づいたりすれば攻撃をしてくる場合もあります。
おおよそ1〜1.5m程度で毒ヘビは身構えますのですぐに気が付けばその場から離れればたいがい問題ないのですがハブノック
は約3m噴射しますので万一の場合はヘビに向かって5秒以上噴射すれば駆除できます。
また、住居付近で発見したが穴や隙間に逃げ込まれた場合も「ハブノック」をその穴や隙間の中に噴射すれば薬剤の追い出し
効果でヘビは飛び出してきます。出てきたら更にヘビに直接噴射すれば駆除できます。
*ハブノックを噴射した際にヘビが暴れる恐れがありますのでご使用の際は十分離れ注意してご使用下さい。
  
ヘビの被害 
マムシにかまれたら・・・激痛と局部の腫れがおきます。毒が毛細血管壁を侵すので局部に内出血がおきネフローゼ(筋肉組織が
死ぬ)をおこします。二次的化膿や頭痛、一時的な視覚障害を起こす事もある。マムシは毒の量が少ないので死亡するのはまれ
ですが危険性はありますのでかまれたらすぐに医療機関で抗マムシ治療血清を注射し治療を受けましょう。
ハブにかまれたら・・・局部の腫れ、出血、痛みはマムシより大きく毒量も多いので激しい症状になります。ネフローゼの作用も強く
後遺症が残ります。マムシのような皮下出血や視覚障害などはほとんどおきませんが治療が遅れると致死率が高くなりますので
マムシ同様かまれたらすぐに医療機関で血清治療を受けましょう。
ヤマカガシにかまれたら・・・マムシやハブは顎部全部の牙から毒を出しますがヤマカガシは顎部後部の牙状歯から毒を出しま
す。症状はマムシと良く似ておりかまれて毒が体内に入ってから20分〜数時間後に全身の血液が凝固能力を失い血便、血尿、
腎臓の機能障害などを起こします。牙が顎部後部にあるので浅くかまれた場合はそう心配はありませんが深くかまれた場合は
要注意です。すぐに医療機関で血清治療などで処置しましょう。
 
ヘビの生態 
ヘビも他の動物や人間同様に感覚器官によって行動しています。ただし、ヘビには特殊なピット器官という感覚器官があり他の
器官の補助をしています。ヘビの各器官については視覚、聴覚はあまり良くなく皮膚感覚や味覚、嗅覚には優れている様です。
生息場所やエサについては種類によって異なりますが基本的には変温動物であるがゆえの行動パターンになります。
また、ヘビのウロコは魚と違い一枚の皮膚のヒダで出来ています。脱皮は年に2〜3回周期的に水たまりの回りの岩などにこす
りつけて約50分で終わります。産卵は体内で受精した後に行われ孵化日数は数時間から9ヶ月程度です。
**ヘビについて詳しくはこちら**
衛生害虫
不快害虫
その他の昆虫類
昆虫以外の虫
動物・鳥類