Photoshop CS講座へようこそ!

 このコーナーは、なすみそ的Photoshop CSの描き方を載せています。
 左の絵はこの講座で出来上がる絵です。
      (絵をクリックすると大きな画像を見ることができます)





作業画面
 作業画面はこんな感じです。

 ツールボックス(エアブラシ、消しゴムなどがある
 ボックス)を右に移動させています。





◆ラフを描き、清書します。
 いつも清書の時はシャーペンを使って書いているのですが、今回はアニメ風に塗るので線画をしっかり書く必要があるので、0.3mm、0.1mmのペン(COPIC MULTI LINER)を使って書きました。
 紙は何でもいいのですが、にじみが少ないということで「アイシーの漫画原稿用紙」を使っています。




◆清書した紙をスキャナで取り込みます。
 メニューの【ファイル】→【読み込み】の中からスキャナを選び、起動させます。
 スキャナによって設定が変わるかもしれませんが、イメージタイプを「白黒写真」、解像度は「600dpi」にして線画を取り込みます(最終的に解像度は、Webに公開するなら100dpi以下、印刷するなら300〜400dipでいいのですが、スキャンする場合は高めに設定して、着色前に下げます)。
 取り込むとPhotoshop画面に取り込んだ画像が表示されます。

◆取り込んだ画像は全体的に暗くなっているので、調整していきます。  
 まずは画面の暗さを修正します。【イメージ】→【色調補正】→【レベル補正】と選ぶと、レベル補正ダイヤログが表示されます。
 表示されたチャンネル枠内の3つの▲の内、右にある白い△を、線画以外の暗い部分が白くなるまで左にスライドさせます。次に左にある黒い▲を、線がはっきりするまで右にスライドさせ【OK】します。
▲取り込んだ直後はこの様に全体的に暗くなります。 ▲白い三角を左に、黒い三角を右にスライドさせます。 ▲白い部分は白く、黒をはっきりさせます。




◆線画の抽出とは、今現在線画は背景の白い部分とくっついているので、背景から線画だけを取り出し1つのレイヤーにすることです。

 線画抽出前に、【イメージ】→【モード】→【RGBモード】にします。
 次にチャンネルパレットを選び、一番上にある「RGB」にカーソルをあわせ、キーボードの「Ctrl」を押しながらクリックします。すると線画以外が動く点々(図は静止画のため止まってますが)で囲まれるので、【選択範囲】→【選択範囲を反転】をして、線画を選択範囲にします。

▲1 チャンネルパレットのRGBを「Ctrl」を押しながらクリックします。
▲2 線画以外が選択範囲になるので、選択範囲を反転させ、線画を選択範囲にします。
 線画が動く点々で囲まれます。
◆レイヤーパレットを選び、下にある「新規レイヤーを作成」をクリックして、新たなレイヤー「レイヤー1」を作ります。作った「レイヤー1」の文字の部分をクリックして「線画」と名前を変えておきます。
 黒色を選択し「塗りつぶしツール」で絵のどこでもいいのでクリックすると、「線画」レイヤーに線画だけを取り出せます。
 背景に残った線画はいないので、【選択範囲】→【すべてを選択】を選び、レイヤーパレットの「背景」を選択し、キーボードの「Delete」を押して背景の線画を消します。最後に【選択範囲】→【選択を解除】をして線画の抽出作業完了です。
 レイヤーパレットの背景左にある「レイヤー表示/非表示(目のアイコン)」をクリックし、背景を非表示にしてみると、線画だけが線画レイヤーに写せたかが確認できます。
▲4 線画抽出を確認するために、レイヤーの左にある、目のアイコンをクリックして、背景を非表示にします。
 確認が終わったら、またクリックして表示させてください。
▲3 「新規レイヤー作成」をクリックして、新たなレイヤーを作ります。
▲背景を非表示にすると、線画レイヤーだけが表示されます。




◆続いてゴミ取りと線画を整えます。
 ゴミ取りとは線画とは関係ない黒い点(スキャンする時にまぎれていたホコリなど)の事で、そのゴミを消していきます。
 まず大まかに消していきます。「線画レイヤー」を選択して、「スタイルパレット」内の「カラーターゲット」のアイコンをクリックします。すると線画にスタイルが適用されてゴミも大きく表示さます。「多角形選択ツール」を使って、線画の周りを囲み【選択範囲】→【選択範囲の反転】して「Delete」、これで線画の周りのゴミが消えました。次に線画の中にある、ゴミを「消しゴムツール」で消していきます(ゴミが大きくなった分、線画と重なる部分もあるので、ギリギリの場所は消さずに残しておきます)。
▲1 「スタイル」の「カラーターゲット」を線画レイヤーに適用します。
▲2 適用後、ゴミが大きく表示されるので、線画の周りのゴミを「多角形選択ツール」を使って消し、線画の中のゴミは「消しゴムツール」で消していきます。
◆スタイルの「カラーターゲット」をもう1度クリックして線画を元の状態に戻します。
 「ズームツール」である程度絵を拡大させ、端から順番に見ていき残ったゴミがあれば「消しゴムツール」で消していきます(・・・地道な作業です)。ゴミ取り作業と一緒に、線がすれている所や、書き足す所を「ブラシツール」を使って修正していきます。
▲4 修正後、ゴミを取り除き、線画も修正しました。
▲3 修正前、ゴミや描き間違え、ペンが潰れた所があります。




◆全体的に右にズレていたので左に回転させます。
 「移動ツール」を選択し、線画の周りに表示された「バウンディングボックス(表示されてない場合は左上にある、バウンディングボックスの表示にチェックを入れてください)」の四隅にある□の1つにカーソルを合わせると拡大/縮小、□の外側にカーソルを合わせると回転になるので、外側に合わせカーソルを動かし少し左に回します。
▲「移動ツール」を選択すると表示されるバウンディングボックス。
 拡大/縮小、回転ができます。
◆絵の端の部分をカットします。
 「切り抜きツール」を選択し絵の端から端までドラックさせて、絵全体を点滅した線で囲みます。右にある□を左にカットしたい部分までドラッグさせ、同じように下にある□を上にドラッグします。灰色の部分がカットされる部分です。カットする部分が決まれば、右上にある○をクリックします。
▲2 ○をクリックして、右と下の部分をカットしました。
▲1 「切り抜きツール」を使い、□をドラックさせてカットしたい部分を灰色にします。
◆最後に【イメージ】→【画像解像度】で、解像度を600から400にして、線画の修正は完了です。

↑ページのTOPへ



                     講座TOPへ         次の章へ