■ダウンロード
<注意>
ここにあるファイルを使用して発生したどのような問題についても、”なすこじ”は責任を負いません。
自己責任の元使用して下さい。

●Rboard Pro for Mac用キーリマッパー(OS X用) (最終更新日 2011.01.17)
・Rboard Pro for MacをiMate(ドライバなし)で使用可能とするソフトです。
・ファンクションキーを使ってiMate(ドライバなし)が送ってこないキーの代わりをさせます。
・Rboard側ですり替えたキー設定を行い、キーボードドライバ側がそれに合わせた動作を行うことでRboard本来の動きに近づけます。
・Mac OS X 10.4.*以降で動作します(ユニバーサルバイナリ)。
・名称が「TestDriver」なのは、入力できるか否かの実験からスタートしたためです (^^;

※ATOKの設定手順書を作成しました (2009.06.29)
 Mac OS 10.5(Leopard)にて「ことえり」を使用した場合、キーボード配列がJISとならない不具合がありますが、「「Mac OS 10.5(Leopard)+他社製JISキーボード」のキー配列問題に対処する」によりRboardをJISキーボードに設定する方法が分かりましたので、「ことえり」や「egbridge」でも一応使用可能です (2009.07.29)(2010.01.22再修正)

注)本ソフトを使用するためにはRboardのファームウェアを一部修正する必要があります。
  詳細は、同梱の「readme」および「Rboardを設定する.htm」を参照して下さい。


  TestDriver4RboardMac_0.5.0.zip

リマッパ本体とリードミー

  readme

圧縮ファイルに同梱のリードミーの一部

  TestDriver4RboardMac_0.4.1.zip

1つ古いリマッパ

  FAQ_for_testdriver.txt

FAQのようなもの


・履歴
  0.5.0a Mac OS 10.6(Snow Leopard)の64bitカーネルモードに対応。
      アンインストーラがppcアプリだったため、Mac OS 10.6にてロゼッタが必要となっていた不具合を修正。
      設定バックアップ用にスクリプトを作成。
  0.4.1a 起動時にオプションを読み込めない可能性があるため、kextロード後1秒待ってからオプションを読み込むように起動スクリプトを修正した。

  0.4.0a 「Control + Shift + F13」を「全角英数」⇔「かな」切り替えに割り当てた。
      zenkakunumberのタイマー初期値がreadme通りになっていなかった不具合を修正。
      インストール時に再起動を不要とした。
      アンインストーラを作成。
  0.3.5a 「Control + F13」を全角英数モード切り替えに割り当てた
      「Command + Space」でのモード切り替えの仕様を変更した(半角英数モードのみ)
      「E/J」キーを「かな/全角英数」切り替えに設定できるようにした
  0.3.4a 対象キーボードのVendor ID, Product IDを指定可能とした
  0.3.3a 全角記号入力用タイマ初期値の変更
      調査用のデバッグ出力コードの削除
  0.3.2a 全角記号入力用のタイマ設定を2つに分割した
  0.3.1a zenkakunumber > 1 の時、全角数字が記号入力となる不具合を修正(Thanx > kanzakiさん)
      全角記号モードOFF処理の見直し
  0.3.0a 全角記号入力処理を一部変更
      「Command+Space」での日英モード変更に対応した
      日本語入力時の文節の区切りをシフトキー+カーソルキーで変更できない不具合を修正(Thanx > kanzakiさん)
  0.2.6a 「Shift+テンキー」にて全角記号を入力可能とした(coriakaさんより提供のコード)(Thanx > coriakaさん)
  0.2.5a以前 非公開バージョンなので省略(作成協力 虎猫さん)(Thanx > 虎猫さん)

・既知の問題
 ・KeyRemap4macBookおよびその派生物とは同時に使用出来ません
  同時に走らせるとキー入力できなくなります。この状態に陥ったら、セーフブートしてTestDriver4RboardMacを削除して下さい。

 ・Mac OS X 10.5(Leopard)の場合、終了時に設定が記憶できません
  sysctlで設定を変更した後下記スクリプトでプログラムを再起動して下さい。
  再起動を一度実行すれば設定が保存されます。
   "ライブラリ" → "StartupItems" → "TestDriver4RboardMac" → "other_script" → "restart_TestDriver4RboardMac"

  または、ターミナルにて下記コマンドを実行して下さい。
   sudo /Library/StartupItems/TestDriver4RboardMac/TestDriver4RboardMac stop
   sudo /Library/StartupItems/TestDriver4RboardMac/TestDriver4RboardMac start

 ・Mac OS X 10.5(Leopard)の場合、かな入力設定のことえりはキーボード配列に不具合が出ます。
  ことえりを使用する場合「「Mac OS 10.5(Leopard)+他社製JISキーボード」のキー配列問題に対処する」にて不具合を回避してください。
  ATOKの場合、ATOKの環境設定にてJISキーボードに設定可能なため上記は不要です。

 ・Mac OS X 10.6(Snow Leopard)の64bitカーネルモードには対応していません。32bitカーネルモードでは動作します。(v0.5.0aにて64bitカーネルモードに対応しました)

本ソフトは、下記サイトのサンプルを元に作成しています。(作者様に感謝!)
 http://mac.pqrs.org/~tekezo/index.html.ja