橋本徹雄 指揮者のプロフィール


大阪音楽大学を卒業。1976〜77年オーストリア、モーツアルテウム音楽
院にて指揮法などを学び、ディプロマを習得。毎回異なったテーマによるオ
ーボエ・リサイタル・シリーズも14回を数え高い評価を得ている。1988年
ドイツでライネッケ・トリオを結成、ヨーロッパ各地で息のあった演奏活動を
行なっており、ソロ・リサイタルや室内楽や作曲家による新作の初演など活
動の幅は広い。1990年ドイツMEMPRO社より、CD(ヴィーターケアのデ
ュオ・ソナタ世界初レコーディング)を発売。ドイツ国内でのTVやラジオの出
演も多い。                
1988年地域文化に貢献したことに対して大阪府知事賞を受賞。また指揮
者としては、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪市音楽団を始めプロ・ア
マテュアのオーケストラや吹奏楽・合唱・オペラ等国内各地で客演指揮も多
い。                              
オーボエを千葉哲也・鈴木清三の両氏に師事。指揮法をO・スイトナー、P・
シュワルツ、M・ホルバートの各氏に師事。                    
                     
現在、関西シティ・フィルハーモニック名誉指揮者。大阪交響楽団、高石市
民楽団の指揮者。和歌山大学交響楽団音楽監督。1997年よりヤマハ・フ
ィルハーモニック大阪の音楽監督。 プティ・バロック・アンサンブル主宰。
日本演奏連盟会員。高石市民音楽団顧問。高石市音楽家クラブ会長。日
本オーボエ協会理事。大阪音楽大学・高松短期大学講師。          

  ホームページ(橋本徹雄)より
の転載
  <文責 バス 塩崎 敏邦>


前に戻る