政策研究ネットワーク「なら・未来」


            市民が主人公」 の 住民自治・まちづくりをめざして、政策提言をします!

             奈良で活動する、市民の、市民による、市民のための団体です

 
 2013 奈良市長選・市議会議員選 特設サイトへsenkyojyoho.html
お問い合わせcontact.html
「なら・未来」概要about.html
活動実績history.html
FACEBOOKhttps://www.facebook.com/nara.mirai
bloghttp://d.hatena.ne.jp/nara_mirai/

ブログとFACEBOOKで

最新情報を随時更新しています


     自治体を取り巻く環境は一段と厳しさを増しています。地域経済の低迷、就業人口の減少等による税収減が深刻です。一方、少子・高齢社会のセイフティーネットとしての社会保障費の増大は避け難いです。歳入減、歳出増、借金返済という三重苦にあえいでいるのが自治体財政の実情です。


 自治体を取り巻く多くの課題を主権者として無責任に放置することはもう許されません。市民自らが担えることは市民自らが担うということは当然のこととしても、市民の市政への積極的な参画と、市民と行政、市民と議会との協働による課題解決しか自治体再生の道はあり得ないのではないでしょうか。



◆「市民主権型自治体の構築」に取り組みます!


 分権・自治社会の実現が求められています。そのためにも、自己決定・自己責任に見合う権限・財源が地方自治体に保障される必要があります。それと共に重要なのは、住民自治の強化です。地域住民、地域コミュニティが地域の課題解決に自ら立ち上がる、社会で必要な公共サービスをNPOが供給するという活動だけではなく、行政・議会への直接的な意思表示、政策提案などを通じて地方政府を主権者として統制するという意味での自治力を強化する必要があります。


 このような主権者である市民の自治に支えられた市民による、市民のための「市民主権型自治体」が分権・自治社会の自治体像ではないでしょうか。

政策研究ネットワーク「なら・未来」は、奈良をベースに住民自治・市民自治を礎とする「市民主権型自治の構築」に取り組みます。



◆「ローカル・デモクラシーの刷新と活性化」に取り組みます!


 政策で首長・議員を選ぶマニフェスト選挙の推進が「代表制民主主義」を活性化させます。地域の問題・課題の解決方策を日常的に話し合う「市民会議」(プラットフォーム)が市民社会で多発することにより「討議民主主義」を成熟化させます。


 住民・市民自らが地域の課題解決や公共サービスの供給を実践するだけでなく、主権者として行政・議会を民主的に直接統制する「直接民主主義」が強化されればローカル・デモクラシーは活力に満ちた豊かなものになるでしょう。


 政策研究ネットワーク「なら・未来」は、奈良をベースに「ローカル・デモクラシーの刷新と活性化」に取り組みます!



◆「持続可能な奈良・大和の創造」に取り組みます!


 環境保全・経済発展・生活の質の向上という3つの要素の相互依存性に配慮した、できる限り地球環境に負荷を与えない「持続可能な社会」の実現が求められています。豊かな歴史的風土と精神性に育まれてきた大和の地は、「持続可能な社会」を実現する資産に恵まれています。


 政策研究ネットワーク「なら・未来」は、市民主権型自治体の構築を通じたローカル・デモクラシーの刷新と活性化と共に、「持続可能な奈良・大和の創造」にも取り組みます。

Copyright (C) 2015 政策研究ネットワーク「なら・未来」 . All Rights Reserved

地域の自治を考える連続セミナー
 2015年11月より好評開催中!

パンフレット・チラシ・議事録・各種資料等へ