豊臣秀吉




1536年 愛知県の農民の子として生まれる。16才で武士になろうとして家出する。
         しばらく、旅をしたのち、織田信長(おだ のぶなが)の家臣となる。

1560年 桶狭間(おけはざま)の戦い
       織田信長が今川義元(いまがわ よしもとを)を戦死させる。
       秀吉もこの戦争に参加する。

1572年 墨俣城(すのまたじょう)を短期間で完成させたり、敵の家臣を味方にしたりと、
       持ち前の知恵で多くのてがらをたてる。
       羽柴秀吉(はしば ひでよし)をなのり、織田信長の有力な家臣となる。

1574年 滋賀県の長浜城(ながはまじょう)の大名となる。

1576年 織田信長の命令で、大将として中国地方の大名の毛利氏(もうりし)と戦争を始める。
              ↓
1582年 毛利氏の高松城(岡山県)を水攻めで包囲(ほうい)する。
              ↓
       その最中に・・・・
              ↓
       本能寺(ほんのうじ)の変
         織田信長が家臣の明智光秀(あけち みつひで)の反乱で暗殺されると、豊臣秀吉
         は毛利氏(もうりし)となかなおりして、京都にとって返し、明智光秀をやぶる。 (山崎の戦い)
1582年 検地(けんち)(田の広さを調べ、米のしゅうかく量を決める)を始める。
             → 全国の検地を行う

1583年 織田信長の有力な家臣だった柴田勝家(しばた かついえ)をやぶる。
       (賤ヶ岳の戦い)(しずがたけのたたかい)
         大阪城(おおさかじょう)をつくりはじめる。

  1584年 織田信長の同めい者の徳川家康を家臣とする。
       (小牧・長久手の戦い)(こまきながくてのたたかい)
        織田信長の後けい者となる。

1585年 朝廷から関白(かんぱく)(朝廷の位の最高位)に任命される。
         豊臣秀吉をなのる。

1585〜1587年
      山口県の大名の毛利氏(もうりし)、四国の大名の長曽我部氏(ちょうそがべし)や九州
      の大名の島津氏(しまづし)を家臣にする。

1588年 刀狩り(農民から刀をとりあげる)を行う。

1590年 関東の大名の北条氏(ほうじょうし)をほろぼす。
         豊臣秀吉が全国を統一する。

1592年 朝鮮出兵(文禄の役)(ぶんろく の えき)
         中国(明)を征服しようと、朝鮮に攻めこむ。

1597年 朝鮮出兵(慶長の役)(けいちょう の えき)
        思うような成果があがらなかったため、もう一度、朝鮮に攻めこむ。

1598年 死 去(秀吉の死後、朝鮮から兵をひきあげる)(63才)

農民から朝廷の最高位の関白にまでなった豊臣秀吉はすごい。その出世欲はなみなみならぬ
ものを感じる。現代風にいえば、アメリカン・ドリームというところか。自分のちえと努力でここまで
できるという見本であろう。だが、全国を統一したころから秀吉は少し変わった。自分の親せきや
家臣を殺したり、何の利益のない朝鮮へ攻めこんだりとちえ者 秀吉らしからぬ行動が目立つ。
関白になり、得意なり、調子にのりすぎたのであろうか? ちなみに豊臣秀吉は、今でも朝鮮の
人から「おに」としてにくまれている。秀吉の死後、豊臣氏は徳川家康(とくがわ いえやす)に
ほろぼされることになる。 


一番上へ戻る

戻る