メインへ

掲示板へ

歴史上人物へ(時代別)

三国志へ

テスト集へ

リンク集


風林火山

意味 武田信玄の軍旗に書かれた「孫子」の句「疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、
侵(おか)し掠(かす)めること火の如く、動かざること山の如し」の略。また、その軍旗の称。
のように自然に溶け込むようなページにしようかと思っています。自然のままに更新。

本の紹介(プラネテス)只今、全4巻

時は西暦2075年。人類は宇宙開発を推し進め、巨大な宇宙ステーションや月面都市を建設するまでになっている。地球、ステーション、月面の間には旅客機や貨物船が行き交うようになり、人々にとって宇宙は、遠い世界ではなく日常の世界になりつつある。

この時代、大きな問題となっているのは、宇宙開発にともなって発生するデブリ(ごみ)。使われなくなった人工衛星、ステーション建造時に出た廃棄物などのデブリは、地球周回軌道上を高速でまわっている。2068年に起きた高々度旅客機アルナイル8型とデブリの衝突事故は、多くの死傷者を出す惨事となり、デブリ問題が注目されるきっかけとなった。

主人公・星野八太郎(ハチマキ)は、宇宙産業の大手・テクノーラ社の社員。デブリ回収船トイボックスに乗り込み、仲間のフィーやユーリとともにデブリ回収の任にあたっている。ハチマキを中心に、新入社員のタナベの登場、宇宙開発に反対する「宇宙防衛戦線」の暗踊、木星住還船フォン・ブラウン号の建造など、様々なドラマが描かれてゆく。


更新履歴