和泉なおみ 日本共産党都議会議員(葛飾区選出)・社会保険労務士


和泉なおみブログ
 「下町の路地」から

トップページ




子ども、若者、高齢者。すべての人が人として尊ばれる政治を


 「苦労して生きたきた甲斐がない」となげく高齢者。「放射能から逃れてきた場所で高い放射線。安全な場所はどこにあるのでしょうか」という福島から避難してきた若いお母さんのつぶやき。若者の「朝早くから夜遅くまで働いても食べるのがやっと。家庭なんて持てない」という悲痛な叫び。人を人として大切にしない政治が生み出したこの状況を、このまま放っておくことはできません。
 都政こそ、都民のくらし、福祉を中心に。私はその声を都議会に届けたい。

憲法を守り、生かす。いのちを守る願い、私にたくしてください


 わが子が生まれ、抱いたその瞬間から、その命を守りたいと強く思うようになりました。「子どもの命を戦争で奪わせない」――これが私の政治にかかわり、日本共産党に入った原点です。
 いま、安倍内閣や維新の会を中心に、「戦争はしない、軍隊はもたない」と決めた憲法を変えようという動きが、急速につよまっています。
 憲法を守り、生かす政治へ、みなさんの願いを私にたくしてください。

和泉なおみ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●トピックス



▲開票結果

 日本共産党葛飾地区委員会が「都議会議員選挙の結果について」を発表しました。

 こちらからご覧いただけます。(葛飾民報号外)→都議選結果についてPDF
 2013年6月24日



▲都政をかえる・・・2013年6月11日 新小岩北口にて

 田村智子参議院議員も応援にかけつけました

 (動画・YouTubeで再生)




▲放射線量を測定しました・・・2013年6月12日


市民団体の協力も得て葛飾区内で放射線量を測定。

地上1cmで6.05μSv/hと、区の除染基準をはるかに超えていました。
地上1mでも0.55μSv/hと周辺(0.16μSv/h)より高い数値が。

公道のL型溝に砂がたまったままになっていることが原因と思われます。
その足で葛飾区に除染を要請してきました。

原発事故から2年以上たつというのにこの現実。
子どもやお母さん方の安心のためにも、
東京都の責任でしっかり調査と除染に取り組ませたい
決意を新たにしました。
(動画・YouTubeで再生)


↑ページ上に