⇒ メルマガ予約(無料)   バックナンバー参照  ブログ「なおこの絵日記」   ホームページへ戻る   おすすめのイタリア映画

                   

 もっと知りたい! イタリアの言葉と文化     

 

   第96号 「物語を読む4、si+動詞の用法いろいろ、健康とピザと野菜スープ、カッシャのサフラン祭り」  

 

                              2014年11月7日(金)


------今号の目次---------------------------------------------------------------------------------------

1.物語を読む〜Italo Calvino作、『L'avventura di due sposi』(4)

  ↑↑ 読解力をつけると共に、日用品を表す言葉や、si+動詞のさまざまな用法を学びましょう。

2.健康とピザと野菜スープ

3.カッシャのサフラン祭り、ペルージャのチョコレート祭り・死者の市

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

*今回の記事も、写真という視覚教材や色を利用すると、学習効果が高いので、インターネットに接続できる方は、ぜひこちらのリンク先のウェブページの記事をお読みください。

 ⇒ http://www.geocities.jp/naoko_ishii/vol96.05_11_2014.html

 

 1.物語を読む〜Italo Calvino作、『L'avventura di due sposi』(4)

  イタロ・カルヴィーノの短編小説、、『L'avventura di due sposi』の続きを見ていきましょう。どういう小説か、そして、冒頭部分とその訳については、93〜95号を参考にしてください。

 ・第93号 「物語を読む〜『L'avventura di due sposi』」  http://www.geocities.jp/naoko_ishii/vol94.01_07_2014.html

 ・第94号 「物語を読む〜『L'avventura di due sposi』2」 http://www.geocities.jp/naoko_ishii/vol94.01_07_2014.html

 ・第95号 「物語を読む〜『L'avventura di due sposi』3」 http://www.geocities.jp/naoko_ishii/vol95.05_08_2014.html   

 小説の全文および音声朗読は、インターネット上で無料で読んで、視聴することができます。

・Bibliolab - Italo Calvino - Gli Amori Difficili - L'avventura di due sposi

 http://www.bibliolab.it/boom_web/nuovicost_libri3.htm

・YouTube - 'L'avventura di due sposi' di Italo Calvino (7.30)

 http://www.youtube.com/watch?v=VI98CmFePik

  まずは、文章を読んでみましょう。ナチュラルスピードで速いのではありますが、上のリンク先からYouTubeで音声朗読を聴きながら読めば、リスニングや音読のための勉強にもなります。今回学ぶ部分は、YouTube映像の2分18秒目から3分23秒目までの間に、収録されています。Yahooのホームページ作成のシステムが変わったため、母音の上の強勢アクセントは、残念ながらアポストロフィで代用しています。どこでどんな強勢アクセントが使われているかは、上記Bibliolabのページで、ご確認ください

"A quell'ora, la casa era sempre poco scaldata, ma Elide s'era tutta spogliata, un po' rabbrividendo, e si lavava, nello stanzino da bagno. Dietro veniva lui, piu' con calma, si spogliava e si lavava anche lui, lentamente, si toglieva di dosso la polvere e l'unto dell'officina. Cosi' stando tutti e due intorno allo stesso lavabo, mezzo nudi, un po' intirizziti, ogni tanto dandosi delle spinte, togliendosi di mano il sapone, il dentifricio, e continuando a dire le cose che avevano da dirsi, veniva il momento della confidenza, e alle volte, magari aiutandosi a vicenda a strofinarsi la schiena, s'insinuava una carezza, e si trovavano abbracciati.
Ma tutt'a un tratto Elide: Dio! Che ora e' gia'! e correva a infilarsi il reggicalze, la gonna, tutto in fretta, in piedi, e con la spazzola gia' andava su e giu' per i capelli, e sporgeva il viso allo specchio del como', con le mollette strette tra le labbra. Arturo le veniva dietro, aveva acceso una sigaretta, e la guardava stando in piedi, fumando, e ogni volta pareva un po' impacciato, di dover stare li' senza poter fare nulla. Elide era pronta, infilava il cappotto nel corridoio si davano un bacio, apriva la porta e gia' la si sentiva correre giu' per le scale.
"

                                                                          - Da "L'avventura di due sposi" di Italo Calvino 

 日用品など、家の中にあるものを表す言葉を赤い字で記してあります。中には、イタリアに少し留学したことがある人であれば、初級者でも知っているけれども、日本で書き言葉を中心に、イタリア語を勉強した上級の人は知らない、そういう言葉もあるでしょう。

   bagno s.m. トイレ、浴室  lavabo s.m. 洗面台  sapone s.m. 石けん  dentifricio s.m. 歯磨き粉

   spazzola s.f. ブラシ specchio s.m. 鏡  como' s.m. 整理ダンス 

  molletta  s.f. ヘアピン (「洗濯ばさみ」という意味でもよく使います)

  corridoio s.m. 廊下  porta s.f. 戸、ドア、扉    scale  s.f.pl  階段 

 

 こうした言葉を押さえたところで、再び文章を読んでみましょう。赤字で記した 「si+動詞」に注意しましょう。

  "A quell'ora, la casa era sempre poco scaldata, ma Elide s'era tutta spogliata, un po' rabbrividendo, e si lavava, nello stanzino da bagno. Dietro veniva lui, piu' con calma, si spogliava e si lavava anche lui, lentamente, si toglieva di dosso la polvere e l'unto dell'officina. Cosi' stando tutti e due intorno allo stesso lavabo, mezzo nudi, un po' intirizziti, ogni tanto dandosi delle spinte, togliendosi di mano il sapone, il dentifricio, e continuando a dire le cose che avevano da dirsi, veniva il momento della confidenza, e alle volte, magari aiutandosi a vicenda a strofinarsi la schiena, s'insinuava una carezza, e si trovavano abbracciati.
Ma tutt'a un tratto Elide: Dio! Che ora e' gia'! e correva a infilarsi il reggicalze, la gonna, tutto in fretta, in piedi, e con la spazzola gia' andava su e giu' per i capelli, e sporgeva il viso allo specchio del como', con le mollette strette tra le labbra. Arturo le veniva dietro, aveva acceso una sigaretta, e la guardava stando in piedi, fumando, e ogni volta pareva un po' impacciato, di dover stare li' senza poter fare nulla. Elide era pronta, infilava il cappotto nel corridoio si davano un bacio, apriva la porta e gia' la si sentiva correre giu' per le scale.
"

  「si+動詞」にはいろいろな用法があります。詳しくは、皆さんがお持ちの参考書、あるいは『イタリア語のABC (初級の方にも分かりやすく、中級・上級の方も復習や参照に利用できるはずです。)の第13課と第14課の137-138ページをご覧ください。

 わたしの方からは、入門者の方ように、びっくりされないように、文法用語を振り回さずに、簡潔に説明しておきます。

1.再帰動詞の再帰的用法(「自分(の体)を〜する」、「自分に対して〜する」)

 朝、「床から起きる、起床する」という意味で、現代最もよく使われる動詞は、辞書(入門から初級までおすすめはこちら )には、alzarsiという不定形で載っています。日本語でも、自動詞の「起きる」に対して、(誰かが誰かを)「起こす」という他動詞がありますよね。イタリア語では、「起きる」という動作は、「自分自身を」(si)「起こす」(alzare)という形で表現します。

 Mi alzo alle sette. / A che ora ti alzi? / Marco si alza alle otto. / Marco e Anna si alzano alle nove.

 ただ、「自分自身を」を表し、辞書には動詞の後にくっついているsiという代名詞は、上に記した例文のように、動詞の主語によって形が変わります。上の文はそれぞれどういう意味でしょうか。これまでのヒントで、入門者の方でも想像できるのではないでしょうか。

 そうです、それぞれ、「わたしは7時に起きます。」、「君は何時に起きるんだい。」、「マルコは8時に起きます。」、「マルコとアンナは9時に起きます」という意味です。 

 こんなふうに「自分自身を(に)」という意味のsiが伴う動詞は、小説中にもいくつかみられます。1文目だけでも、spogliarsi「(自分で自分を脱がせる⇒)[服などを]脱ぐ」、lavarsi「自分の体を洗う」、togliersi「自分の体から取る、払いよける」があり、2文目にはstrofinarsi la schiena「自分の背中をこする、こすって洗う」があり、二つ目の段落の1文目にもinfilarsi「(自分自身を衣服などに差し込む⇒)[衣服などを]身につける」があります。

2.再帰動詞の相互的用法(主語は複数。「互いに〜する」)

 次の文はどういう意味でしょう。si+動詞のこの用法を知らない方も、文脈から推測してみてください。

  [...] nel corridoio (Elide e Arturo) si davano un bacio, [...]

  bacioは「口づけ、キス」という意味で、その複数形がbaciです。このバーチは、ぺルジーナのチョコレートの名前としても有名で、皆さんご存じですよね。知らないという方や、その包み紙に入った愛の言葉でイタリア語を勉強したいという方は、ぜひ次の記事をお読みください。⇒ バーチとアンゴラの意外な関係 http://cuoreverde.exblog.jp/14240217/

 上の文では、エーリデはアルトゥーロに、アルトゥーロはエーリデに「口づけを贈っ」て、つまり互いにキスをし合っています。si+動詞で主語が複数のときは、こんなふうに「互いに〜し合う」という意味を表すことがあります。

 この用法は、たとえば次の文にもいつか見られます。

Cosi' stando tutti e due intorno allo stesso lavabo, mezzo nudi, un po' intirizziti, ogni tanto dandosi delle spinte, togliendosi di mano il sapone, il dentifricio, e continuando a dire le cose che avevano da dirsi, veniva il momento della confidenza, e alle volte, magari aiutandosi a vicenda a strofinarsi la schiena, s'insinuava una carezza, e si trovavano abbracciati.

この文の主語は、青い字で示しているtutti e due 「二人とも」で、ですから複数です。darsi delle spinteは「互いに押し合う」(cf. dare una spinta「押す」)、togliersi di mano il sapone, il dentifricio「互いの手から石けんや歯磨き粉を取り合う」、dirsiは「互いに言い合う」です。aiutandosi a vicendaとある部分は、aiutarsisiを含むので、それだけでも「互いに助け合う、手伝い合う」という意味になりますが、さらに a vicenda 「互いに」という言葉を加えて、そうやって手を貸し合うのはお互いにだということを強調しています。

3.代名動詞あるいは再帰動詞の自動詞的用法 

 一方、accorgersi「[+di](…に)気づく」など、動詞に代名詞のsiが含まれてはいても、siが「自分自身を/に」、「互いに」といった意味を持つわけではなく、siを含む、一つの自動詞に過ぎない場合もあります。『イタリア語のABC』では、こういう場合も再帰動詞とみなし、こうした用法を「自動詞的用法」としていますが、わたしが学んだ多くのイタリアの文法書や、『現代イタリア文法』 では、代名動詞と呼んでいます。

 引用した一つ目の段落の最後に、次のようにあります。

[...] e si trovavano abbracciati.  「気づくと抱き合っていた(ものだ)」

 trovareは皆さん、「見つける」という意味の動詞としてご存じだと思いますが、このtrovarsiは代名動詞で、「([場所に]、(〜という状態に)いる、ある、気がつくと〜にいる、居心地が〜である」など、さまざまな意味で使われています。

4. 動詞の非人称形(『イタリア語のABC』p.133、『現代イタリア文法』 p.190-p.192)

 In questo ristorante si mangia bene. このレストランではおいしく食べられる。このレストランの食事はおいしい。

 こんなふうに、代名詞のsiが、三人称単数動詞の能動態と共に用いられると、主語は、特定のだれかではなくて、漠然と一般の人になります。英語でone、フランス語でonを主語にした文に相当します。

 ただし、トスカーナおよびその近郊では、親しい間で交わす話し言葉で、このsiを用いた動詞の非人称形を、noi「わたしたち」を指すのに使う場合が、よくあります。たとえば、「今夜映画を見に行こうよ、見に行きませんか」と誘うのに、標準イタリア語では、

Stasera andiamo al cinema?

というところを、トスカーナでは、地方独特の表現として、

Stasera si va al cinema?

と言うのだと、大学のイタリア語教育の授業でも学び、伊伊辞典、『Lo Zingarelli』 (私の辞書は古くて2003年版です)にも書かれているのですが、ウンブリアでも、うちの夫や友人など、こんなふうにsiを使った動詞の非人称形をnoi代わりに使う場合も、時々あります。

 と思ったら、規範文法ではなく、実際に使われているイタリア語の文法を解説したLuca Serianni著の『Grammatica italiana』 には、ウンブリアやラッツィオにも見られるとありました。

5. siを用いた受動態(『イタリア語のABC』p.137-p.138、『現代イタリア文法』 p.197)

In Italia non si parla solo l'italiano.            イタリアではイタリア語だけが話されているわけではない。

In Canada si parlano l'inglese e il francese. カナダでは英語とフランス語が話されている。

 こんなふうに、siが他動詞と結びついて、受動態として使われる場合もあります。

 今回の小説の引用箇所では、最後の文に、こうあります。

[...] gia' la si sentiva correre giu' per le scale. もう彼女が階段を駆け下りていくのが聞こえた。

 

 以上、学んだことを念頭に置いて、もう一度本文を読んでみてください。青い字で記した部分の語注も参考にしてください。

"A quell'ora, la casa era sempre poco scaldata, ma Elide s'era tutta spogliata, un po' rabbrividendo, e si lavava, nello stanzino da bagno. Dietro veniva lui, piu' con calma, si spogliava e si lavava anche lui, lentamente, si toglieva di dosso la polvere e l'unto dell'officina. Cosi' stando tutti e due intorno allo stesso lavabo, mezzo nudi, un po' intirizziti, ogni tanto dandosi delle spinte, togliendosi di mano il sapone, il dentifricio, e continuando a dire le cose che avevano da dirsi, veniva il momento della confidenza, e alle volte, magari aiutandosi a vicenda a strofinarsi la schiena, s'insinuava una carezza, e si trovavano abbracciati.
Ma tutt'a un tratto Elide: Dio! Che ora e' gia'! e correva a infilarsi il reggicalze, la gonna, tutto in fretta, in piedi, e con la spazzola gia' andava su e giu' per i capelli, e sporgeva il viso allo specchio del como', con le mollette strette tra le labbra. Arturo le veniva dietro, aveva acceso una sigaretta, e la guardava stando in piedi, fumando, e ogni volta pareva un po' impacciato, di dover stare li' senza poter fare nulla. Elide era pronta, infilava il cappotto nel corridoio si davano un bacio, apriva la porta e gia' la si sentiva correre giu' per le scale.
"

rabbrividire vi. 悪寒がする:ぞくぞくする  dosso s.m. 身体、体  officina s.f. 工場 intirizzire vi. (寒さに)凍える confidenza s.f. 親密さ、親交  magari adv. もしかしたら、ことによると insinuarsi v.rifl. o vi.pron.(再帰動詞あるいは代名動詞) 忍び込む;徐々に入り込む carezza s.f. 愛撫、軽く[優しく]触ること abbracciare vt. 抱きしめる、抱擁する tutt'a un tratto いきなり、突然  Dio! (間投詞またはその一部として、驚き、不快感、困惑などを表す)何と! correre a +inf. 急いで…する   reggicalze s.m. ガーターベルト  in fretta 急いで、あわてて  guardare vt. (じっと)見る、眺める;見つめる   impacciato agg. (pp.) ぎこちない、落ち着かない、困惑した  cappotto s.m. コート、外套

*この語注の語義は、小学館の『伊和中辞典』(入門から上級まで、伊和辞典はこの1冊で十分。詳しくは、第8号、http://www.geocities.jp/naoko_ishii/vol8.13_5_2009.html)から借用しました。

 それでは、全文を訳してみますね。

「その時間帯は決まって、家ではまだ暖房がほとんど入っていなかった。けれども、エーリデはすべての服を脱ぎ去り、寒さに少し震えながら、小さな浴室で体を洗った。続いてアルトゥーロも、妻と比べて落ち着いた様子でやって来て、彼もまたゆっくりと自分の体を洗い、工場のほこりと油を体からぬぐい去った。こんなふうに二人ともが、同じ洗面台の近くにいて、半裸で少し寒さに凍えながら、時々互いを押しやり合い、互いの手から石けんや歯磨き粉を取り合い、互いに言わんとすることを言い続けるうちに、親密な瞬間が訪れ、時には、互いの背中を洗うのに手を貸すうちに、優しく触れ合うようになり、気がつくと互いの腕の中に抱かれていた。

けれども突然にエーリデが、「あら、もうこんな時間!」と叫んだかと思うと、慌ててガーターベルトとスカートをはき、大急ぎで立ったまま、すぐにブラシを髪に上下に走らせ、唇の間に細いヘアピンをはさんで、顔を整理ダンスの鏡の前に突き出した。アルトゥーロはエーリデのあとについて来て、すでに煙草に火をつけていた。立ったまま煙草を吸いながら妻を眺め、その顔は時に、何もすることができずに、ただそこにいることに少し困惑しているかのように見えた。準備ができたエーリデは、廊下でコートを着、キスを交わしてドアを開けたかと思うと、もう階段を駆け下りていく足音が聞こえていた。(「 」内は石井訳)

 これまでと同様、今回も、続きに興味のある方は、上のリンクから、続きを読んだり聴いたりしてみてください。内容が分かったところで、音声朗読のこの文章に該当する部分を何度か文字を追いながら聴き、後について発音やイントネーションを上手に真似ながら何度も読んでみると、とてもいい勉強になります。

 イタロ・カルヴィーノの作品には長編にもいいものが多いのですが、今回この小説に興味を持ち、全文を読んでだいたい分かったという方は、この小説を収録する作品集を読んでみてください。

-Amazon.it - Italo Calvino, "Gli amori difficili"  

 この作品集は語彙が難しくてとっつきにくい点もあるので、最初の1冊としては、わたしはむしろ、ユーモアたっぷりに描かれ、それぞれの話の短い次の作品をお勧めします。

- Amazon.it - Italo Calvino, "Marcovaldo"

 

2.健康とピザと野菜スープ 

   

  passatoと聞くと、すぐに「過去」を思い浮かべる方も多いかと思いますが、イタリア語のpassatoという言葉には、「(野菜などを裏ごしした)スープ、ポタージュ」という意味もあります。passatoの持つこの二つの意味を使って、ジョルジョ・チェルクエッティ(中央の写真の左手)が、こんなおもしろいことを言っています。

   L’unico passato che fa bene alla salute e il passato di verdure.”

 「なるほど、うまいことを言うものだなあ。」と、わたしはひどく感心したのですが、皆さん、どういう意味か、お分かりになりますか。

 では、ヒントです。

 fare bene alla salute 健康によい   verdure f.s.pl  野菜

  文の意味がだいたいお分かりでしょうか。日本語訳と解説は、次のブログの記事にあります。

・Passato  http://cuoreverde.exblog.jp/23211815/

* 記事がいいなと思ったら、励みになりますので、二つのブログランキングへの応援クリックをお願いします。クリックすると、イタリア情報を語ったブログの一覧表が現れます。

 では、「健康に悪い、害がある」は、イタリア語で何と言うでしょう。

 答えは、fare male alla saluteです。

 さて、先月、社会問題を掘り下げるイタリアの情報番組、『Report』で、イタリア人に愛されるピザの衛生と食の安全を特集していました。

 この番組によると、本来作るべきように作れば、健康食品であるはずのピザが、儲けばかりを追求する店があるために、健康を害するものになってしまっている場合が多々あるということです。では、どういうピザやピザ屋が健康を害するのか。詳しくは次のブログの記事を参考にしてください。

・ピザと食の衛生・安全  http://cuoreverde.exblog.jp/23074386/

 次のリンク先には、そのピザに関する報道(約57分)へのリンクがあり、その下に、番組の内容がイタリア語で簡潔に説明されています。リンク先の映像は、イタリアに住んでいる方以外は見ることができないと思うのですが、番組で話されている内容は、すべてページ下にPDFで書き起こされていて、このPDFは、イタリア国外にお住まいの方でもご覧になれるのではないかと思います。

 http://www.report.rai.it/dl/Report/puntata/ContentItem-f9952f0e-1a7e-4362-b3d3-5033eb1d24ed.html

 

3.カッシャのサフラン祭り、ペルージャのチョコレート祭り・死者の市

 今年の秋も、ペルージャのチョコレート祭りをはじめ、ウンブリアでは、トリュフ、サフラン、オリーブオイル、ワインなど、さまざまな秋の実りを祝い、商う祭典が、各地で催されています。

     

 今年はカッシャのサフラン祭りを訪ねたのですが、実は8月にもサフランを栽培する農場を訪ねて、サフランの植え方や収穫の仕方、レシピなどを教わっています。今年は、チッタ・ディ・カステッロやペルージャのチョコレート祭りに加えて、中世からの長い歴史のある死者の市を、ペルージャの中心街で楽しみました。 興味のある方は、ぜひ次の記事をご覧ください。

・サフラン祭りのカッシャへ            http://cuoreverde.exblog.jp/23217116/

・サフランとハーブ、ウンブリアで食農体験1  http://cuoreverde.exblog.jp/22717351/

一味違うチョコ祭り、AltroCioccolato      http://cuoreverde.exblog.jp/23104041/

チョコレート祭り、ペルージャ2014        http://cuoreverde.exblog.jp/23168929/

・死者の市、ペルージャ2014            http://cuoreverde.exblog.jp/23232977/

 * 記事がいいなと思ったら、励みになりますので、二つのブログランキングへの応援クリックをお願いします。クリックすると、イタリア情報を語ったブログの一覧表が現れます。

 実りの秋、学問の秋、スポーツの秋。皆さんはいかがお過ごしですか。日本でも各地で台風の災害が多かったと聞き、被害に遭われた皆さんが今は平常の生活を取り戻されていることを祈っています。イタリアでも今週半ばから天気が崩れ、イタリア中部・北部で大雨が洪水・土砂崩れなどのための災害が発生しています。旅行や留学を計画されている方、あるいはお住まいの方は、どうかニュースなどの情報や天気予報に注意してください。イタリアの比較的正確な天気予報のへのリンクはこちらにあります。  http://www.geocities.jp/naoko_ishii/meteo_italia

 わたしは9月下旬から10月初めにかけて、2週間弱ではありますが、サンティアーゴ・デ・コンポステーラを目指して歩きました。日数が足りず、サンティアーゴには歩いては到着できず、またいつか巡礼の続きをしたいとは思っているのですが、すてきな出会いもあり、また、いい思い出ができました。巡礼中に、最初の3行がイタリア語で書かれたこんな道しるべを見つけました。

 

   「よい巡礼(歩み)を。恐れることは、何もありませんよ。」
 
  ちょうど暗い森の中を一人で歩いているときに出会ったので、とても励まされました。 この道しるべの言葉は、単に巡礼だけではなく、人生の歩み(cammino)に対する励ましの言葉ととらえることもできます。
 
  このスペイン巡礼のために、フランス語学習を中断して、スペイン語をかじったり、巡礼の前後の仕事が慌しくなったりしたこともあり、メルマガが3か月ぶりの発行になってしまったことを、深くおわびいたします。最近すっかり発行が滞ってしまったメルマガのご愛読、本当にありがとうございます。
 それでは皆さん、どうか、"Buon cammino e niente paura."
 

  このメルマガの著作権は石井に帰属します。引用・転載を希望される方はご連絡ください。

  バックナンバーはこちらのホームページからご覧になれます。http://www.kitsunenomado.com

-----------------------------------------------------------------
メールマガジン 「もっと知りたい! イタリアの言葉と文化」

発行者      石井直子

登録・解除    http://www.mag2.com/m/0000280229.html

⇒ メルマガ予約(無料)   バックナンバー参照   ブログ「なおこの絵日記」  ホームページへ戻る   おすすめのイタリア映画