⇒ メルマガ予約(無料)    ブログ「なおこの絵日記」   ホームページへ戻る   おすすめのイタリア映画

  

                      もっと知りたい! イタリアの言葉と文化

             

   第33号 「店・職業を表す言葉、“L’anno che verra”(Lucio Dalla)」                                                                     

                                               2009年12月31日


---今号の目次----------------------------------------------------------------

1.Tabaccheria、店・職業を表すイタリア語

2.イタリア語の歌 − Lucio Dalla, “L’anno che verra”

-----------------------------------------------------------------------------

  

1.Tabaccheria、店・職業を表すイタリア語

 遅ればせに年賀状を送ろうとtabaccheriaで切手(francobollo)を買いました。tabaccheriatabacco「タバコ」という単語から派生した言葉で、直訳すると「タバコ屋」ですが、他にもいろいろな品物を売っています。切手、収入印紙(marca da bollo)、塩、文房具やアメ・ガム・チョコレートなどが置いてあるほかに、宝くじ(lotteria)やそれに準ずるものもいろいろ販売しています。私が店にいて、購入した切手を封筒に貼っている間にも、宝くじを買いに来た人や当たり番号を確認しに来た人が何人かいました。切手は郵便局でも売っているのですが、長い列に延々と並ぶのを避けるため、私はできるだけtabaccheriaで買うことにしています。ちなみに、tabaccheriaの目印は、青地に白いTの字です。

 私の封筒を見て、宛先が日本であることを見たtabaccaiotabaccheriaの主人)が興味を持って話しかけてきました。おしゃべりしているうちに、息子さんがペルージャ外国人大学に通っていて、交換留学で2度日本に留学した経験があるということが分かりました。地球規模化(globalizzazione)によって、世間がますます狭くなっていることをつくづく感じました。

 さて、タバコ屋の話が出たついでに、クイズです。次の店ではそれぞれ何を売っているか分かりますか。イタリア語と日本語の両方で答えてください。ヒントは単語tabacco「タバコ」とtabaccheria「タバコを売る店・タバコ屋」、tabaccaio「タバコ屋の主人」の派生関係と後の2語で使われている接尾辞です。

(1) libreria    (2) gioielleria   (3) biglietteria  

(4) farmacia   (5) pizzeria      (6) panetteria      (7) fioraio/fiorista

 答えは以下のとおりです。

(1) libro               (2) gioiello 宝石   (3) biglietto 切符、入場券 

(4) farmaco/medicina 薬 (5) pizza    ピザ  (6) pane     パン            (7) fiore  

  上の文章を読んで、店・店の主人を表す接尾辞がそれぞれ-eria-aioだと推測できた方は、(6)以外は問題なく解けたのではないかと思います (6)について、ペルージャでは「パン屋」をfornoと呼ぶことの方が多いようです。(7)fioraiofioristaは、いずれも「花を売る店・花を売る人」の両方の意味で使われます。fioreria「花を売る店」という単語も存在はしますが、伊伊辞典にはraro「めったに使われない」と書かれています。

 こうした接尾辞は単語を見て意味を推測するには役立つのですが、いつでも商品名に-eria-aioをつけると店や店の主人を表す単語になるとは限りませんので注意してください。たとえば、靴(scarpe、女性名詞・複数形)を売る店はcalzoleriaですし、肉(carne)を売る店はmacelleria、「肉屋の主人」はmacellaioです。先の問題でも、それぞれの店の主人や仕事にあたる人物はlibraio, gioielliere, bigliettaio, farmacista, pizzaiolo, panettiere/fornaio, fioraio/fioristaです。このように、店の主人や店で働く人を表す接尾辞には-aioの他にも、-iere, -ista, -aioloなどがあります。

 ギリシャ語起源の接尾辞-istaは、一般に職業に従事する人を表す名詞としてよく使われます。この接尾辞は英語では-istとなります。artist, journalist, pianist, stylistという英単語は、日本語にも外来語として入ってきていますので、皆さんもご存じでしょう。これらは、イタリア語ではそれぞれartista, giornalista, pianista, stilistaとなります。-istaと、語末が-aになっていますが、「芸術家」は男性であろうと女性であると一人ならばartistaで同形です。複数形はそれぞれartisti, artisteとなりますので注意してください。この言葉に限らず、ギリシャ語起源の名詞では-aで終わるのに男性名詞であるものがあるので注意が必要です。語末が-aの男性名詞で、よく使われる単語にはproblema 「問題」、programma「計画」、tema 「主題」、clima「気候」などがあります。英語では、それぞれproblem, programme (program), theme, climeであり、これらの単語は同じギリシャ語の単語を起源としているために、イタリア語と英語の語形が非常に似通っています。  

 「店」を表す一般的な単語は、negozio(男性名詞)です。たとえば、眼鏡(occhiali男性名詞・複数形)を売る店は(negozio di) ottica、洋装店はnegozio di abbigliamentoです。日本語では、本屋・薬局・花屋などさまざまな商店を、大ざっぱに「店」という言葉で言い表すことができます。イタリア語でもこうしたすべての店をそれぞれnegozio (男性名詞)と呼んだり、概括してnegozinegozioの複数形)と言ったりすることができます。

 こんなふうに接尾辞や接頭辞の知識が少しあると、単語を覚えたり、知らない単語に出会ったときに意味を推測するのに大変便利です。言いたいことがあるのに、イタリア語でどう言っていいのか分からない、というときも、こういう接尾辞の知識を駆使して単語をでっちあげてみると、実はその単語が存在していたり、存在しない言葉であっても相手がこちらの言わんとすることを分かってくれたりするものです。

 これからイタリア語を学習していく際には、こういった接尾辞・接頭辞にも注意してみてください。なりは小さくても、大きな助っ人になってくれることが度々あるはずです。

2.イタリア語の歌 − Lucio Dalla, “L’anno che verra”

 まずは次のリンク先から、歌を聞いてみましょう。後の二つの質問を先に読んで、質問に答えられるように、よく耳を傾けてください。

Lucio Dalla - Caro amico ti scrivo

http://www.youtube.com/watch?v=Y8HfQ7C8NFQ

(1) 誰に対して、どんなコミュニケーション手段を使って語りかけていますか。

(2) 主に何について語っていますか。

 さて、お分かりになりましたか。難しいという方は、次のリンク先の歌詞を見ながらもう1度聞いて考えてみてください。

L’anno che verra - Lucio Dalla

http://www.italianissima.net/testi/lannoche.htm

 では、答えを考えるために、まず冒頭部分を見てみましょう。

Caro amico ti scrivo cosi mi distraggo un po'
e siccome sei molto lontano piu forte ti scrivero.

 caroという形容詞は「親愛な」、「(値段が)高い」という意味でよく使われます。英語で手紙をDear ...「親愛なる〜へ」と書き始めるように、イタリア語でもこの単語を使って、Caro Francesco「親愛なるフランチェスコへ」、Cara Chiara「親愛なるキアーラへ」とするのが手紙の一般的な書き出しです。(caroは形容詞なので、相手が男性か女性かによって語形が変わります。)amicoは「(男性の)友人」ですから、語りかけている相手は(親しい)友人であることが分かります。

 ti scrivoについて、このように動詞scrivereは、lettera「手紙」という目的語を伴わなくても、「手紙を書く」という意味を表すことがあります。-oは動詞の現在形で主語が「私」の場合の活用語尾です。ですから、(1)の答えは「(親しい男性の)友人に対して、手紙で語りかけている」となります。

 最初の5行を訳してみますね。

Caro amico ti scrivo cosi mi distraggo un po'
e siccome sei molto lontano piu forte ti scrivero.

Da quando sei partito c'e una grossa novita,
l'anno vecchio e finito ormai
ma qualcosa ancora qui non va.

「親愛なる友よ。君に手紙を書いて、少し気を紛らわせるつもりだ。

君はとても遠くにいるから、いっそう力強く書くつもりだ。

君が去ってから、大きなニュースがある。

古い年はもはや終わったといえるが、

ここではまだ何かがうまく行かない。」(「 」内は石井訳。以下も同様)

 2行目のpiu forte ti scriveroについて、副詞forteは、「力強く、たくさん、大声で、速く」といった意味です。夫に言わせると、よくforte という言葉と共に使う動詞はparlare 「話す」であり、「ここでは、手紙だけれど話すように書いているから、こんなふうに表現している」ということです。parlare forteは「大声で話す」という意味でよく使われる表現です。この場合のforte ad alta voceと言い換えることもできます。遠くにいる相手には大声で話しかける必要がありますよね。私はよく義父に“Parla piu forte! ”(もっと大声で[力強く]話しなさい)と言われます。義父の耳が遠いからなのですが、会話の際の声の音量が日本文化ではイタリア文化に比べるとかなり小さいからでもあります。

 最後の行が訳しにくいのですが、vaは動詞andareの直接法現在、主語が3人称単数のときの活用形です。andareは「行く」を意味するほかに、人の健康や調子・物事・事業の進行状態などを主語にして、その様子を表す用法があります。「調子はどうだい」と人の健康や物事の進行具合を尋ねるには、“Come va? ”と聞くことができます。「大丈夫、OK」をタリア語では“Va bene.”(直訳は「うまく行っている」)と言います。(英語からの外来語を使って、OKと言うこともよくあります。)小学館の『伊和中辞典』には“Il mio orologio non va.”「私の時計は動かない」という例文がありますが、non vaという表現は、「物事があるべき状態ではなく、うまく行かない」ことを意味します。

 具体的に何がうまく行っていないかについては、歌詞の6〜10行目に説明されています。

 漢詩や文章の構成で「起承転結」と言いますが、この「転」に当たる大きな変換点が、この歌詞では11行目から始まります。

Ma la televisione ha detto che il nuovo anno
portera una trasformazione
e tutti quanti stiamo gia aspettando

「けれど、テレビが

新年は変化をもたらすだろうと言っていた。

だから、誰もかれもが皆(その変化を)待ちわびているところだ。」

 このtrasformazione「変化」の内容もこれまた、14行目から25行目にわたって、具体的な例を挙げて詳しく説明しています。

 その具体例を前半だけ訳してみます。

sara tre volte Natale e festa tutto il giorno,
ogni Cristo scendera dalla croce
anche gli uccelli faranno ritorno.

Ci sara da mangiare e luce tutto l'anno,
anche i muti potranno parlare
mentre i sordi gia lo fanno.

「クリスマスの日が3度あり、1日中お祭り騒ぎとなるだろう。

すべての(十字架の)キリストが十字架から降りるだろう。

鳥たちも戻ってくるだろう。

食べるものと日光が1年中あることだろう。

口がきけない人々も話すことができるようになるだろう。

耳の不自由な人たちはすでに話すことができるのだけれどね。」

 

 奇想天外なありえそうもないことばかり並べてあるのがお分かりかと思います。こうした奇抜な「新年に訪れるあろう変化」を並べ立てたあと、けれど20行目から、は次のように歌っています。

vedi caro amico cosa si deve inventare
per poterci ridere sopra,
per continuare a sperare.

「分かるかい、親愛なる友よ。

笑い飛ばすために、希望を持ち続けるために、

どんなことをでっち上げなければならないことか。」

 イタリア語を教える友人は、「重大な事件が相次いで、人々が衝撃を受けた暗い時代に書かれた作品で、そういった危機的な状況を乗り越えるためにも、歌を通して人々に希望を与えようとしている」と言います。 一方、私の夫は「世の中には意気を失わせるようなことも多いけれども、その中で笑いながら前を向いて進もうとしている」と解釈しています。

 歌の最終行を見てみましょう。

E se quest'anno poi passasse in un istante,
vedi amico mio
come diventa importante
che in questo istante ci sia anch'io.

L'anno che sta arrivando tra un anno passera
io mi sto preparando e questa la novita

「もし今年が一瞬のうちに過ぎ去るとしたら―

分かってくれるだろうか、我が友よ―

この一瞬にぼく自身もいるということが

どんなに大切になることか。

訪れようとしている年は1年後には去っていくだろう。

ぼくはその準備をしている、そしてこれが(冒頭で述べた)ニュースなんだ。」

 過ぎた年や社会に思いを寄せるとき、「2009年は」、「2010年は」、「イタリア社会は」、「日本社会は」と大構えに捉えると、何だか抽象的で第三者として時代や世の中を眺めることになるのですが、実は私たち自身もこうした時代や社会の一員として関わっているわけです。

 他人事でなく、自分自身に大きく関わるもの、自分たちで少しでも変えられるものとして時代・社会をとらえ、この一瞬(questo istanteを大切にして、懸命に生きていけたら。日本語でも、もともと茶道の精神を表す言葉ですが「一期一会」と言います。イタリア語でなら、Cogli l’attimo!(機会をつかめ、いまを生きろ)。

 1年後に(tra un anno)、新年が過ぎ去ってしまうときに、「今年はこれまでと違って(あるいはこれまでの努力を継続して)、こんなことができた。」と、満足しながら1年を振り返れるような、そんな毎日が送れたらと思います。

 歌の題名、L’anno che verraverraは、動詞venire「来る」の直接法未来で主語が3人称単数のときの活用形です。この述語動詞の主語はl’anno「年」ですから、題名を訳すと「来る年、訪れようとする年」となります。この歌では、特に1125行目の来年訪れうる変化を述べている部分で、イタリア語の未来形(直接法未来)が頻出していますから、直接法未来を学習中の方には、いい学習教材になると思います。

 Lucio Dallaは冒険心とサービス精神が旺盛で、同じ歌でも様々に編曲して、多種多様な歌い方や演奏に挑戦する歌手です。この歌についてもYouTube上で、テレビ番組・コンサートなどでの様々な編曲や歌い方を楽しめます。ただし、一言一言がはっきり発音されていて、一番聞き取りやすいのは最初にご紹介したリンク先の映像だと思います。

 Lucio Dallaが歌っているところは次のライブ映像で視聴可能です。

L’anno che verra - Lucio Dalla (live, ottobre 2007)

http://www.youtube.com/watch?v=zScwHWMp2Rc

 Lucio Dallaの歌は、曲調や発声・内容などが千差万別です。私が好きな歌はCarusoPiazza GrandeA modo mio3/4/1943などです。メルマガでも少しずつご紹介していきたいと思いますが、YouTubeのサイト上で歌手名・曲名を入力して検索すれば、歌の映像がいくつか見つかると思いますので、興味のある方は歌を聞いてみてください。

 アルバムは数多くありますが、以下のものがおすすめです。同じアルバムを扱っている複数のページのうち、現在最も安い値段で提供しているものを選んでいます。

Lucio Dalla - Caro Amico Ti Scrivo (米からの輸入盤)

http://www.amazon.co.jp/dp/B00006RT5E/ref=nosim/?tag=uchiko2001-22

Lucio Dalla - Dalla Americaruso (ライブ録音、英からの輸入盤)

http://www.amazon.co.jp/dp/B000006XZM/ref=nosim/?tag=uchiko2001-22

 イタリアでは大晦日の夜は友人などと大勢でレストランや誰かの家に集って、ごちそうを楽しく食べておしゃべりしながら、新年の訪れを待ち、カウントダウンと共に、乾杯をして祝いのあいさつや頬へのキスを交わしあうのが通例です。外では花火がいくつも打ち上げられたりもするため、除夜の鐘で年を締めくくり、初詣で新年を迎える日本とはかなり雰囲気が異なります。

 大晦日の晩に、日本なら年越しそばを食べるところを(食べたくて仕方がないので、残念です。)、イタリアではlenticchie(「ヒラマメ」、女性名詞・複数形。単数形はlenticchia)のスープをzampone(「豚の前足の皮に挽肉と脂身を詰めた食品」。定義は小学館『伊和中辞典』から借用)と共に食べるのが慣習となっています。lenticchieを食べるのは小さくて平たい豆粒をお金に見立てて、「裕福になれますように」という願いを込めてだとのことです。

 では、皆さん、よいお年をお迎えくださいね。

  このメルマガの著作権は石井に帰属します。引用・転載を希望される方はご連絡ください。

  バックナンバーはこちらのホームページからご覧になれます。http://www.kitsunenomado.com

(HPでは、アポストロフィで代用せずに、イタリア語のアクセント記号つきの母音をそのまま使って表記しています。)

-----------------------------------------------------------------
メールマガジン 「もっと知りたい! イタリアの言葉と文化」

発行者      石井直子

登録・解除    http://www.mag2.com/m/0000280229.html

 ⇒ メルマガ予約(無料)    ブログ「なおこの絵日記」   ホームページへ戻る   おすすめのイタリア映画