⇒ メルマガ予約(無料)    ブログ「なおこの絵日記」   ホームページへ戻る   おすすめのイタリア映画

  

                      もっと知りたい! イタリアの言葉と文化

             

            第31号 「ブルスケッタ、小旅行 その1(Tivoli)」                                                                     

                                               2009年12月21日


---今号の目次----------------------------------------------------------------

1.ペルージャの11月〜新しいオリーブ・オイルとブルスケッタ

2.小旅行の贈り物 その1(Tivoli)

-----------------------------------------------------------------------------

 はじめに

 最近ペルージャではひどく寒い日が続いていたのですが、19日の朝目を覚まして窓を開けると、辺り一面すっかり雪に覆われていました。北部では積雪のため、便をキャンセルする空港も幾つかあるようです。今回の原稿については、サイト上に写真をふんだんに添えてあります。  

1.ペルージャの11月〜新しいオリーブ・オイルとブルスケッタ

 

 我が家のオリーブ園(oliveto)は二つあって、私たちが住む家の周囲にあるオリーブの木々の他に、ペルージャ郊外のMigiana di Monte Tezioにも数十本のオリーブの木があります。左の写真はこのMigianaのオリーブ園を撮影したものです。11月半ばには、ペルージャでもこうした美しい紅葉を見ることができました。

            

   ミジャーナのオリーブ園と紅葉        庭のオリーブを収穫する夫          ブルスケッタ

 我が家では、義父母が中心になって11月に収穫するオリーブの実を毎年近所の搾油場(frantoio)に持ち込んでいます。我が家で収穫するオリーブは少量であるため(といっても毎年優に100kgを超えるのですが)、搾油は自家生産のオリーブを持ち込む他の人のオリーブと共に行われます。搾油場の使用料は、そうして取れたオリーブ・オイルまたは金銭で支払うのですが、今年はオリーブの収穫量が少なかったため、使用量を金銭で支払ったとのことです。

 もともとウンブリア州のオリーブ・オイルは、ラッツィオ州などのさらっとしたものに比べて、とろりとしている上に重厚な味わいがあるのが特徴です。さらに、新しい搾りたてのオリーブ・オイルには、ピリッとした独特の辛味があって、毎年うちの夫とその家族は、搾りたてのオリーブ・オイルでブルスケッタ(bruschetta)を食べるのを大変楽しみにしています。

 ウンブリアやトスカーナのパンには基本的に塩分がありません。こういうパンはパン屋ではpane toscano(トスカーナのパン)という名前で売られていることが多いのですが、ブルスケッタを作る作業はまずこのpane toscanoをナイフで何片か1cmほどの厚さに切るところから始まります。熱々のものがおいしいので、たいていは人数分だけ(たとえば我が家であれば二切れ)をオーブン(forno)に入れてトーストし、両面がこんがりとキツネ色になって、カリカリに(crocccante)焼き上がったところでオーブンから取り出します。パンをトーストしている間に、ニンニク(aglio)を一かけ用意し、半分に切って皮をむきます。パンをオーブンから出してすぐに、このニンニクをパンの上にすりつけて皿の上に置き、まずは塩を適量ふりかけ、そのあとでオリーブ・オイルをお好みの量だけパンの上に回しかけます。こうすると、熱々のカリッとしたパンにニンニクがほどよい風味をつけ、オリーブ・オイルのまろやかなおいしさを十分に味わって食べることができます。新鮮なオリーブ・オイルを味わう最もよい方法として、うちの夫は最近よくブルスケッタを食べたがります。

 レストランでは、このブルスケッタの上に、さいの目切りしたトマトなどを盛ったものを、前菜としてメニューに載せていたりします。我が家では最初にご説明した簡素なブルスケッタを食べることが多いのですが、カリフラワー(cavolfiore)をゆでて細かく刻み、塩・こしょうとオリーブ・オイルで味つけしたものを、載せて食べることもあります。つい最近、ブルスケッタの上に、すりおろしたパルメザンチーズ(formaggio parmigiano-reggiano)と細かく刻んだルーコラ(rucola)を散らして食べたのですが、これもなかなかおいしかったです。(右の写真は、基本の簡素なブルスケッタとパルメザン・チーズとルーコラを上に散らしたものを並べて撮影したものです。)

2.小旅行の贈り物 その1(Tivoli

 

 今年の私の誕生日には、夫がローマ郊外にあるTivoliの町への小旅行を贈って祝ってくれました。誕生日が12月4日で、今年は5・6日が土日にあたっており、しかもイタリアでは12月8日が祝日です。ウンブリア州庁で働く夫の職場では、州庁が7日の月曜日に閉鎖されたため、職員全員が1日有給休暇を取ることとなり、12月5日から8日までが連休となったからでもあります。

 12月4日金曜日の夕方に、土砂降りのペルージャを後にして、夫の車でTivoliへと向かいました。自然や庭園の大好きな夫と二人で、以前から一度ティーヴォリのVilla d’Esteを訪ねてみたいと考えていました。

 

(1) Villa d’Este

 翌日5日の朝から訪れたVilla d’Esteは想像していた以上に美しい場所でした。緑に囲まれた広い庭園のあちこちに美しい噴水があるのですが、中でもオルガンの噴水(la Fontana dell’Organo)とネプトゥヌスの噴水(la Fontana di Nettuno)の見事さには息を飲みました。

          

オルガンの噴水とネプトゥヌスの噴水  オルガンの噴水前から庭園を一望       百の噴水  

 左の写真で、後方にあるのがBernini1661年に完成させたオルガンの噴水です。壮麗な彫刻に囲まれたこの噴水の壁面の中央、アーチの下の扉の中にはオルガンがあり、2時間置きにこのオルガンを隠した扉が開いて、オルガンの演奏を4曲楽しむことができます。オルガンの噴水のすぐ周囲には、さまざまな趣向を凝らした噴水がたくさん配置されているのですが、中でも直前(左の写真、前方)にあるネプトゥヌスの噴水は規模も大きく、巧妙に配置された大小の噴水が空高く水を吹き上げる上に、その水があちこちから滝水のように美しく流れ落ちるように工夫されていて、圧巻でした。オルガンの噴水前のテラスでは、下方のネプトゥヌスの噴水から吹き上げる巨大な噴水の間から、広い庭園を見晴らすことができます。(中央の写真)私たちが訪れたときは絶好の好天気だったので、吹き上がる噴水の中ほどに虹がかかっているのを見ることができました。

 百の噴水(Le Cento Fontane)は、広大な屋敷と並行に走る小道に沿って無数の小さな噴水をあしらったものです。(右の写真)この長い小道は両端を美しい巨大な噴水に囲まれています。写真では、小道の後方に楕円の噴水(la Fontana dell’Ovato)の一部を、ごく小さくですが垣間見ることができます。この小さな噴水も、孔雀の羽をかたどったものや細い水が吹き上げてアーチを作るもの、動物の口から水が流れ落ちるものなどがあり、さまざまな趣向が凝らされています。

 広大な庭園内の噴水や見晴らしもすばらしいのですが、屋敷の中も壁・天井のすべてが多様な壁画で覆われていて興味深かったです。風景や聖人、神話上の人物などを題材にした美しい壁画が多いのですが、中には、時に「狩りの部屋」(la Stanza della Caccia)のように動物愛好家には残忍に思われる壁画で覆われた部屋もありました。

 このVilla d'Esteの公式サイトには、「ヴィッラ・デステは、イタリア式庭園の傑作で、ユネスコ世界遺産の目録にその名を連ね……」と、その概要が説明されています。16世紀に枢機卿Ippolito II d’Esteが構想し、改築にあたったこの見事な邸宅と庭園を訪れてみたいとお考えの方は、公式サイトの以下のページに訪問に必要な情報(料金、休館日、開館時間など)がイタリア語・英語で書かれていますので参考にしてください。

Villa d'Este - Info & Servizi  http://www.villadestetivoli.info/servizi.htm

 

(2) ティーヴォリの町

 Villa d’Esteを訪れた帰り道は、Tivoliの中心街の散歩を楽しみました。Tivoliはローマよりも古くに築かれた歴史のある町で、様々な時代に建てられた教会や住宅、古代の遺跡を見ることができます。

             

           Piazza Campitelli                  casa gotica (Via Campitelli)             Tempio di Vesta e Sibilla

  独特の風景が印象に残ったのはPiazza Campitelliです。(左の写真)この広場には4世紀に建築され、後に何度も改築された教会Chiesa di San Pietro della Caritaがあります。外観は中世の教会に見えるこの教会のわきにある小道を歩いて行くと、Via Campitelliという通りに行き当たります。この通りは、Tivoliの最も典型的な通りで、中世後期建築の住居が随所に見られます。中でも、最も美しいとされているのはcasa gotica(ゴシック様式の家)と呼ばれている住居で、アーチの上にテラスがあり、外部からテラスに上れる階段があるのが特徴だとのことです。(中央の写真)

 Tivoliには、他にも自然に囲まれ壮大な滝の美しいVilla Gregorianaがあります。残念ながら、冬は予約をしてガイドに伴われてでなければ観光できないということだったのですが、その入り口にある紀元前の神殿の遺跡(Tempio di Vesta e Sibilla)は訪れることができました。(右の写真)

(3) Villa Adriana

 2日目はTivoliの町の郊外にあるVilla Adriana(ハドリアヌス帝の別荘)を訪れました。この別荘も、ユネスコ世界遺産に指定されています。ローマ帝国の皇帝、ハドリアヌス帝(l’imperatore Adriano)が紀元2世紀に築き上げた別荘(villa)は、120ヘクタールにわたる広大な敷地のあちこちに、神殿や劇場、生活や休養に必要な大がかりな建築物があるという壮大なものです。

          

              Villa dell'Isola                               Canopo                         Grandi Terme(大浴場)

 私が特に美しいと思ったのは島の別荘(Villa dell’Isola)とカノプス(Canopo)です。(左・中央の写真)この二つは、鏡のように周囲の景色を映し出す水の周囲をギリシャ風の円柱が取り囲んでいる点が共通しています。島の別荘では、円形の島の周囲に水をたたえた堀が円形に張り巡らされ、その周りをさらにやはり円形の外壁が取り囲んでいます。ハドリアヌス帝が一人になってゆっくり心を落ち着けたいときのための場所ということなのですが、見ているだけで平安な気持ちになれるような、それは美しい場所です。

 巨大な建築物があちこちにあり、当時は美しいモザイク模様で飾られていたであろう床のそのモザイクの一部がところどころにまだ残っています。かつての皇帝の権力の強大さを思わせる建築物の多くは、今は廃墟と化しているのですが、中には保存状態のよいものもあり、歴史や遺跡の好きな方にはうってつけの場所だと思います。数多い遺跡の中でも私の興味を引いたのは、大小の様々な浴場(terme)です。遺跡の前には、当時の浴場の構造や湯を温めるための技術なども詳しく説明されていました。(右の写真)

(4) ティーヴォリの宿と食

 私たちが泊まったのはil Piccolo BoscoというTivoliの町外れにあるB&Bです。3連泊するからというので、一番大きい部屋に泊まることができました。

               

      私たちが泊まった部屋           パオラと、B&Bの入り口で      レストラン、Laghi dei Realiでの夕食

 宿の世話一切をしてくれたPaolaはとても気さくで親切な女性で、朝はイタリア式の甘い朝食ではありますが、ヨーグルト、シリアル、焼き立てのトーストや温めたクロワッサンを、客の好みの飲み物と共にパオラが次々と食卓に運んでくれ、ふんだんな朝食を楽しむことができました。到着した金曜の晩に、パオラが、おいしいレストランやピザ屋を教えてくれた上、無料の観光地図をくれたので、食事をするにも観光をするにもとても助かりました。宿の中にはTivoliの町やその近郊の観光名所を案内する様々な本やパンフレット(英語、あるいはイタリア語)が置かれ、あちこちにクリスマス用の飾りつけが施されていました。到着した日は宿のすぐ近くにあるLaghi dei Realiというレストランで、夫が誕生日を祝う夕食をごちそうしてくれました。レストラン前の大きな池ではマス(trota)が養殖されていて、私たちは新鮮なマスを料理してルーコラとミニトマトを添えた前菜(右の写真)をおいしくいただきました。パオラからは特にマス料理と手作りのデザート(dolce男性名詞、複数形は dolci)がおいしいと聞いていたので、その後リゾットとデザートも頼んだのですが、どれもこれも美味で、すてきな祝宴になりました。

 このB&Bil Piccolo Boscoのホームページはこちらで、英語での説明もあります。  http://www.ilpiccolobosco.it/bb.html

 I PREZZI(「値段」、単数形はprezzo)というリンク先には宿泊料金が、DOVE SIAMO(「私たちがどこにいるか」)というリンク先には様々な交通機関で宿までたどり着くにはどうすればいいかが書かれています。ちなみに宿の名前は「小さい森」という意味で、これは郊外にあって自然に囲まれているからです。Tivoliの町から車で十分ほど離れたところなので、車で旅行される方にお勧めします。Tivoliはローマから地下鉄やバスを利用して1時間ほどの場所にあります。夏は日が長いので、ローマから1日の日帰りで旅行を楽しむことも可能です。

 Tivoliを発ったあと、Subiacoという町へ行って、美しい大きな修道院を二つ訪れました。この修道院もパオラが紹介してくれたのですが、今回は長くなりましたので、この続きはまた次回お知らせするつもりでいます。

 ティーヴォリはとても興味深い町で、特にVilla d’Esteの美しさには圧倒され、思い出深いすばらしい休暇を過ごすことができ、夫には心から感謝しています。実は、この町や別荘を訪れることに決めたのは、日本から持参した『地球の歩き方 イタリア』のおかげです。私が持っているのは20022003年版と版が古いのですが、イタリアに住んでいても、どこかに行こうというとき、まずは行ってみたいところを選ぶのに、写真や説明がふんだんにあり、けれども簡潔に書かれてあって大変便利です。行きたい場所の目星がついたら、ガイドブックだけでなく、インターネットでその場所に関連する情報も調べるのですが、ツアーでイタリアを旅行するという方にも、イタリア留学をしてみたいという方にも、旅行・留学先の情報だけでなく、イタリアというのがどんな国かがページをめくっているうちに見えてくるいい本だと思いますので、おすすめします。観光地の名所の案内のほかに、歴史や風土、各地独特の料理や美術・文化に関する情報も豊富ですから、たとえツアーで旅行に行くとしても、一冊買って出発前に少し読んでおくだけでも、旅をより一層楽しむことができると思うからです。巻末には旅行中に知っておくと便利なイタリア語の表現や単語もまとめてあるので、旅行中も重宝すると思います。

地球の歩き方 イタリア 2010-2011』(ダイヤモンド社)

http://www.amazon.co.jp/dp/4478057826/ref=nosim/?tag=uchiko2001-22

 おわりに

 ベルルスコーニ首相が傷害を負った際には、与野党や共和国大統領など、すべての人が心配し、早期の回復を願い、犯人の暴力行為を憤っていました。最近の議会での与野党の衝突の在り方を見直そうという動きもあるのですが、このまま山積する問題が二次的なものとならないことを心配する声も聞かれます。

 21日の夜は番組Che tempo che faのゲストとしてAndrea Bocelliが招かれ、世界中でヒットを続ける新しいアルバム、『My Christmas』(第29号の後半を参照)から何曲かを披露しました。世界中の人々が彼の歌を聞きたいと望む中、インタビューに答えて、「自宅では家族から『歌ってほしい』ではなく『歌わないでほしい』と頼まれるんだ。でも家族は基本的に優しいので、直接そう言うのではなくて、たとえば息子も『外でたくさん歌って大変なんだから、家の中でくらい少し休んだら』という言い方をするんだ。」と語っていたのが、微笑ましかったです。

 では、また。創刊号の発行が昨年の12月29日だったので、このメルマガももうすぐ創刊1周年を迎えます。ご愛読、ありがとうございます。

 「継続は力なり」

 メルマガを書くためにと、頭・心・耳にアンテナを立てているので、以前よりは注意深く、いろいろなニュースや情報に耳を傾けるようになりました。分かったつもりでいた歌や文章も、記事に書こうとすると、実はあいまいにしか理解していなかったことが分かったりするので、私自身も勉強しながら執筆しています。

 「念ずれば花開く」という坂村真民さんの詩もありますが、新しい年を迎える前に、自分が咲かせたい花は本当はどんな花なのか、もじっくり考えてみたい今日この頃です。

  このメルマガの著作権は石井に帰属します。引用・転載を希望される方はご連絡ください。

  バックナンバーはこちらのホームページからご覧になれます。http://www.kitsunenomado.com

(HPでは、アポストロフィで代用せずに、イタリア語のアクセント記号つきの母音をそのまま使って表記しています。)

-----------------------------------------------------------------
メールマガジン 「もっと知りたい! イタリアの言葉と文化」

発行者      石井直子

登録・解除    http://www.mag2.com/m/0000280229.html

 ⇒ メルマガ予約(無料)    ブログ「なおこの絵日記」   ホームページへ戻る   おすすめのイタリア映画