⇒ メルマガ予約(無料)   バックナンバー参照  ブログ「なおこの絵日記」   ホームページへ戻る   おすすめのイタリア映画

             

   円高でお得なアマゾンイタリア 〜 おすすめの教材と購入方法 メルマガ第72号の記事から)

 イタリアやヨーロッパではユーロの危機が叫ばれているのですが、日本に住む皆さんにとっては、ふだんは手に入りにくい、イタリア語の書籍やDVD、CDなどを、お得な値段でイタリアから取り寄せるいいチャンスではないかと思います。久しぶりに1ユーロが100円以下となっている今、アマゾンイタリアの活用法をご紹介します。

 たとえば、どれだけ値段がお得かと言うと、以前のメルマガでご紹介したCDや本が、アマゾンイタリアではかなり割引されているため、過去のメルマガで学習教材として取り上げた商品が、日米のアマゾンより、かなり安い値段で手に入ります。ただし、DVDについてはヨーロッパ仕様のため、日本では、パソコンでは見られても、DVDプレーヤーでは見られない場合が多いと思います。

 

  教材と該当頁へのリンク

  値段

 簡単な説明・取り上げている号

 

   

 Pane E Tulipani (映画DVD)

 8.09ユーロ

 ・音声イタリア語・英語字幕つき

第4号「音声の大切さ(2)、映画、『ベニスで恋して』〜 ロマンチック・コメディ。主人公が旅行者やホテルの主人なので、旅行に役立つ会話も多く、初級の方でも聞き取りやすい表現がたくさんあります。 

  

    

  Ex (映画DVD)

 

 6.21ユーロ

・音声イタリア語・英語字幕つき

第5号第6号第13号

・『Ex』はイタリア語で、「元」の意味。さまざまな元恋人同士、夫婦同士が、出会って恋に落ちたいきさつや、破局を迎える様子、そして再び恋に落ちる様子を、ときに悲しく、ときにユーモアを交えながら、温かく描いた作品。第13号では、この映画の予告編を聞き取りのための教材として使っています。

 

   

  Tra Te E Il Mare(音楽CD)  

 9.44ユーロ

 ・ 実力派で海外でも人気の高い若手女性歌手、Laura Pausiniのアルバム。

第7号で、アルバム中の1曲、「Fidati di me」を解説しています。高らかに伸びる美しい歌声と、力強いリズムが、「「何があろうと私の言葉を信じて頑張って」と、背中を押してくれます。

    

 Saturno Contro (映画DVD)

 7.20ユーロ

 ・音声イタリア語・英語字幕つき

・友人や恋人、家族の間の人間関係やそのもつれ、そして大切な人を失う痛みを、美しい音楽や映像を通し、見る人の心に訴えかけてくる名画で、国内外で多数のノミネーションや賞を受けています。主人公は、ゲイの男性。

第11号では、この映画のセリフと主題歌を、学習教材として取り上げています。

   

           

   Greatest Hits (音楽CD)  

 5.83ユーロ

 ・息の長い人気を誇る、男性シンガーソングライター、Vasco Rossiのヒット集。力強く自分を励ます歌や優しい愛の歌が、計16曲収録されています。

第17号では、男性から女性に贈るすてきな愛の歌、"Una canzone per te"、 "Albachiara"などの歌詞を取り上げて、解説しています。彼の歌は、他の歌手の歌に比べて、くだけた口語表現が多いのが特徴です。この号では、ここでは割愛しますが、他にも、イタリア語学習に役立つ音楽アルバムを多数ご紹介しています。

    

 Il piccolo principe. Con audiolibro. CD Audio  (音声CDつきの本)

 18.70ユーロ

 ・フランスの作家、サン=テグジュペリの名作、『星の王子さま』のイタリア語版です。大人になってからこそ、ぜひ読んでいただきたいすてきな作品で、ご存じの方も多いと思いますが、もし日本語版の『星の王子さま』 をまだ読まれていない初級の方は、一緒に日本語版を購入されると、内容もよりよく理解できる上、音声CDで、イタリア語の表現やリズムも身につきやすいことと思います。作品自体が、何度読み直しても心に訴えかけてくる名作である上に、イタリア語の音声CDが秀逸で、語り手たちは、本を読むというよりも、まるで劇で演じているかのようです。

i第25号では、中でも特に心を打つ場面とその言葉を、学習教材として取り上げて、解説しています。

 

 バックナンバーで教材として取り上げた歌や映画を含む商品のうち、とりあえず第25号までにご紹介したものを、一覧にまとめてみました。この一覧だけ見ても、1ユーロが約100円という現在、たとえ送料が高くても、アマゾンイタリアから、直接商品を購入するのが、どれだけお得かがお分かりかと思います。

 アマゾンイタリアでの購入方法 

 ちなみに、購入に際しては、たとえば上の表の中に、好みの商品があれば、リンクをクリックして、開いたページの右手、Aggiungi al carello「ショッピングカートに入れる」をクリックします。購入する商品や数量を変更したければ、Modifica il tuo carello「カートの商品を変更する」をクリック、買い物を続けたければ、VAI「GO」と書かれた検索窓に、希望の商品名や気になる歌手名を打ち込んで検索し、もし購入手続きを続ける場合には、右手にあるProcedi all'acquisto「レジに進む」をクリックします。

 イタリアのオンライン書店で、日本への発送も手がけているのは、アマゾンイタリアだけではないのですが、特に、このサイトの活用法をご紹介するのは、日本のアマゾンのサイト と、ページの様式やアイコン、検索や購入手続きがほぼ同じなので、少々イタリア語で難しい言葉がでてきても、日本のアマゾンのサイトを横に開いて、同じような作業をしてみれば、何を言っているのか見当がつくからです。また、在庫が豊富である上、検索結果が見やすいという特徴もあります。

 商品購入に進むため、クリックをすると、上にメールアドレス、下にはご自分が「新しい客か」それとも「すでにオンライン購入をしたことがあって、パスワードがあるか」を尋ねる場面が現れます。日本のアマゾンのサイトで行うように、以後は個人情報やクレジットカードの情報を入力して、購入手続きを行ってください。ただ、まったくイタリア語がちんぷんかんぷんだという場合には、やはり万一のことがあっては大変ですので、もう少し力をつけて、辞書の助けを借りれば、ウェブページの内容やアマゾンから送られるメールの内容が分かるくらいの力がついてから、オンライン購入に踏み切られることをお勧めします。

 もし、興味のある商品が上にはないという場合は、まずホームページ、Amazon.it を開いて、Libri (本)、 Musica, Film e Tv(音楽、映画、テレビ)などのカテゴリーを選んで、ほしい商品や好きな映画・歌、歌手の名前をイタリア語で打ち込んで検索してください。カテゴリーを選ばずに、Tutte le categorie「すべてのカテゴリー」の中で、検索することもできますが、それでは、思いがけず関連商品がたくさんあって、目指す商品がなかなか見つけられない可能性が出てきます。

  気になる手数料は、こちら、Costi e modalita di spedizione (訳すと「配送料金と配送方法」)に書かれています。

  イタリア国内への配送料金は上に書かれていて、特に急がない場合は、19ユーロ以上購入すれば無料。19ユーロ未満の場合でも、送料は2.4ユーロで済みますが、届くまでに、3〜5日かかります。よく利用しているのですが、この通常便でも配送は早く、今のところ、最長の待ち時間は、6日間です。ちなみに、これは、注文したダイソンの掃除機、Dyson DC32 Animalproが、ドイツからの輸入品だったからなのですが、注文した11月には税・送料込みで394.25が、今確認すると、379ユーロと安くなっているので、早く買いすぎたかなと思っています。それでも、イタリア語ダイソンのサイトでは、600ユーロとなっているので、やはりかなりお得です。

 イタリアから他国への配送は、下方のCosti e modalita di spedizione internazionali「国際配送の料金と方法」と題する部分に書かれています。日本(Giappone)へは標準(Standard)配送は利用できず、さらに下に書かれた特急便(Express)を利用することとなり、税金を除いて、20ユーロの送料がかかります。ただし、届くのは早くて、(少し誇張されている気もしますが)発送から1〜5営業日内に届くとあります。本やCD、DVDの配送には問題がないのですが、家電製品や妙にかさばる品、メーカーによっては、国際配送ができない場合もあると下注にありますし、常識で考えても、そういう品は、日本国内で買った方がいいでしょう。

 

  わたしがイタリアに住む今、よく利用するオンライン書店は以下の三つです。日本に住んでいた頃は、まだアマゾンイタリアが存在していなかったので、ibs.itを利用していました。

・Amazon.it     http://www.amazon.it

・ibs.it             http://www.ibs.it/

・unilibro.it      http://www.unilibro.it/

 このうち、どのサイトでも、本やCD、DVDについては海外への発送も行っています。unilibero.itはもともと大学生向けの書店なので、大学の教科書や日本文学に関する書籍など、他の書店(オンライン書店に限らず)では見つけにくい本を見つけることができる場合があるのですが、逆に、趣味で楽しみたい本やDVDとなると、在庫がない場合が多いという特徴があります。最近はほしい商品がある場合は、学術書でなければ、最初からアマゾンとIBSのサイトのみで、求める商品の値段や在庫、送料を調べて、その結果、お得な方で注文しています。

 

⇒ メルマガ予約(無料)   バックナンバー参照   ブログ「なおこの絵日記」  ホームページへ戻る   おすすめのイタリア映画