南薩草木事典

スベリヒユ(スベリヒユ科)


  
     


 別名「イハイズル」、畑、路傍、荒地などに日本何処でもみられる。種子が多く、しかも発芽の日数が早いので非常に繁殖率が高い。”ほとけみん(仏耳)”と言って、お浸しにして食べた思い出があるがあまり美味しくはなかった。多肉質で乾燥に強く、農家では厄介な雑草として嫌われているようだ。「ポーチュラカ」で知られる「ハナスベリヒユ」はこのスベリヒユの園芸品種である。