おいしい粉雪・森吉一の腰
程良い積雪の粉雪をおいしく頂き! パフパフや〜
スキー指導員講習会の貸し切りリフト稼働してました
左リフトの終点からウロコ登りを開始
西方には青空、なんかいい天気だすな
カンジキの大館カメラマン氏に抜かれました
雪上車のトレースがあったのでツボ足に変更
カメラマン氏の後をついて山頂。ラッセル感謝です。
待てども森吉は姿を見せず、ガンバ森に日が射しました
スキーにワックスをつけて滑ったっす
ようやく八幡平スキー場がオープンしたらしい。
行きたいけど遠いから、
オープン前の森吉スキー場で粉雪を狙ったっす。

 駐車場には多数の車。なんと左リフトが動いているではないか。
スキー指導員の講習会のための専用運行だと。
運良く便乗でけた。ラッキー\(^O^)/
終点から上はオイラの世界。
 
今日は新たな板、153cmのK2サミット試乗予定だったのだがね。
なんと、シールを忘れちまって、ウロコ板の出番に。
思った以上に雪がある。粉雪さまや。
雪の花が満開。ブナ様が奇麗。
粉雪にウロコ。相性悪し。チト手間取る。
カンジキのカメラマン氏が現れた。
雪上車のトレースがあるので効率的なツボ足へ。
数日前かスキーで滑った痕跡、へこみ筋がある。
多分、福士さんのトレース痕だろう。

ゲレンデ離れ一の腰の登山道。
結構潜り過ぎ。こりゃ大変。今季お初のラッセル。
堪らずカンジキのカメラマン氏に先行をお願いする。
深いとこでは100cm。
樹氷がびしっとついたトドマツもいい感じだ。
背負ったスキーが枝に当たり雪が落ちてきて首筋寒し。
こんな時期に一の腰は初めてなり。
ガンバ森に日が射してきた。美しい。
一時間粘ったが森吉は姿を見せなかった。
助けて頂いた大館カメラマン氏は森吉と秋田駒がホームだと。
週一は必ず山らしい。オイラと同じ重病人。
彼にどこの山に多く登っているの?と聞かれ
うまく回答できず困ってしまった。どこなんだろうね。わからん。

ゲレンデ分岐にていよいよスキー装着。パフパフへGOっす。
なんとか曲がるよ。うれしいっす・・20〜30cmの軽い粉雪だからね。
いい浮遊感だね。
といってもヘボだから数回転び雪まみれさ。
そんな時に山スキーヤーが登ってきた。(*^。^*)

リフト終点からは圧雪ゲレンデでござった。
指導員がいっぱい練習したんだろうね。
ロッジ前では講習会の閉会式が行われていた。
**********************************************************
12月19日(日) 曇り&晴れ  おひとりさま
装備 ウロコ板 ヘルメット  
駐車場920→左リフト終点930→一の腰1100/1210→滑り1228→戻り1310
温泉 赤倉山荘 300円(こじんまり浴槽、シンプル)
************************************************************
つくば以外の山リストへ戻る   トップページへ
-----------------------------22038403018348 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename=""