祝瓶山・圧倒的な高度感
 

 

 
 

久々の夜間移動。河北町の蕎麦屋で肉そばとソースカツ丼。やはり肉そばがうまい。大江町のテルメ柏稜で入浴し時間を潰す。長井市内で道に迷い、長井警察署に駆け込んだ。曲がりくねった断崖沿いの車道運転。スピード注意。杉林の長いダート。空が開けた登山口到着は21時50分頃となった。連休前夜なので先行車がいるだろうと思っていたが、気の早い物好きはオイラだけだった。月が明るい。獣の気配なし。爆睡。祝瓶山荘の他に2棟、トイレ有り。

朝起きたら、物好きが2台来ていた(宮城車・・男性二人、いわき車・・夫婦)。小屋の階段に座って朝飯。正面に朝日連峰のピラミッドピーク、祝瓶山がそびえている。

広いミズナラの森を行く。テン場前にて単独男性に追い抜かれた。気持ちいいくらいの急登が続いた。甲斐駒の黒戸尾根的印象。さほどの危険個所はなく山頂。抜かれた男性と五味沢からの新潟男性がいて三番目。360度の展望。とにかく朝日連峰が大きい。こちらからだと竜門の山容がとても立派である。特徴的な磐梯山はすぐわかる。飯豊連峰、吾妻連峰、特徴的な双耳峰は鷲ヶ巣山ではないかな。

下りも登りほどではないが急坂、特に赤鼻分岐からの下りが結構な急坂であった。綺麗なブナ林。珍しくもなく、キノコ目に変更。コース沿いにはキノコの気配なし。戻ったら登山口は車車車の満車状態。やはり三連休の快晴日。

汗流しは鷹野湯温泉・パレス松風300円。国道358で山形に抜けた。

*****************************************************
10月11日(土) 快晴  ひとり
長井登山口610→桑住平→山頂855/930→赤鼻分岐1040→登山口1225
******************************************************
つくば以外の山リストへ戻る
-----------------------------031144697856008 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename=""