バラの病気と害虫

日頃の予防と管理

病気の予防落ちた花びらや葉はこまめに取り除く

          マルチングも効果あり

害虫の予防:早期発見に努め、発生の少ないうちに捕殺する

消毒  葉のある4〜11月、月1〜2回ぐらい行う 

      病虫害が発生した場合、被害にあった葉は取り除き、

      消毒する。降雨前に葉の裏側に散布すると効果がある

バラの病気

  発生時期 防除法 症状
黒点病 4〜12月 マルチング 葉に黒褐色の斑点が現れ、葉は徐々に黄色くなって落ちる
ウドンコ病 春先・秋口 株の風通しを良くする 枝葉やつぼみにウドンコを振りかけたように灰色の菌糸が付着し、葉は縮んでチリチリになる
灰色カビ病 雨の多い春や秋 株の風通しを良くする つぼみが雨などで開かず、灰色のカビが出て腐ったような状態になる
ベト病 昼夜の気温の差が激しい季節 株の風通しを良くする 葉脈に沿って赤紫色の斑点が現れ、葉裏に白い霜柱のようなカビがはえ、葉は急に落ち、新芽・つぼみは枯れる
枝枯れ病 一年中 剪定後の切り口に殺菌剤塗布 枝に紫褐色の斑点が現れ、表皮が白くカサカサになって枯れる
サビ病 5〜11月 被害部を切り捨てる 葉や枝に黄色いイボ状の斑点ができ、そこからサビのような粉が出てきて葉および株全体を弱らせる
根頭癌腫病 一年中 コブをえぐり取るか株を処分する 土中にある病菌が、バラの根やつぎ口にある傷口から感染し、徐々に癌状のコブになっていく
ネマトーダ 一年中 土壌消毒 根の先端の細い部分に小さいコブや粒状のものが付く。徐々に生育が悪くなる
【表】

【裏】

黒点病:うちの赤ミニバラについてしまいました。 ウドンコ病:これも赤ミニバラにつきました サビ病:サマンサにできたものです
枝枯れ病

切り口が黒くなり、徐々に広がってどんどん枝が枯れていきます。枝枯れ病を切ったハサミは熱湯消毒をしましょう

バラの害虫

  発生時期 症状
ハダニ 5〜10月 オレンジ色や緑色で0.7〜0.8mm。葉裏に付いて樹液を吸い、葉は白っぽくなり、ひどくなると葉や新芽がクモの糸で覆われたようになる
チュウレンジバチ 5〜10月 成虫よりも幼虫が被害を与える。幼虫は淡緑色に小さい黒色が散在するアオムシ型で、1.8cmほどになり、葉を食い尽くす。茎の縦方向に1〜2cmの傷があればそこに産卵している為、切り取る
カミキリ虫 成虫:6〜8月

幼虫:一年中

根元に穴を開け卵を産む

幹の中心部を食い荒らすため、幹が空洞になって枯れる

幼虫がいると、被害付近の穴から細かい木くずのようなものが出てくる

カイガラ虫 一年中 体長2〜3mm、枝や幹にべったりとくっついて寄生する。発生すれば、ブラシでこすり落とすか、薬剤で駆除
アブラ虫 一年中 体長2〜3mm。淡緑色で新芽から養分を吸収するため、芽が萎縮し成長が悪くなる
バラキクバチ 4〜5月 2cmほどの黒いハチで、胴に赤褐色の帯がある。枝茎を傷つけて産卵するためしおれて枯れる
コガネ虫 5〜10月 花びらやつぼみ・葉を食べる。幼虫は土の中に潜り込み根を食い荒らす
バラゾウ虫 4月 体長2〜5mm。口先が象のように長く、新芽を食べるため芽は黒く変色し枯れる
スリップス 5〜11月 体長1.5mm。淡黄色から褐色で花びらや葉裏につき、樹液を吸うため花びらの先が茶色くなる
アブラ虫

サマンサに付いてたアブラムシ。サマンサの汁を吸ってプクブクです。

アップで見ると気持ち悪い

ヾ(≧∇≦)〃ヤダヤダ

スリップス

ミニバラのデニスに付いたスリップス。花の色がおかしく、よ〜く見ると花の中にち〜〜〜さな虫が!!

良く動き回って、しかも小さいから写真を撮るのに苦労しました。

コガネ虫

家のベランダに迷い込んできたコガネ虫。幼虫からかえったばかりなのか、まだ土が付いていて、1,5cmあるかないかでした。

幼虫は、サンセベリアの鉢にいたコガネムシの幼虫です。バラの鉢にはマルチングを施していた為に被害はなかったけれど、マルチングをしていなかったサンセべリアに卵を産んだようでした。

【裏】

【表】

【その後】

ハダニ 

ミニバラの「ゼブラ」の葉が黄色く落ちてきました。原因はハダニらしい・・・

葉の裏の小さい赤いプツプツがハダニで、ひどくなると白くクモの巣がはったようになってしまうけど、葉の表はまだ緑色で、ちょっと変かな?くらいです。ちょっと見ただけでは見落としてしまいます。そして、黄色くなって落ちてしまいます。

あんまり、農薬は使っていないのですが、この時は市販の薬をまきました。

カイガラ虫 New(2・18)

冬になり、丸坊主になったある日こと・・・枝にベタ〜と引っ付くものを発見!!まだ、石灰硫黄合剤での消毒を行なっていなかったので、石灰硫黄合剤を買って来て行ないました。

【その他家に来た害虫達】

クシヒゲハバチ

ミニバラのゼブラの葉を食べていた幼虫です。

始めは、レース状に葉を薄く食べていきますが、次第に穴を開けるようになるそうですが、見つけたときには葉っぱが半分食べられていました。見つけ次第、捕殺しました。

シャクトリムシ

HTのサマンサやミニバラにいました。

葉っぱが食べられるので、がじられてる葉の近くにいました。始めに見つけたのは、左写真のち〜〜さいシャクトリムシ。2〜3日後に見つけたのが右写真の葉っぱをかじっている奴です。葉っぱの上の黒い粒々はう○こです。この黒い粒々を見つけたら要注意ですね。新しい柔らかい葉やつぼみが食べられました。 気持ち悪いけど、小さいうちに取るが勝ちです。

RoseTOP