食酢マイクロホンの試作

マイクロホンの歴史は、電話の歴史と共に始まりました。そして電話の発明は、後々まで尾を引く有名な「電話戦争」をもたらすことにもなったのです。そんな電話戦争の当事者のひとりである、グレイが発明した送話器が今回作るマイクのネタもとです。
動作原理はコンデンサーマイクとカーボンマイクを足して割ったような感じ?(嘘)。概要図(上の図)を見てのとおり、二次電池の極板を音声で振動させることにより、電池の起電力に変化を生じさせるという仕組みです。ベル(受話器兼用電磁型マイク)の後からエジソンが発明したカーボンマイクのように、直列に電池を繋いで「バイアスをかけるような事」をしていたのかは知りませんが、グレイ型のオリジナルでは酢ではなく希硫酸なんて恐ろしい代物が使われていました。そのおかげで、ベルの有名な電話第一声が生まれたのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
主な材料。本当は一円玉ではなく亜鉛板が欲しいところなんですが、アルミでも大丈夫でしょう。十円玉は、できればピカ十が欲しいところ。カップは糸電話に使える物であれば何でもOK。毎度お馴染みのキャップは重宝します。あと写真には有りませんが、お酢とトランス、スズメッキ線も必要になります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一円玉をスズメッキ線で縛り、線の延ばした方をカップの底に通します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キャップの底にスズメッキ線を通し、裏は液漏れしないように半田で栓をします。

次へ

駄製とびらへ

TOP頁へ

(C)2004-2005 Psykaku