穂高 ザイテングラードにて小休止

杜で森を見る〜代々木の杜あるこう会

(2009年1月30日)

 

馴れ親しんだ「代々木の杜」の、新たな魅力を発見しました!


『海の森』に木を植えて

(2008年12月12日)

 

『海の森』の植樹イベントに参加しました。


気分は借金取りだけど・・・ 

(2007年5月3日)

 

門人会の会報誌編集は、もしかしたら、稽古以上に武道修行になっているかもしれません。


儚さゆえの美しさ〜「代々木の杜 武道塾」を通して

(2006年10月17日)

 

道場の開設記念日に合わせ、「代々木の杜 武道塾」が開催されました。心に残る2日間でしたが、中でも印象に残ったのが、夜間参拝と禊。貴重な経験を通して、感じたのは・・・。


ポーランドで感じた武道の底力

(2006年4月4日)

 

合気道と鹿島神流を指導するため、ポーランドに行ってきました。


川乗山ひとり歩き

(2005年11月6日)

 

川乗山を歩いて、東京の空のこんな横顔を見つけてしまいました。


屋上の森

(2005年5月31日)

 

東京のビルの屋上に畑を借りました!


はじめての予備自訓練(後編)

(2005年4月7日)

◇基地警護訓練
予備自補出身者として 


はじめての予備自訓練(前編)

(2005年3月27日)

◇春の雪
◇大ちゃん
◇救急法


◆『相剋(そうこく)の森』

2005年2月11日)

「自然と調和して生きる」とは。……ひとつの答えを見た気がします。


今年の目標

(2005年1月10日)

2004年を振りかえりつつ、今年の目標。


予備自補訓練記〜狙ってあれれ第2週

(2004年10月29日)

◇ヘリボン訓練 
◇弾着は心を映す
!? 
◇ビューティ&スキンケア 
◇終わり、そして、始まり


予備自補訓練記〜そこにどんぐり第1週

(2004年10月22日)

◇秋の武山
◇初めての実弾射撃
◇どんぐりの謎


◆.夏の思い出

(2004年8月29日)

アドベンチャーレースの仲間と、久々に訪れた松崎で‥‥。


◆.飯豊山その3〜父が消えた!?

(2004年8月6日)

先に出た父を追いかけたのに・・・。


◆.飯豊山その2〜水がない!?

(2004年7月30日)

水場に行ったところ・・・。

◆.飯豊山(いいでさん)その1〜反省

(2004年7月23日)

なんだかおかしいと思ったら、コンパスの指した方向は・・・!?

◆.カタクリの里で

(2004年6月26日)

豊かで美しい自然の中で、素敵な人に出会いました。

◆屋久島(後編)〜「もののけの森」で

(2004年6月5日)

雨の森を見ずして屋久島の森を見たと言う勿れ!そこで私たちが遭遇したものは・・・

◆屋久島(前編)〜残雪の宮之浦岳

(2004年5月28日)


ついに、憧れの屋久島に行ってきました!

予備自補訓練記〜すーっとでヒヤリ第2週(後編)〜

(2004年5月8日)

◇衝撃の朝〜25km行進
◇そうじの恐怖

予備自補訓練記〜すーっとでヒヤリ第2週(前編)〜

(2004年5月8日)

◇オオイヌノフグリ 
◇戦闘訓練〜突撃

予備自補訓練記〜汚れてニッコリ第1週(後編)〜

(2004年4月17日)

ない夜 
◇どろんこの充実〜戦闘訓練

予備自補訓練記〜汚れてニッコリ第1週(前編)〜

(2004年4月17日)

◇2度目の冬 
◇小爆発

◆初めての雪山〜那須

(2004年3月30日)


雪ニモ負ケズ、 風ニモ負ケズ・・・!?


◆.フルマラソン初挑戦!(後編)

(2003年12月27日)

予想外の結果にびっくり!私なりに分析してみると・・・。

◆フルマラソン初挑戦!(前編)

(2003年12月27日)

目標は、「完走」。走るにつれて肩が凝ってきた原因は・・・!?

籾摺り
冷夏だった今年、気になるお米の出来は・・・!?
そして来年、トトロの田んぼは、新たな栽培方法に挑戦します!

(2003年12月6日)


幻の明神岳山行記
プロのガイドさんつきで初岩登り!・・・とにかく楽しみにしていた今回の『山と渓谷』の撮影は・・・!?

(2003年11月8日)


◆予備自補訓練記〜着けてぱっちり第2週(後編)〜
◇備蓄
◇催涙剤体験
◇予備自衛官補

(2003年10月29日)


◆予備自補訓練記〜着けてぱっちり第2週(前編)〜
◇ウナギの恐怖
◇格闘
◇大地を泳ぐ

(2003年10月9日)


◆予備自補訓練記〜回ってバッタリ第1週〜

(2003年10月3日)

二度目の夏
失われた記憶〜分解・結合
◇ ひっくり返った認識〜ソフトボール
◇ 思いがけない結末〜分隊教練


田植えと看板作り

(2003年6月29日)

とてもスムーズに進んだ田植え。私は、子どもたちと看板作りをしました。

トトロの挑戦〜苗取り

(2003年6月29日)

今年のトトロは籾から苗を育てました。新たなチャレンジに、私も新たなスタイルで参加!

伊是名 (後編)  カニの大脱走

(2003年5月5日)

無人島でカニを捕まえました。ところが・・・!?

伊是名 (前編)  カエルが咳をする!?

(2003年5月4日)

版画家、名嘉睦稔さんの作品に出会って以来、ずっと訪れたかった伊是名島。この4月、ついに念願が叶いました。

再び、「国を守る」ということ

(2003年4月6日)


〜『予備自補、教育訓練記』 「あとがき」に代えて〜

予備自補 教育訓練記 〜覗いてどっきり第3週(後編)〜

(2003年3月23日)


夜間の歩哨〜奇妙な感覚
◇ 10km行進


予備自補 教育訓練記 〜覗いてどっきり第3週(前編)〜

(2003年3月15日)


隊舎で豆まき
掩体(えんたい)構築〜あなどれない穴
◇ 脳裏に焼き付いた松

予備自補 教育訓練記 〜捕らわれてなっとく第2週〜

(2003年3月1日)


◇1 予備自補は扱いづらい?
◇2 歩哨訓練〜捕獲されて思い知った「なぜ」の意味
◇3 ハイポート

予備自補 教育訓練記 〜跳んでびっくり第1週〜

(2003年2月22日)


◇1
半年ぶりの武山へ
◇2 初めての銃
◇3 かがみ跳躍の衝撃

◆.「国を守る」ということ

(2003年2月15日)


〜次回からの、『予備自衛官補、教育訓練記』連載「まえがき」に代えて〜

◆.しめ縄作り

(2002年12月28日)


ついに縄が綯(な)えるようになりました!

◆.里山研修会

(2002年12月15日)


ロープワークとカマ、ナタ、ノコの手入れ&使用方法を習いました。早く、実践の場で使いこなせるようになりたいものです。

◆.今年の秋は柿三昧

(2002年12月7日)


竹竿を使って、柿をもぎました。「富有柿」「次郎柿」「霜降り」・・・柿三昧の毎日です。

◆.神々と森と人の営みを考える〜「代々木の杜80フォーラムを終えて

(2002年12月1日)


だだっ広い更地に森が創出されて80年。先人たちの叡智に思いを馳せながら、80年後の森の中で、「神々と森と人の営み」を考えてきました。

◆.紅葉の錦もさることながら〜那須岳登頂記

(2002年11月9日)


多彩な顔を持つ那須岳に魅せられました。


◆.コオロギと稲刈り

(2002年11月3日)


コオロギと戯れ、気を良くしたところで、いざ稲刈り開始。ぬかるむ田んぼに足をとられ、ふと鎌を見ると……。


◆.トトロの森で何かし隊

(2002年10月19日)


森の中で素敵なものを見せてもらいました。物を大切にするって、こういうことだったんですね。


◆.コクゾウムシ大発生

(2002年10月5日)


久しぶりにご飯を炊こうとして呆然。米びつの中に蠢いていたものは・・・・!?


◆.おじいちゃんのワラジ

(2002年9月21日)


念願のワラジ作りに初挑戦!


◆.後編:ついに対面!槍ヶ岳、そして天照(アマテラス)

(2002年9月7日)


一月前の無念を晴らすときがやってきました。おまけにブロッケン現象にまで遭遇!


◆.前編:「涸沢や、ああ涸沢や、涸沢や」

(2002年9月7日)

〜夢か現か、穂高岳エキサイティング登頂記(全2編)

今年は、槍ヶ岳に続いて、穂高にまで行ってしまいました!


◆.6.熊!

(2002年8月10日)


ついに出会ってしまいました!!


◆5.徳沢キャンプ場

(2002年8月10日)


上高地はマイカー乗り入れ禁止。北アルプスではゴミの持ち返りが徹底されていました。自然を楽しむ際のお手本になりそうです。


◆.4.雪渓

(2002年8月5日)


スリル満点の雪渓横断。その時、妹がとっさにとった行動は・・・。


◆.3.南岳小屋へ

(2002年8月5日)


再び嵐の中へ突入。雷鳥に夢中になっているうちに距離を錯覚してルートが・・・。


◆.2.槍ヶ岳サバイバル登頂

(2002年7月28日)


槍ヶ岳登頂は、なんと暴風雨の中。その時、バテ気味だった妹の足が突如として天狗のように速くなった。いったい彼女に何が起きたのか・・・!?


◆1.気分は奴隷
〜「雨ニモマケズ、風ニモマケズ、槍ヶ岳サバイバル登頂(全6回)」

(2002年7月28日)


今年の家族登山は、槍ヶ岳。昨夏、偉そうなことを言ってしまったばっかりに・・・。


◆走る

(2002年7月14日)


ちょくちょく走ってます。気持ちいいですよ!


◆田植えで明かされた真実

(2002年6月23日)


私にとっては、今年2度目の田植え。そこで認めざるをえなかった自分の姿とは・・・。


◆代掻き〜耕運機に悪戦苦闘

(2002年6月16日)


「トトロのふるさと財団」の活動に参加するようになって丸1年が経ちました。今年の代掻きでは、手押しの耕運機に挑戦!


◆棚田で田植え

(2002年6月8日)


かねてから声をかけてもらっていた松崎の棚田に田植えに行ってきました。西伊豆の穏やかな気候に水は温み、生き物たちの気配も濃厚でした。


◆鳳凰山 山行記

(2002年5月12日)


山にはいつも新鮮な驚きがいっぱいです。新緑と残雪の南アルプズで、今回私が出会ったものは・・・!?


◆『食ものがたり』〜茶殻のリサイクル

(2002年5月6日)


身近な素材で簡単に一工夫。生ゴミだった茶殻が肥料に変身しました!


◆菩提樹池で垣間見た自然の掟〜戦いと調和

(2002年4月28日)


一見のどかな自然の営みにも壮絶な戦いがあること、また、さまざまな生物の命を育むには多様な環境が必要であることを、貯め池の作業で目の当たりにしました。


◆春の讃歌〜絶叫女子中学生とツクシ

(2002年4月6日)


ツクシ採りに出かけた先で、思いがけない光景に出会いました。


◆ノビル

(2002年3月31日)


春は身近なところにも、食べられる野草がいっぱいです。まずは、ノビルを掘りました。


◆切り返し

(2002年3月17日)


堆肥作りを始めて、早2ヶ月。フォークを手に、初めての切り返しをしました。


◆トトロの森のゴミ拾い

(2002年3月10日)


投げ捨てられたり、埋められたりしている森のゴミと格闘しながら、なぜ人は捨てるのか、考えてみました。


◆春到来!

(2002年3月3日)


今年初のフキノトウに出会いました。野の味を楽しむには、いい季節です。が、・・・・。


◆『うつくしい人生』

(2002年2月24日)


輝く自然の中で大地に根を張って生きる姿は、逞しく、美しい。この映画の結末は、私の理想と重なります。


◆湯気の向こうに見えた氏神さまの微笑み

(2002年2月11日)


地元のお社を拠点に、トトロを始めとする幾つかのグループが集まって、雑木林の管理作業をしました。賑わう境内で湯気の向こうに見えたものは・・・。


◆堆肥置き場は極楽ベッド

(2002年2月2日)


堆肥を作りました。あんまり気持ち良さそうだったので、ついついその上に寝転がってしまった私。冬の曇り空を見上げつつ、贅沢な時間をしばし1人占めしました。


◆落ち葉掃きに先人たちの技を見た!

(2002年1月26日)


トトロの田んぼ初め、有機農業に堆肥は欠かせません。その大事な堆肥の主原料のひとつが、落ち葉。ところが、この落ち葉ちゃん、けっこう自由奔放で、手なずけるには手練手管が必要だったのです!

◆禊(みそぎ)

(2002年1月20日)


恒例の寒稽古の季節がやってきました。私の通う道場では、水をかぶって「禊(みそぎ)」をします。その高揚の中で見えてくるものは・・・。

◆餅つき〜トラウマ脱出顛末記

(2001年12月30日)


餅つきをしました。父方の田舎の岩手では、数年前まで年末には必ずお餅をついていたのですが、実は私、幼い頃のある体験がトラウマとなってしまっていて・・・・。


◆かい掘り

(2001年12月21日)


「かい掘り」という作業をご存知ですか?簡単に言えば、貯め池の大掃除です。地元の人たちとの作業を通じて、里山の自然と人の関わりが見えてきました。


◆ハワイで抱いた奇妙な連帯感 & 出会った珍植物達

(2001年12月9日)


シクラメンが窓辺を飾る東京を飛び出して、一年中ハイビスカスの咲き乱れる島、ハワイへ行ってきました。あ、でもポインセチアは向こうでも真っ赤に咲き誇ってましたよ。


◆「東京湾のゴミの島を千年の森に!」・・・・・・都にご意見を!

(2001年12月9日)


東京都の海上公園審議会が『今後の海上公園のあり方・中間まとめ』として「中央防波堤内側埋立地に大規模な森林公園を整備する」と発表しました。この構想を実現するために、ぜひ皆さんも賛成意見をお寄せ下さい!


◆深夜の乱闘〜平成ネズミ騒動完結編

(2001年11月16日)


2ヶ月に渡ったネズミ騒動。今度こそ、完結編です。


◆燻し銀の脱穀機

(2001年11月4日)


刈り入れた稲を、脱穀しました。この辺りでは、脱穀のことを「ボウチ」と言います。昔、棒を打って作業したことに由来しているそうです。今回使ったのは、錆びてはいるけど逞しい、年代物の脱穀機。


◆捕獲!

(2001年10月28日)


ついに、その日が訪れました!


◆稲刈り

(2001年10月21日)


「トトロの田んぼ」で稲刈りをしました。カマの扱いに戸惑いながらも、無農薬の田んぼならではのきれいな花々を楽しむこともできました。抱えた稲のずしりとした重みが心に残っています。


◆帰ってきたネズ(下)〜ネズよ、嗚呼ネズよ

(2001年10月14日)


ネズは本当に色々なものを食べてくれる。しかし、ああ、こんなことがあっていいのだろうか。ネズよ。


◆帰ってきたネズ(中)〜閉じ込め大作戦

(2001年10月06日)


ある夜、ネズが寝室に出現。寝込みを襲われては大変と、戦闘態勢に入った。


◆帰ってきたネズ(上)〜石鹸の謎

(2001年9月29日)


ネズミ騒動が一段落し、私の生活に平和と安眠が取り戻されたとほっとしていたある日、不思議なことがおきた。流しに置いておいた石鹸が忽然と消えたのだ。


◆トトロの田んぼ

(2001年9月21日)


『となりのトトロ』の舞台になった狭山丘陵のナショナルトラスト活動に参加しています。休耕田を蘇らせて有機栽培でお米作り。実りの秋を迎え、稲刈りを目前にして、稲を干すために使う竹の切り出し作業をしました。



◆平成ネズミ騒動顛末記(後編)

(2001年8月29日)


佳境に入った平成のネズミ捕り物帳。果たして、その結末は・・・。


◆平成ネズミ騒動顛末記(中編)

(2001年8月29日)


ねずみ取りを買ってはみた。しかし相手は一枚上手だった。つぶらな瞳で攻撃してくる・・・・。


◆平成ネズミ騒動顛末記(前編)

(2001年8月29日)


真夏のある夜のこと、PCに向かう私の視界の片隅を、なにやら不可思議な灰色の影が走った。なんだ今のは?「未知との遭遇」という言葉が頭をよぎる。かくして、戦いの火蓋は、切って落とされたのだった。


◆みんなが笑ってる、おじいちゃんの畑

(2001年8月22日)


みなさん、お盆はどのように過ごされましたか?私は、祖父母の暮らす岩手で、畑仕事を手伝ってきました。愛情をたっぷり注がれ、完全無農薬で立派に育った野菜たち。そこでは、野菜も虫もカエルも、みんなみんなニコニコと幸せそうに笑っていました。この畑が持つ不思議な力は、1度は失われた祖父母たちのエネルギーを見事に蘇らせたのです。


◆雲走る北岳で眠れぬ夜に考えたこと

(2001年8月15日)


毎夏恒例の家族登山。今年は、南アルプスの北岳に登った。意外と空いていた山小屋で、ひとり一枚ずつの布団を使えたのまでは良かったのだけれど……。眠れぬ夜に、山と人生を考えてみた。


◆アジなアジ

 (2001年8月1日)


海の日にアジ釣りを初体験。自分で釣り上げたアジで干物を作ってびっくり!これが本当のアジの味だったのか!?イマドキの子どもの心配をしていた私だったけれど、実は
自分自身、本物の魚の味も姿も知らなかったんだ。海山川から自分で狩漁・採集した食糧を食べる時、生き物としての原点に返り、見えてくるものがある・・・。


◆「千年の森シンポジウム」を終えて〜森づくりの功罪

(2001年7月15日)


7月7日、東京湾のゴミの島・・・中央防波堤内側埋立地を森にしよう!という「千年の森シンポジウム」が開催されました。各分野の専門家であるパネリスト皆さんのご意見、それぞれに興味深かったのですが、中でもインパクトがあったのが「森づくり免罪符にしてはいけない」という言葉。ゴミの島を森に変えること自体は素晴らしいと思うけれど、その大前提として決して忘れてはならないことがあるのです。