名前研究の方法、名字苗字の由来、先祖ルーツ探し、人気の名前ランキング、家紋検索調査、赤ちゃん名づけ。

名前探偵団


トップページ
■名字名前の不思議
名字名前の多さ
名字名前の希少性
名字名前の偏り
都道府県別の特徴
■名字名前の歴史
名字名前の誕生
初めての戸籍法
名字名前の改革論者
世界各国の名字名前
■人気のある名前
人気のある名前ランキング
名づけの心理
使用できる漢字
■名前の命名
名前命名のポイント
字画数と運格
81霊数の吉凶
■紋章・家紋
紋章・家紋とは
紋章・家紋の意味
■先祖・祖先探し
先祖・祖先探しの方法
NTT電話帳の検索
ルーツ探しの用語集
ルーツ探しの用語集2
■名字名前の法律
子どもの出生届け
名字名前の改名命名
改称改名の事例
結婚による姓の選択
離婚複氏の原則
■名字名前の雑学
長い名字名前
数字の名字名前
下からで読んでも同じ
■スポンサーサイト
携帯電話番号検索
ウェブサイト制作

名字名前の改名命名

自分の好きな名前に変更できるのかということは、興味のあるところだと思います。

現在は改正戸籍法により、名字の場合は、「やむを得ない事由」、名前の場合は、「正当な事由」に限り、改称を認められることになっています。

戸籍法
第107条 やむをを得ない事由によって氏を変更しようとするときは、戸籍の筆頭に記載した者及びその配偶者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。 第107条の2 正当な事由によって名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得てその旨を届け出なければならない。

このように改称・改名の敷居を高くしている理由は、戸籍制度の円滑な運用を害し、犯罪に悪用されかねないなどということや、むやみな変更が選挙や課税などの行政事務に弊害をもたらすということにあり、審判にあたっては、個人の利益と社会の利益を公平に比較し、犯罪等の目的が存在しないかどうかを見極めることになっています。

改名の手続きについては、まず申立人(本人)の住所地を管轄する家庭裁判所の許可が必要です。「名の変更許可申立書」と変更申立ての理由を証明するもの、および戸籍謄本を提出し審判をうけます。許可が下りれば、「名の変更届」を提出することになります。

姓は戸籍の基本となるため、変更には名以上に厳しい許可基準が定められていますし、同一戸籍全員の姓が変更されるため、家族の意見が一致していることが条件となります。

費用については、「変更許可申立書」の購入に要する41円と収入印紙代600円が必要となります。このように費用が安価であるため、改称・改名は簡単に思われますが、実際にはかなりの手間がかかるようです。

本人か代理人が家庭裁判所に出頭し、審議が開かれるのですが、必ずしも1回で終了するわけではありません。とくに姓を変更する場合は、慎重な審議が行われます。


戻る次へ

■関連サイトリンク集
姓名判断
姓名判断(商用)
ルーツの探し方
家系図作成(商用)
名字名前の統計
珍名・奇名
紋章
家紋
系図(歴史上の人物)
系図(個人)
系図(海外)
■生活リンク
戸籍謄本、住民票
NTT迷惑電話対策
名前辞典、名字由来
保証人、連帯保証人
初恋人探し、人捜し
■女性・防犯リンク
痴漢電車、痴漢被害
盗聴発見、盗撮機器
女性一人暮らし安全
結婚お見合いマナー
ストーカー対策相談
■暮らしリンク
内容証明郵便の文例
子ども家出、家出人
離婚問題、離婚届
離婚調停、慰謝料
不倫の法律相談
■法律リンク
少額訴訟制度
クーリングオフ
消費者契約法
遺産相続、法定相続
相続遺言、遺言書
遺言の種類、書き方


【PRリンク】携帯電話番号調査 - 携帯会社無料案内 - 携帯電話番号検索 - 個人住所無料案内 - 探偵学校
【SEOスポンサー】携帯電話番号調査 - 携帯電話 番号調査 - 携帯電話番号検索 - 住所検索 住所調査 住所調べる

名前研究の方法、名字苗字の由来、先祖ルーツ探し、人気の名前ランキング、家紋検索調査、赤ちゃん名づけ。
Copyright©名前探偵団 All Rights Reserved.