その後の経過について                        2004.2.3    

お蔭様で一ヶ月も経つか経たないかでこの事件は終わりました。
その間、いろいろとアドヴァイスもあちこちで頂きましたし、自分でも
わかる範囲での情報提供はしてきました。
今現在も、日に何回かの非通知着信はあります。
固定電話の情報を漏らしてしまったために恐らくあちこちの業者に
データが出回っているとは思います。

しかし、一切無視していますが、
(非通知なのでかけなおすことも出来ません・・・気も無いですが・・笑)
未だに取り立てに来られたこともありませんし

マッチナビ以降、督促状も最終通告書も一通も来ていません。

この事件で学んだことは、「自分の身は自分で守る」しか無い事。
どんなに親切な人に相談したところで、誰も力にはなれないのです。
参考になる意見はネットに繋ぐことさえ出来れば、あちこちにたくさんあります。
けれど、最終的に自分の受けている理不尽な攻撃に対しては、結局自分が
立ち向かうしかないのです。

もし、あなたに同じ被害が降りかかったとしたら
断固として拒否出来るのは、他ならぬあなた自身でしかありません。
そして、是非、情報を公開してください。
恥ずかしいことでもみっともないことでも無いのですから。
情報の輪を広げるしかこのような被害を食い止める手段はありません。

私個人としては、やはり危ないサイトにはアクセスしないのが一番だと
思いますし、いつ、どこにアクセスしたのかできるだけ
記録することをお勧めします。
万が一、このような請求詐欺に遭ったとしても、記憶さえきちんとしていれば
慌てることも無いはずですから。
自分の中のあいまいな部分を詐欺師たちは狙って来ます。

このような詐欺が横行するほど、日本は平和なのかもしれませんが
貴重な金銭を意味も無く毟り取るような行為に
唯々諾々と従うほど馬鹿馬鹿しいことも無いですよね。 

うちの事件は今のところ、ここに書いた以上のことは起こっていません。
起こっているのかもしれませんが、少なくとも気づかずに経緯しています。
着信拒否や非通知拒否の設定、
また、ナンバーディスプレー付の電話機の購入等
詐欺師の請求に比べれば、身を守るための投資としたら僅かなものです。

自衛の手段は講じるに越したことはありません。
いつ、取立てに来るかと思い悩むよりは、積極的に自衛手段を講じる方が
健康的です。

最後になりますが、ここを立ち上げるのに勇気を下さった皆様に
心より感謝致します。