1.山  域   薬師岳,黒部五郎岳(山スキー)

2.期  間    2000.5.2〜6

3.メンバー    中野,北條   

4.記  録      
5/2 晴れ後雨  

下館11:30======高崎IC=======東部湯の丸IC=======松本====新安房トンネル======新穂高
=======飛騨トンネル駐車場(手前約30分)19:30

 昼に下館で待ち合わせして,のんびりと松本に向かう。天気もよく絶好のトライブ日和だ。新穂高温泉手前のJAのマーケットで,今夜の食材(飛騨牛など)を買い込み,飛騨トンネルに向かう。
天気は朝とうって変わり雨が降り出している。道路は大変よく整備されているが,のぼるにつれ道脇に雪が出てきて,トンネルの手前
(約登り30分)で除雪終了となった。車は約10台程度か。

5/3 曇,ガス

車止め6:50-------7:15飛騨トンネル--------9:20 1840mピーク------10:30寺地山------11:30寺地避難
小屋(
1950m--------13:40稜線-------14:50太郎平小屋

昨夜はかなり強く雨が降ったが,朝起きてみると青空だ。すぐにテントをたたみ出発。しかし,出発までの短時間のうちに雲が出て山にはガスがかかり始めている。

道路をスキーで30分ほど登ると飛騨トンネルだ。左手からトンネルの上部から尾根に登り,尾根をたどり寺地山を目指すが,途中、ガスでルートを見失ってしまった。本来のルートは尾根末端の20m手前あたりから少し下り気味に右に続く尾根に向かうのだが,トレースがあったので間違えてしまった。ルートには適当にペナントもあるが,細かな登り下りがありガスっているときは迷いやすい箇所も多い。

寺地山から樹林の狭い尾根を下ると,北ノ俣岳からの大斜面に出る。右手の樹林の陰に寺地避難小屋があり,ここをベースに薬師や黒部五郎にアタックするパーティも多い。小屋はマットが敷いてあり綺麗に管理されているようだ。

ガスの中,コンパスで確認しながら大きな尾根を登る。北ノ又の稜線出る最後の登りは夏道が出ておりスキーを外す。北ノ俣から尾根を滑り太郎平小屋を目指すのだが,ガスって快適な滑りとはいえない。少し下った所から左にトラバース気味に下ると,太郎山の登りとなるが,ガスってルートが分からずに何度もコンパスで確認して小屋に着くことが出来た。

5/4 ガス後晴れ

太郎平小屋8:10--------9:40休憩所-------10:40避難小屋12:10-------12:30薬師岳頂上13:30〜〜西面
〜〜
13:47登り返し14:12〜〜〜〜14:45登り返し--------15:50太郎平小屋

朝からガス。出発を見合わせているとガスが晴れてくる。すぐに出発するが,またガスになり,前日のトレースとコンパスでルートを確認しながら登る。ガスの中,避難小屋に着くと,登山者が1人,嬉しそうに近づいてくる。昨日,薬師を越えたがガスで太郎平へのルートが分からず,何度か試行錯誤したが,あきらめて近くにテントを張ったのだという。よくこのガスの中登ってきた,これで下山ルートが分かったと嬉しそうにテントに戻っていった。

 ところで避難小屋は,小屋とは名ばかりで石積みがあるだけ,中に入ることも出来ない。ガスで風も強く寒いのでツェルトを被りガスが晴れるのを待つ。時々,薄く太陽が見えるのだが相変わらずガスは晴れない。あきらめてガスの中,頂上に向かう。頂上に到着。ガスの中の下りではつまらない。あきらめきれず少し待つと,やっとガスが晴れ,薬師正面の大カールが眼下に広がってくる。今日はこのコースを滑る計画であったが,登り返しの時間などを考えると時間が遅くなってしまったので,やむなく薬師岳西面に変更する。

頂上からトラバース気味に滑り降りると,雪質は申し分なくスピードの乗った大滑降が楽しめる。
雪が重くなってきたところで,沢の底から目の前の小ピークに登り返す。小ピークからの斜面は滑りやすい中斜面だが雪が重くなってきている。それでも青空の下,気持ちいいシュプールを描いて,太郎平へ続く沢に降り立ち,沢をしばらく登り返し太郎平に戻る。待った甲斐のあった一日であった。

5/5 快晴
太郎平小屋5:50-------7:10北の俣岳-------9:20黒部五郎岳9:50〜〜〜〜〜赤木沢・黒部川合流点
--------12:50
赤木沢岳〜〜〜〜〜13:30薬師沢13:50--------15:00太郎平小屋

快晴。今日はロングトレイルだ。朝早く出発。北ノ俣岳に登り返した後,赤木岳は北側斜面をブロックに注意しながら大トラバースする。スキーの威力発揮というところだ。コルからは背後に薬師の雄姿を見ながら黒部五郎岳の急斜面を登る。黒部五郎岳頂上からは,薬師岳をはじめ,針ノ木,水晶,三俣蓮華,槍,笠と大展望だ。

 展望を楽しんだ後は,大滑降が待っている。頂上でスキーを付け,登ってきた斜面へと滑り込む。カールを滑っているパーティも見えるが,東側斜面で日が当るため雪質が緩み,重くなっているようだ。それに比べ,我々の北西面の斜面は最高の雪質だ。感嘆の嬌声を発することも,止まることも忘れ,あっという間に滑り降りてしまった。しばらくして振り返ると,背後に今滑り降りた大斜面があった。

ここからは重くなってきた雪質の中,赤木沢に向けて滑り降りる。ウマ沢,赤木沢を越え赤木平に登り返すのだが,取り付きを探しているうちに黒部川の合流点付近まで下りてしまった。(本来ならばもっと上から取り付くべき)

赤木平へは会津の山域のような樹林のなかを登ると,無木立ちの広い雪面に着く。赤木平は四方を山に囲まれた別天地だ。ここから薬師沢までの最後の滑降が待っている。雪質は少し重くなっているが,前方に薬師岳を臨む最高のロケーションの中,快適なシュプールを描く。

薬師沢からはシールを着け,今日の感激の滑りを思い返しながら沢を詰め太郎平に戻った。

5/6 晴れ

太郎平小屋7:50-------8:55北の俣岳9:07〜〜〜〜〜9:21寺地山避難小屋下-------10:15寺地山〜〜
〜〜
12:00飛騨トンネル〜〜〜〜12:10=========新穂高(温泉)========20:00下館

後半は天気が崩れてくるとの予報なので,今日中に下山することにしたが,2日目に遣り残した薬師岳中央カールが忘れられず,午前中にこれを滑ることにした。しかし,朝起きると薬師頂上付近がガスに覆われている。残念,下山。

未練を残しながら北ノ俣岳に上り返す。北ノ俣岳から寺地山に向かう大斜面では,嬌声を上げながら滑りを満喫し,最後は,雪が少し重くなった斜面をガンガン飛ばして終了。
寺地山に登り返し,3日前に登ってきたルートを辿り飛騨トンネルへ。

そして新穂高温泉の露天風呂で汗を流し,満足の極楽スキーが終了した。