1.期間        20001228日〜31
2.山域及びルート  北アルプス 遠見尾根〜五龍岳往復
3.メンバー     中野,舞木,北条,菊地,宮本,関谷

4.結果

12/28

 21:00水戸市(県庁出発)==========(常磐:外環:関越:上越道)========更埴IC====(オリンピック道路)=======2:00白馬五龍スキー場  仮眠

21時に関谷車で出発。白馬に近づく頃から雪道となったが,快調に五龍スキー場に到着。早速,駐車場にテントを張り仮眠

頂上直下の急登

12/29(曇りのち晴れ)

 リフト終点9:15----------------------11:40小遠見トラバース----------------12:40中遠見-----------13:30大遠見手前(BC)

駐車場の係員に起こされて起床。共同装備の分配など出発の準備をした後,車を第4駐車場に移動する。テレキャビンの運行時間は8時15分からであった。
テレキャビン,リフトと乗り継ぎ,地蔵の頭手前から,いよいよ登山開始だ。同行は3パーティ。(この後,何パーティも遅れて入ってきた。)
地蔵の頭からはスキーのトレースの他に微かながら前日のトレースが認められ大いに助かる。
少しラッセルし尾根に登ると,日本山岳会東海支部のテントが設営してあり,しっかりトレースが付いている。(このパーティは,この日,大遠見手前まで往復し,トレースを付けた。)
大遠見の手前でトレースが無くなり,ここからラッセルとなるが,先行パーティが手間取っていたので,我々は,ここをBCにすることにした。(昨年のテン場の約10m先)
テン場の整地などをしている頃からガスが晴れ,五龍岳が見え始めた。明日は絶好のアタック日和になるだろう。唯一の心配は白岳のラッセルだ。
夜,縦走隊と交信。縦走隊はラッセルが進まず,2日目の幕営を丸山ケルン付近とし,明日は,縦走を断念し,唐松岳を往復するとのこと。残念ながら五龍での合流は出来なくなった。


頂上への最後の登り

12/30(晴れ)
 4:00起床
 BC6:30-----------------9:50五龍岳小屋10:15---------------11:38五龍岳頂上11:50---------------------12:50五龍岳小屋13:07-----------------14:52BC

出発して間もなく朝日が昇ってくる。富士山も見え快晴だ。既に1パーティが先行しているし,遠く白岳にもしっかりとしたトレースが見える(どのパーティがこのトレースをつけたのか最後まで分からなかった)。トレースのおかげで心配したラッセルも無く快調に五龍小屋に到着。バックアップしてくれた宮本,関谷先輩は小屋までということなので,我々4人はアイゼンをつけ頂上に向かう。最初強かった風も弱まり絶好の天気だ。頂上直下の雪壁はすごいラッセルになったが,先行パーティと協力し無事突破(ほとんど先行パーティが行った。)し,頂上で固い握手。
頂上からの展望は最高だ。鹿島槍,剣岳は言うに及ばず,遠く槍ヶ岳の穂先も見える。
充分展望を満喫した後,舞木部長の音頭で万歳三唱を行う。
危険を伴う下りでは,ザイルを出すなど慎重に行動し五龍小屋に戻る。後はのんびりと白岳を下るだけだ。先ほどまで快晴であった空には薄い雲が出てきており,天気の崩れの兆しが見られる。
ントに戻り,残った食料などで豪勢な夕餉を楽しむ

12/31(曇り)
6:00起床  テント撤収
8:14---------------9:45地蔵の頭----------9:55テレキャビン=======長野IC========(常磐
:外環:関越:上越道)===============19:00水戸市
寝を楽しみのんびりと起床。天気は思ったよりも崩れてなく,薄曇の状態だ。
20世紀最後の日の出は,雲を通した柔らかな光であった。
テレキャビンの出口で,残念ながら山では合流できなかった縦走隊の出迎えを受ける

5.感想

今回は,50周年記念事業の唐松岳から五竜までの縦走を主に考えたので,定着は二年続けて同じ遠見尾根のルートになった。しかし,縦走隊が五竜までの縦走を断念したので,五竜に登ったのは我々だけになってしまった。我々も2泊3日の日程しか取れず,登頂はワンチャンスであったが,幸い天気にも恵まれ,快晴の五龍岳に登ることが出来た。ラッセルがきつければとても3日で頂上は無理である。トレースが付いていたこともラッキーであった。
この遠見尾根ルートは,尾根が長いのでラッセルへの備えは充分しなければならないが,リフトが利用できるのでアプローチが容易で,短期間で楽しむには最高の山域だと再認識した。テント場のロケーションもよく,テントから鹿島槍や五龍岳を眺めているだけでも充分満足できるところだ
また,今回はザックの重さを気にせず,食料をたんまりと荷揚げしたので,量,質ともに満足した食事を楽しむことが出来た。宮本,関谷両先輩にも沢山の荷を背負っていただき感謝している