奥三界山(1,810m)

平成16年11月22日(月)〜23(火)
檜山 隆(単独)

記 録
 奥三界山は,岐阜県と長野県の県境にあって,山頂が長野県大桑村,岐阜県川上村,付知村の三村に接することから,この山名が付けられたという。ただし,長野県側からの登山道はない。林道はかなり上まで開かれているが,夕森公園からは一般車は通行止めとなっているため,長い林道歩きを強いられる。

 ○11/22(月) 土浦〜岐阜県川上村夕森公園 407km
土浦IC12:10─── (常磐・首都高・中央高速)─── 中津川IC17:30─────18:15夕森公園

 昨晩,好天気が確実な時に,山を登らずにいることに一種の罪悪感,或いは焦燥感を強く感じた。急遽出掛けることにして,計画書を急ぎ作成し,朝一番でメールした。
しかし,予想外だったのは,当初予定した鉢盛山が先日の台風で林道を閉鎖していたことだった。とりあえず,林道は大丈夫と言う奥三界山を目指した。

午後から代休をもらって出発。順調に高速を飛ばして中津川ICへ。食糧を買い出しして夕森公園へ。テントを張って,ビールを開けた。家や緊急連絡先の飯島などに電話をする。空には星がちりばめられていた。明日が楽しみで,20時には就寝してしまった。


 ○11/23(火) 起床:5:50  天気:快晴 夕森公園〜自宅 520km
夕森公園6:30─── ゲート(735m)6:50──────7:08林道分岐(840m)────7:48夕森田立林道分岐(1,210m)──────8:20昇竜の滝(1,355m)───────8:36林道終点(1,460m)───── 9:33奥三界山(1,810m)10:00──────────10:40昇竜の滝──────11:18夕森田立林道分岐─────── 11:35林道分岐──────11:55ゲート──────中津川──────松川IC17:50────(中央高速・首都高・常磐道)───── 22:10那珂IC───  22:20那珂町・自宅

予定の6時前に起床。レトルトを温めて腹に詰め込んだ。林道ゲートまで車を移動して,出発の準備した。アスファルト舗装の川上林道を行く。左手に大きな滝と立派すぎる四阿屋が見えた。ここから直ぐに林道分岐となり,沢を目指して少し下った。コールタールの強い臭いが残る定員一名の橋を渡り,対岸へ。

一ツ滝・アゼ滝の分岐を分けると,急傾斜の登りとなった。400mの登りであった。登り着いたダートの林道には「夕森田立林道」の表示があった。ここからまた林道歩きが始まった。大きく右に見える山が夕森山だ。林道が頂上近くまで開かれていた。周囲の山々は皆伐採されていて,気持ちいいくらいに明るい山となっている。

行く手に豪快に落ちる滝,昇竜の滝が見えてくると,林道分岐は近い。左の林道にはいる。しかし,この林道は落石に埋まって,辛うじて人の歩くところだけが確保されている道だ。この林道終点には造林小屋があって,その後から本格的な登山道となっていた。

ハシゴを登って,ササの道になる。笹原となって展望が開けた。南に逆光の中に大きな恵那山が見えた。中央アルプスの山々も黒い山塊となって連なっていた。少し行くと細い沢が流れていたので,ここで大休止した。水は冷たくて旨かった。ここから僅かで水の流れるガレ場を登る。日陰には雪があり,今季初めての雪を踏みしめて登った。鬱蒼とした樹林帯に入ると,登山道は湿地帯状となっていて,細い丸太などが置いてあるが,これを踏み外すと悲惨な目に遭うこと必然である。

勾配がなくなって,ようやく目の前に大きな展望台が見えた。天気は上々。早速ビールを開けて,周囲の山々の同定を楽しんだ。一番目に付くのは真っ  白な御岳だ。中央アルプスの木曽駒も見えた。御岳の左奥に見える真っ白い山塊は白山だろうか。ただ,周囲の木々が高いので,山の上の部分しか見えないのが残念であった。

満足して下山に掛かった。往路を忠実に辿る。林道歩きがやっぱり長かった。途中で青い空に映えるモミジの紅葉に感嘆して,ゲートに着いた。この晴天に恵まれた山行でひとりの登山者にも会わなかったのが不思議であった。

ここを終えて,次なる山「冠山」に行こうと思い,中津川駅派出所や所轄の揖斐警察署そして地元役場に確認したら,峠に行く道は台風の影響で早々に通行止めとのこと。仕方なく,妻籠宿に寄りながら帰途に付いた。