富士山登頂とスキー滑降

平成18年5月21日(日)
スキー隊=檜山・飯島・中野・水越  歩行隊=矢田・西村
記 録
県庁3時集合 
3:10-----6:25富士宮五合目7:00-----11:00~11: 頂上小屋-----11:35~12:15富士山頂頂上小屋------13:2015:25富士宮五合目-----15:50(温泉会館)----0:15県庁(解散)

 
 県庁に3時集合し、飯島車で出発。首都高もこの時間では混んでいない。東名の御殿場ICで降りて、一路富士宮口五合目へ。下界では雲が掛かっていたが、登るにつれて雲も取れてゆく。五合目レストハウス付近には、既にたくさんの車が駐車されていた。用意をして出発する。

  雪は思っていたよりも少ない。ルートは忠実に夏道を辿ることもできるが、7合目の小屋手前から檜山と中野は雪渓を登る。7合目小屋の下から中野は夏道へ。多くの登山者は夏道にルートを採っていた。天気は上々、むしろ暑い。雪渓は繋がっておらず、8合目の小屋下で夏ルートへ。小屋を抜けると大雪渓が拡がっており、ルートは雪渓の中に導かれた。

  山頂小屋の下で雪渓は終わり、夏道を辿って鳥居をくぐれば浅間神社のある山頂小屋だ。たくさんの登山者が休んでいた。スキーを担いで一人山頂を目指す。山頂からお釜に向かって滑り込んでいる者もいたが、ほとんどはスキーはデポして山頂に向かっていた。最後の斜面を登って、懐かしき山頂に着いた。

 写真を撮りながら仲間を待つ。水越、矢田そして西村が到着。合同写真を撮った。
小屋に戻る矢田、西村を見送って、山頂直下の風のないところで滑降の用意をする。いざ、滑降だ。細いところが1カ所あるが、問題はない。水越は今季初のボードでの滑降だ。少し滑り込んだときに、中野から声が掛かった。お釜の底まで滑降したい誘惑に駆られるが、1時間掛かって登り返す体力はないのと斜面が茶色く変色しており、事前の打ち合わせ通り、2〜3回ほど大きくターンした上部で引き返すことにした。

  山頂小屋に戻ってビールを飲みながら、中野と飯島を待つ。山頂には蟻の行列のように次々と登山者、スキーヤーが登ってきた。中野も戻って来た。頃合いの時間となったので、下山に掛かった。

   歩行隊はどんどん下山して行く。スキー隊は用意をして楽しい滑降に移った。雪は柔らかいが、支障があるほどではない。十分楽しめる雪質だ。斜度もきつくはない。久しぶりの中野も楽しんでいるようだ。途中で飯島と合流できた。滑降途中で何度かガスが上がってきて、視界を閉じた。その度に滑降は中断されたために歩行隊はスキー隊とあまり変わらず下山していた。

  途中の ? m地点で、岩場を一度乗り越して、夏道寄りの雪渓に戻る。あとは雪渓を6合目小屋の下まで滑降できた。夏道ルートを辿って新6合目小屋の上には大きな雪渓が出ていた。上を見ると、中野と水越が滑降の準備中だ。動画撮影の依頼を受けて、最後の滑降を撮った。お見事な二人である。

  五合目レストハウスから温泉会館に移動して、身も心もリフレッシュした。飯島のご厚意で生ビールで喉を潤すことができた。東名は、事故と工事渋滞に巻き込まれたが、ほぼ予定時間で帰宅できた。

                                                             (檜山 記)

(おまけ)
お釜に滑り込む水越君。