焼石岳,和賀岳


   日時 平成17年10月8日(土)から10日() 
2. メンバー  CL水越 SL飯島 菊池 興津 鈴木 
. 目的   2005東北の紅葉と温泉調査


10月8日(土)雨  
水戸19:00==24:00水沢IC==1:00中沼登山口1:30(就寝テント泊)

当初の予定では、平泉前沢ICで降りる計画だったが、ETCの深夜割引を利用するため、水沢IC(少し遠回りであるが、一般国道の走行距離を短縮できる)まで高速を利用することとなった。時間調整のため阿武隈SAで30分、前沢SAで30分程休憩したので、実際の高速道路走行時間は3時間半程度であった。

前沢SAにおいて、本気で幕営しようと場所を探していた水越さんを、新入部員の鈴木くんが不安気に見ていた。恐らくこれから始まる3日間に対して、かなりの不安を感じていたことだったろう。

テン場となった中沼登山口の駐車場は、地面に埋まった石でかなりゴツゴツしていてあまり寝心地がいいとは言えなかったが、寝息(イビキ?)の合唱からすると、私以外の参加者にはあまり関係ないレベルだったらしい。


10月9日(日)晴れ 
5:15中沼登山口6:00---7:40銀名水7:50---9:00泉仙沼---9:20焼石岳10:10---11:50銀名水---13:10登山口=15:00夏油温泉16:00==18:00弁天島公園駐車場21:00(就寝テント泊)


5時過ぎに起床。空には雲がかかっていたが、流れが速く、切れ間から青空が見えていたため、十分に晴天が期待できた。それぞれ準備をしながら前日購入の朝食をとった。登山道は前日の雨のせいか小川のせせらぎのようであったが、木道が整備されていて難なく歩くことが出来た。ここの木道には滑り止めとして丁寧に切れ込みが入っていたので、あまり神経を使わず、どんどん歩ける。


軽く登って30分。体が温まって来たところで中沼に到達。山には雲がかかっているが、鏡のような水面に湖畔の木々の紅葉が映し出されており、格好の撮影ポイントとなっていた。日差しが少ないのが惜しまれる。


 15分ほどで上沼に到着。少し日差しが出てきた。石淵ダムからのツブ沼コースと合流し、程なくすると銀名水に到着。しっかりしたベンチが設置されていて、視界も開けており、目の前に獅子ヶ鼻岳の色づき始めた稜線が見えるため、ここで小休止となった。


 銀名水の広場の先で登山道がT字に分岐しており、右は小屋方面に通じていた。左に曲がってすぐに沢を越え、そのまま沢の左岸を上っていくと、右側に滝が見えた。しばらく枯れ沢のような登山道を上っていくと、急に視界が開け、程なくミネカエデを中心とした紅葉の帯に突入した。時折太陽の光が山肌を照らし、光のコントラストが黄紅をより一層際立たせていた。


 銀名水から一時間程で、経塚山への縦走路との分岐点に到達。そのすぐ上にはハート型の泉仙沼がある。そこから少し登った所、焼石と横岳の鞍部が旧道との分岐点となっていた。そこから大森山方向への沢の源流部が紅葉している景色は素晴らしく、露出を変えて同じ写真を何枚も撮ってしまう。

 そこから15分程で山頂に到着。ガイドブックの文句通り360度の素晴らしい展望が楽しめる。飯島さんがビールを片手に方々に電話を掛けていたが、なかなか電話に出てくれる人がおらず、少々ご立腹の様子であったが、これから仕事に出かけるという中野さんが犠牲者となって、飯島氏のビールの味は更に格別のものとなったようである。


 下山時には、飯島さんは同じ道を、他の4名は横岳経由の旧道を通る事となった。横岳への登り返しがタマニキズであったが、その代わりに格別な景色を与えてくれた。登山時には、そのトンネルに突っ込み、赤や黄色に包まれながら楽しんだ紅葉帯が、眼下にまるで赤い絨毯の如く拡がっていた。恐らく、一週間でもずれたら味わえない最高の紅葉を楽しむことが出来た。


 銀名水で先に待っていた飯島さんは、かなり気持ちのいい睡眠中だったらしく、待たされた事より起こされた事にご立腹のようであった。


 駐車場に戻ると、車が出られない位混雑しており、人気が伺えた。
 夏油温泉への道のりは、飯島さんの懸命な運転にもかかわらず、後部座席で3人揃って爆睡してしまいました、すみません。


夏油温泉は昭和初期にタイムスリップしたような雰囲気がある山間の温泉だった。完全に下界と隔離されているような場所だったが、連休中日のせいか、かなりの人で、浴槽はイモ荒い状態だった。


 テン場となった弁天島公園は、広い駐車場にトイレ、水場が完備の最高の宿泊地であり、改めて水越さんの嗅覚には恐れ入りました。残念なのは、歯茎から血が出る程凄まじい水飲み場の水の勢いで、テントの中に居ながら、外から飯島さんの叫び声が聞こえた。

すき焼きと地酒(七福神)の大宴会には、新入部員の鈴木君も満足そうでした。


10月10日(月)曇りときどき雨


4:00弁天島公園6:00==6:45和賀岳登山口7:00---8:30和賀川渡渉点8:50---10:00和賀岳11:10---12:20和賀川渡渉点12:30---13:30登山口14:00==15:00大沢温泉16:30==17:00花巻南IC====22:00水戸 

4時に起床。前日のすき焼きを利用してうどんを作った。各人が(程度の差はあったようだが)二日酔いのようであった。

出発準備が整ったあと、ちょっぴり弁天島の観光を行い、6時に出発。6時45分には、高下川沿いにある登山口に到着。菊池さんが高下川の流れを見たところ、以前増水して渡れなかった時に比べ、水量が少ないとの事だったので、最大の難関である和賀川渡渉が可能な予感がしてきた。

7時直前に登山開始。最初は植林されたスギの樹林帯を登っていくが、やがて登山道は素晴らしいブナの大木に囲まれた道となっていく。大量の落ち葉や倒木でキノコも量産体制。水越さんと菊池さんはその都度足を止めて物色していた。天気のせいか、あるいは樹木の種類のせいか、森の中は昨日のような色づきは見られないが、落ち着いた感じが醸し出されていた


なかなかペースがあがらず、高下分岐に到着したのは登り初めて約一時間であった。そこから稼いだ140mの高度を一気に放出。バブル崩壊を思わせる和賀川への急坂を20分程下っていく。


 和賀川渡渉点の水量はさほどではなく、迷うことなく渡渉する事となった。以前来たことのある菊池さんが先頭を切って渡渉するが、軽く失敗して、渡渉点を10m程上流に変えることとした。水面から出ている石を飛び移りながら5m程対岸に進むところまでは簡単だったが、最後の2mには全く足場がなく、水深も深かった。

 足の長い菊池さんと水越さんは華麗に対岸に飛び移っていったが、私は片足を濡らした。振り返ると、関係ないさ!とばかりに飯島さんがロングスパッツを武器にズボズボ渡ってきた。その後には、もっと関係ないよ!!とばかりに、鈴木君が両手に登山靴をぶら下げて素足で渡ってきた。鈴木君は顔に出さないタイプなので、この時は分からなかったが、後で他の登山客から聞いた話によると、足が痺れるほど冷たかったらしい・・・。

 渡渉した所で雨あしが強くなり、帰りの渡渉の事が心配されたので、登頂か、引き返すかで意見が分かれた。結果、飯島さんと、菊池さんは引き返すことに、残りの3名が1時間半を目標に登頂する事となった。

和賀岳への登山道は、登山者が少ないせいか、整備があまり行われていない印象を受けた。ブナの樹林帯より上部では比較的傾斜がきついため、かなり浸食が進んでおり、場所によっては背丈よりも深く削られている(利尻の山頂付近と同じ感じ)。急登が終わり傾斜が緩くなってくると、登山道は背丈ほどあるササに覆われ、ちょっとした藪こぎ感を味わえる。カッパを着ていなかったためビショ濡れになる。

 いきなり、視界が開けたところがコケ平で、晴れていればかなり展望がよさそうであったが、ガスのため砂利で覆われた緩やかな稜線以外何も見えなかった。10分程緩やかな稜線を歩くと、最後が少し登りになっていて、程なく和賀岳山頂に到着する。

 体中ビショビショの上に、かなり強く冷たい風が吹いており、とてもビールを飲む雰囲気はない。加えて、緩やかな山頂は風を遮る場所もなく、50cm程の石の社を風よけにお湯を沸かして暖を取る。バーナーやドリンクがまるでお供え物のようだ。後から登って来るであろう鈴木君を待つため、ラーメンやコーヒーで体温の回復を図るが、出来上がって2分で冷めてしまうため、すぐに歯の音も合わなくなる。1時間程待ったが上がってくる様子がないので下山することとした。

 下りは、登山道に覆い被さったササで全く足場が見えず、慎重に降りる。1時間程で渡渉点まで下山した。

行きよりも下流に渡りやすい場所はないかと探しながら河原へ降りる。渡渉の算段をしようとした矢先に、目の前に丸太橋が架かっているのに気づく。そのまま視線を上げると、下山しているはずの菊池さんと、登ってきていたはずの鈴木君がにこやかに手を振っていた。菊池さんは渡渉をするため適当な丸太を探して川に架け、足らない部分に岩を沈めて橋を完成させてくれたそうだ。料理店だけでなく、工務店も開業していたとは恐れ入ります。菊池橋と名付ける事を提案しようと考えたが、増水して直ぐに流されてしまうということを聞き、取りやめた。

30分程かけて高下分岐まで登り返し、30分で登山口まで下山した。車の中で気持ちよさそうに寝ていた飯島さんが、直ぐに起き出し暖かく迎えてくれた。

下山してから訪れた花巻の大沢温泉は、まさに3日間の山行を締めくくるのに相応しい素晴らしい温泉だった。是非また利用したい。

下山から温泉までの道のりで爆睡した罪滅ぼしに、皆さんが美味しいビールを飲めるようにと、温泉からの運転を引き受けることにした。

夕食は菅生SAでとった。仙台牛タンのためにわざわざ夕食を遅らせた割には、誰一人注文する者はいなかったのは何故だろう?

  追記:仙台宮城IC近くのドーム型の施設はプラネタリウムだそうです。

     (記録:興津)


山岳部にまた新たな文才の持ち主誕生です。読んで楽しい雰囲気の伝わる山行記録でした。山行の楽しみは、@計画A実行B報告それぞれにおいて楽しみがあります。特にBの情報の共有化は新たな@計画につながります。というわけで、次回もお願いしますヨ。

今回の和賀岳の方は、全員で登れず展望も得られず少し悔いが残るものとなってしまいましたが、来年は秋田側から真昼岳や女神岳と合わせた秘湯巡りを計画したいと思います。次回企画をまたお楽しみに。 和賀川本流に流されなかったMIZU企画代表 水越