妙高・火打山スキー

実施日  2005年3月19日〜20日
メンバー 中野、飯島、水越、菊池、相良
記録
 3/19(晴れ)
  下館合庁4:15=========8:50妙高杉ノ原スキー場=====リフト終点10:20--------12:20三田原山稜線------
  13:15三田原山〜〜〜〜---------15:35高谷地ヒュッテ避難小屋

 このルートは今回が2回目、5年前の時には天気に恵まれ楽しい滑りを満喫したが、帰路が遅くなり暗闇迫るスキー場にやっと帰り着いたものである。
 今回も同じルートだが、私以外のメンバーにとっては初めてである。
 
 ゴンドラ、リフトを乗り継ぎ一気に標高1855m地点に到達。既に、何組ものパーティが先行しており、今夜の泊まりの避難小屋が満員になってしまうのではと心配になる。
 沢を渡り岳樺のまばらな斜面を巻きながら稜線を目指して登る。斜度はそれほどきつくなく程なく稜線に到達する。この稜線は妙高の外輪山であり妙高山頂が眼前に聳えている。

 ここから往路を戻るグループや外輪山から内側に滑り込み妙高の裾野を巻きながら赤倉スキー場にツアーするグループもいる。後者のほうがより充実したツアーとなるだろう。
 我々は三田原山頂上を目指し外輪山を進む。妙高山頂を右手に見ながらの気持のいい稜線だ。三田原頂上を越えた地点から、黒沢池目指して滑降を開始する。前方には明日登る予定の火打山が見えているのだが、残念ながら頂上付近はガスの中だ。

この下りで飯島さんが重い雪にてこずっているようなので、小屋の場所取りを兼ねて水越、菊池に先行してもらうことにする。
沢を下り黒沢池をまっすぐに横切ったところで再びシールを付けて黒沢岳のコルを目指して登り返す。先行していた菊池君がコルまで迎えに来てくれた。シールを付けたまま少し下って今夜の宿の避難小屋に到着した。

予想したとおり避難小屋は大混雑で、遅く着いた我々は3階の屋根裏部屋となった。少し狭かったが酒もビールもふんだんにあり大いに盛り上がった。 

 

















  三田原山稜線                                   遥か火打山方面を望む


 3/20(晴れ)
  4:45起床  出発6:40--------8:40火打山9:10〜〜〜〜〜〜-------10:40避難小屋11:35----------13:40三田原山   〜〜〜〜〜17:05杉ノ原スキー場(駐車場)=======23:20下館

 快晴。昨夜食べ切れなかった肉と焼そばの朝食を取って出発。
 目指す火打は朝日に輝いている。気持のいい登りだ。稜線に達すると左手に黒姫山、その右には佐渡山から高妻・乙妻の山容が、さらに右後方には後立山連峰が真っ白に輝いている。遠くには富士山も見える最高のロケーション、休憩ししばし展望を楽しむ。

 最後の急斜面はジグを切りながら登りきり程なく頂上に到着。前方には焼山がデンと鎮座している。しばらく展望を楽しんだ後、いよいよ滑降開始だ。頂上付近はカリカリ、その後はウインドクラストになりかけの滑りづらい雪質だったが、少し下ると雪質が良くなってきた。
早速、登りながら狙っていた南斜面に飛び込み、まっさらな雪面にシュプールを刻んで舞い降りる。最高だ。北アルプスをバックに思い思いにシュプールを描く、至福の一時だ。

 底まで滑って、再びシールを付け避難小屋に登り返す。少し雲が多くなって寒くなってきている。小屋で荷物を担ぎ黒沢岳のコルを目指す。コルから黒沢池に向けて一時の滑降を楽しんだ後は、ひたすら三田原山を目指して登り返しだ。
三田原山の稜線に着く頃から風が強くなり冷え込んできた。昨日登りついた場所よりも赤倉山側に行った地点からスキー場に向けて滑降開始。少し雪が重く飯島さんが苦労している。下るにつれ雪質は最悪のモナカとなってきた。
かなりの時間を費やしたので、スキー場上部に辿りついた時には既にリフトは停まっていた。

充実感・緊張感は無いもののスキー場のコースは滑りやすい。モナカの鬱憤を晴らすようにガンガン下って駐車場に到着した。
下山後は、蕎麦を食べ、温泉に入って帰宅した。



                高妻・乙妻を見ながら休憩

















    火打山頂上 
                                   頂上直下からの滑り。この後右手の斜面に入る。


















   後立山をバックに菊地君の滑り。                        雪煙を上げてかっとぶ水越君