白馬鑓ヶ岳、針ノ木岳

日時 平成17年5月27日(金)から29日(日) 
メンバー 水越 健夫 檜山 隆 菊池 一弘
目的 山スキー技術の向上及び来年度に向けた雪渓状況調査
       (所謂 さよなら山スキー2005シーズン)
5月27日(金)曇り 
 水戸20:00==伊勢崎IC==長野IC==オリンピック道路==26:00猿倉山荘26:30就寝  

春合宿の剱岳山頂直下からの滑落の心と体のリハビリそして今シーズンのさよなら山スキーを締めくくるため白馬鑓温泉と白馬大雪渓か針ノ木雪渓の両方かいずれかを現地の天候等の状況から判断することで今回の計画がまとまった。針ノ木雪渓やりたいと言い続けていた北条さんは今回参加できず3人となった。菊池車で家まで廻ってもらい予定どおり猿倉山荘前の駐車場に6時間で到着。バスの旋回スペース以外約20台分の駐車スペースあり。最後の1台のスペースであった。その後も夜中なのに車が何台も上がってきたが、手前の駐車上まで戻っていった。車の脇にテントを張り入山祝い。しかし、眠くて即就寝。

5月28日(土)晴れ
5:00猿倉山荘駐車場6:00---7:50小日向のコル8:10----8:30登り返し----9:40白馬鑓温泉10:00----11:30大出原12:10===12:30白馬鑓温泉13:00===13:30登り返し14:00----15:30猿倉山荘16:00====17:00扇沢駐車場 21:00就寝

4時起床予定も寝過ごし5時となる。身支度を整え6時にはテント撤収出発。ブナの新緑に囲まれたさわやかな朝である。快晴の向こうに白馬岳が見える。しかし、こんなことは初めてだったが、睡眠不足のためかピッチが上がらない。檜山、菊池の快調な足取りにしだいに遅れ始め小日向コルで20分以上待っていてもらう始末。なんとしても足が上がらないのだ。滑落の呪いが解けていないのか。コルからは雲がわき上がりつつあったが白馬鑓や杓子岳の雄大な風景が広がっていた。

コルからの下りは洗濯板状、スプーンカット状まともに滑れる状態ではないため担いで降りる。登り返しからシール登高となる。硫黄の臭いがきつくなり、お湯が滝のように流れそこだけ雪がなくなっている白馬鑓温泉到着。小屋は解体され湯船だけ満々とお湯を溜めている。ビールを雪の中に埋め、先を目指す。

勾配が急になり、前日の雨がここからは雪になったらしい。それまでの茶色い雪から、5月連休の頃のようなまっ白な世界が広がっていた。しかし、ここでもピッチが上がらず時間切れとなり白馬鑓ヶ岳手前の大きな雪原の大出原(標高2550から2600m)までとなった。山頂まであと約300mワンピッチか。

山頂からショートスキーで重い雪をものともせず華麗に降りてくる山スキーヤーがいた。早朝4時に猿倉を出て白馬大雪渓を登り杓子を越えてきたとのこと。登り返しを考えるとその方が効率的か。期待した滑りも気温が上がり表層雪崩を起こしており重い雪であった。温泉から見える斜面から温泉前までが最高に気持ちいい斜面であった。

雪の中の埋めていった3本のビールのうち2本は誰かにストックで穴を開けられ中身が無くなっていた。残ったものを持って温泉へ。しかし、お湯はちょうど適温であるが掃除がされていないため緑の藻?が繁殖。そおーと入らないとどぶの中のような状況になってしまう。裸で滑って転んで怪我をしそうになったが、天気は快晴、3人での貸し切り露天風呂温泉と冷えたビール、残雪の山々、自分のシュプールを眺めながら至福の時を過ごした。

下りの斜面もまずまず楽しめた。コルまでは登り返し。コルからは担いで降りてしまった。コルからは長走沢がいいらしいが、コルの直ぐ下にテープと赤の着色剤が播いてある沢があった。沢の下部の方まで着色してテープがあり、かなり下の方に10人以上の下山して人を発見。猿倉への新しいルートかと降りていくと、どうやら雪崩で埋まった仲間を捜索している人たちであった。テントごと流されたらしく、遺留品の発見場所に印があった。途中から猿倉台地の朝登ってきたルートに戻る。

白馬大雪渓も捨てがたいが、今日の白馬鑓沢と同じの状況ではということになり、針ノ木雪渓の扇沢に移動することにした。
連休中は満杯の駐車場もがらがら。有料駐車場の直ぐ下の無料駐車場に車を止めテント設営。菊池料理長のクーラーボックスからは、定番の餃子に焼き肉、冷や奴等々食べ切れない量の食材と酒が。スタミナ太郎扇沢店の開店である。

 



5月29日(日)晴れのち時々曇り
4:00扇沢駐車場5:40----5:55砂防堰堤----7:10大沢小屋7:15===8:50マヤクボ沢出合9:00==9:50針ノ木峠10:15====10:30マヤクボ沢出合====11:00最後の砂防堰堤----11:25駐車場12:00==12:30大町温泉薬師の湯14:30========20:30水戸

 飲み放題食べ放題でたっぷり栄養と睡眠を摂ったせいか今日は体調がよい。天気もまあまあである。雪質が昨日と同じで天気が悪い場合はそこで打ち切りとの予定で出発。トロリーバスの車道から一旦山道に入り堰堤工事用車道を登る。雪が付いて入れば最初の堰堤箇所から沢に入ればいいが、付いていると思えず夏道を苦労しながら大沢小屋まで登ってしまった。あとで判ったが、ここから取り付けたのである。帰りは最初の堰堤までほぼ滑ってこられた。

 大沢小屋の先で沢におりシール登高開始。始めは晴れていたが、直ぐにガスがかかり視界不良。やめるかとの掛け声も出てくる。しかし、もう少しもう少しと登り続けると視界が開けマヤクボ沢出合となる。ここから斜度が急になりジグザグの登高を繰り返していると「エっ?」と言うあっけない感じで峠に着いてしまった。

しかし、峠からの視界は悪く、たまにガスが晴れるが、すぐ見えなくなるの繰り返しであった。峠から1時間20分ほどの針ノ木岳頂上も諦め、ベーコンを焼きながらビールで乾杯。晴れ間を待つ。30分ほどで次第にガスが薄くなり、針ノ木雪渓の全景が見えた瞬間、滑降開始。マヤクボ沢よりの樹林の間が、トレースもない最高のひゃほおおおおおおおおおおおおーーーーーおおおおと雄叫びがいつまでも消えない今シーズン最高の斜面であった。

あの檜山さんもサイコーーーーーウと満足行く滑りが出来たようである。同じような標高でも針ノ木の斜面は北向きであり、石や、木の枝も少なく、扇沢から山スキーをフルに利用できれば3時間の登りで楽しめるお手軽コースであった。針ノ木山頂からの滑降となるとこれは結構大変そうであるが、今後、さよなら山スキーの定番に加えたいルートである。帰りは大沢小屋の下の堰堤も越えて何とか一番下の堰堤まで繋いでしまった。ここから徒歩15分で扇沢駐車場である。

 いつもの薬師の湯に入り近くの春合宿にも寄ったうどん屋で、帰りは俺が運転するからとの檜山先輩のご厚意により菊池と二人生ビールの大ジョッキを空けてしまった。斯くして今シーズンのさよなら山スキーは終わりよければ全て良しとなった。檜山さんありがとうございました。