燧ケ岳

メンバー    中野、水越
記 録     平成17年4月2日

 関谷コンビニ3:30----桧枝岐5:45(下米子)---

七入り6:10---ブナ坂取り付き6:45---7:30ブナ平分岐7:50

---メラッパシ入口8:50---東田代9:35----

12:00頂上12:40---ブナ平分岐13:50---下米子14:45

毎年単独で出かけていた燧ケ岳日帰りのスキー山行だが、今年は水越君と2人で出かけた。
この時期だと、七入りまでの除雪が済んでいるときもあるのだが、今年は雪が多く、下米子までしか入れなかった。しかし、例年、檜枝岐から往復していることを考えれば30分は短縮できることになり、体力低下を補えそうだ。

天気は上々、明日辺りから崩れるようだが、午前中は問題はなさそうだ。
シールを付け出発。七入りを過ぎブナ坂の取り付きに向かう途中の道路上に、カモシカが死んでいた。原因はわからないが血の跡もある。気持悪いのであまり見ないようにして通り抜ける。

ブナ平からメラッパシに向かい道から離れると、トレースは全く無くなったが、いつもの通いなれたルートだ。沼山峠への道を横切り、沢に沿って進んで途中から左の尾根に取り付きメラッパシを目指した。

メラッパシの入口を経由して東田代に登る。急斜面でいい雪質なのだが、帰りの滑降時点では重い雪質になっていることが多いところだ。急斜面を登り切ると東田代の平坦地の出る。正面に燧ケ岳が聳える見晴らしの良いところで、絶好の休憩ポイントだ。

東田代を横切り、沢筋を詰めながら熊沢田代に登ると、燧ケ岳はもう少しだ。
熊沢田代からオオシラビソの樹林帯を抜け、頂上直下の大斜面に取り付く。スキーアイゼンを付けて最後の急斜面を登る。雪質によってはスキーを担いだほうが早い場合もある。稜線に到着すれば、頂上は指呼の距離だ。

頂上の眼下には真っ白な尾瀬沼、そして日光連山、目を移せば尾瀬ヶ原の向うに悠然と至仏岳が聳え、平ヶ岳や越後三山方面も望める。振り返れば会津駒、そして我々が登ってきたルートが望める。すこしうす雲が出てきてしまったのが残念だが、雄大な展望に満足し、ビールで乾杯だ。

ビンディングを固定しいよいよ滑降開始。頂上からまっさらな斜面に思い思いのシュプールを描きながら舞い降りる。至福の一時だ。一時の滑降の後、左にトラバースしながら熊沢田代を目指す。まだまだ楽しめる。熊沢田代、東田代と滑りつないでブナ平に戻る。ブナ平の手前からは平坦になり、推進滑降で進むことになる。最後の滑降は雪質の重くなったブナ坂だ。この重い雪質を楽しむと滑降は終了だ。七入りからは疲れた体に鞭打ち推進滑降で下米子に戻る。いつもながらこの車道の戻りは辛いのだが、今回は下米子までだから大分楽だ。

檜枝岐の燧の湯で疲れた体を癒し、蕎麦を食べて帰路に着いた。


         東田代からの燧ケ岳                             頂上直下の滑り