尾瀬、燧ケ岳
山行日   3月21日(日)
メンバー   中野(単独)

記録
 自宅2:00-------桧枝岐5:45-----6:40七入り-----ブナ坂取り付き7:05----ブナ平(分岐)8:10------9:10メラッパシ田代入り口-----10:30熊沢田代-------11:40頂上12:15(滑降開始)〜〜〜13:10七入 温泉に入り蕎麦を食べて15:00出発-----18:40自宅

 先週は谷川に行ったのだが、十分な満足が得られず、今回の山行となった。
日曜日のほうが天気が良さそうなので、土曜日は早めに寝て深夜に起床して、桧枝岐を目指した。
しかし桧枝岐まで来て唖然となった。七入りまでは除雪が進んでいると聞いていたので安心していたのだが、なんと全く除雪が進んでなく桧枝岐で通行止めとなっている。除雪車がブロックしていて全く進めない。

溜息をつきながらも天気が良いのでここで帰る訳には行かない。朝食を食べスキーを担いで出発。除雪はキリンテまで、後は全くだ。雪が締まっているので七入りを越えブナ坂の登り口までスキーを担ぐ。

ここで、スキーを付け登りはじめる。ブナ平の外れで道路に分かれて左手の樹林に分け入ると全くトレースが無くなった。幸いたいしたラッセルではなく快適にシュプールを延ばす。メラッパシを越え東田代を過ぎ熊沢田代へ。ここで御池からのシュプールに出合う。頂上直下を見ると数人が直下の急斜面を登っているのが確認できた。

頂上に着くと先ほど見えたパーティが出発の準備をしている。5人パーティで昨日は御池で幕営し、今日は尾瀬沼を越えて大清水に抜ける予定らしい。
頂上ビールを飲みながらこのパーティを見送る。しかし今日は風もなく最高の天気だ。越後三山、平ヶ岳、至仏山などの展望も素晴らしい。

さあて、十分展望も楽しんだので、いざ滑降開始だ。頂上から大斜面に飛び込むが、思ったよりも雪が重くあまり華麗な滑りとはいえない。力で回しながらの滑りで熊沢田代へ。ここからは重いながらも良く滑る雪でガンガン滑れる。

楽しくて楽しくて休むのも忘れて一気に滑り降りる。暖かな日差しにいつしか頬が緩み、自然に笑い声も出てきてしまった。結局、頂上から休まずに桧枝岐まで一気に滑り降りてしまい、スキーの機動性を遺憾なく発揮した山行となった。