グランデコから西大巓
日時   2004年2月8日 グランデコから西大巓
メンバー 中野、北条、相良
天気   快晴のち吹雪

記録  グランデコスキー場上部リフト発9:40-------- 12:30西大巓13:00発〜〜〜〜〜14:30スキー場
 今シーズン初めての山スキーだ。
 昨年、西吾妻からの下りで悪戦苦闘したので、今回は西大顛までとし、のんびりと滑りを楽しむことにしたのだが、雪が深くて、滑りを楽しむどころではなくなってしまった。
 
 最上部のリフトの運行開始が9時からということなので、ゲレンデで1本、足慣らしをしてから登ることとした。前日の降雪のためゲレンデの雪質は最高で、気持のいい滑りだ。

 天気は快晴、新雪が目にまぶしい。リフトを降りてシールを張り出発。トレースはなくスキーを履いていても膝くらいまでもぐるすごいラッセルだ。悪戦苦闘してラッセルしていると、いつの間にか後続がいない。待っても登ってこないし、声をかけても返事がないので降りてみると、相良が急斜面が登れずトラぶっていたらしい。なんとスキー靴のバックルを滑降と同じようにガチガチに締めていたのだ。バックルを弛めて歩くモードにしたので少しは改善できたが、それでも急斜面は登れず苦労している。

そんなトラブルをしているうちに後続に抜かれ、きれいなトレースが出来たので、以後はこのトレースを利用させてもらうことにした。

いつの間にか天気が崩れてくる。朝の快晴が嘘のようだ。西大顛に着いたときには吹雪で先が見えない。寒くて休む気にもなれないので、すぐに下りにかかる。吹雪で登ったトレースも消えてきているので慎重にルートを読みながらの下山となる。本来は楽しいはずの下山なのだが、雪が深くてスキーがほとんど滑らない。

新雪は楽しいのだが、こんなに多くては滑りにならない、急斜面でもあれば良いのだが、ここにはそんな急斜面はなく残念だ。途中からはトレースも分からなくなったのでコンパスで方向を定めてラッセルしながら下る。やや東よりに降りたので、スキー場の高度に達したところで西に回り込んでスキー場に出た。最終リフトよりも少し下ったところであった。