平ヶ岳

高層湿原に酔いしれる山旅

平成16年9月25日(土)〜26日(日)

メンバー  中野、相良、一家、矢田、西村

1日目 天候:くもり

下館4:40==========8:40登山口9:15-------11:15下大倉山-------15:30テント場

 当初は、秋の涸沢を予定したのだが、思ったほど天気がよくないので、高層湿原を楽しめる平ヶ岳を選んだ。登山口は車が15台ほど止められそうな広い場所だった。
 いきなり急登が始まり、1時間ほどで稜線にでた。しかしながら先はまだまだ遠い。大倉山を過ぎたあたりから、グチャグチャした樹林歩きが続く。いったん平らになり、山頂は近いと思わせておきながら再び急登りが続く。

 登りにうんざりした頃、視界が開け、姫の池に着いた。テント場は、ここから少し下ったところだが、既に4〜5組ほど先客がいて、空きスペースはほとんどなかった。地図には10張りほど可能と書いてあるが、快適に過ごせる場所は、5張りほどが限界ではなかろうか。結局、我々は姫の池の休憩場(木道)に張ることにした。高層湿原に抱かれたテント場とはなんと贅沢なことだろう。

 宴会が盛り上がった頃に、雲が切れ、湿原全体が夕陽に照らされた。とても神秘的な瞬間だった。日も暮れ、宴の続きはテントの中で行った。酒もだいぶすすみ、そろそろ寝ようかなと思う頃、心地よい酔いのせいか、お姫様が突然陽気になってきた。挙げ句の果てには中野さんにストンピングアタックを食らわす始末。その後、泥酔しきった鬼姫は、奇声を発しながら湿原にドボン。そんなことはお構いなしと皆、深い眠りについていくのであった。

2日目 天候:小雨
 テント場7:10----7:40山頂---8:30玉子石---テント場9:30----13:20登山口13:40=========20:00下館

 今日は朝から雨、朝食を済まし、空身で山頂〜玉子石を歩いた。早々とテントを撤収し、往路を下った。帰りは檜枝岐で温泉&そばを堪能した。

(記録:一家)