平成16年度冬山合宿報告書  遠見尾根
 
期 間 平成16年12月28日(火)〜31日(金)(2泊3日)
山 域 北アルプス 遠見尾根・大遠見BC
     (舞木部長の現役最後の冬山行)

参加者
檜山 隆、 中野一正、舞木善郎、北条友由、菊池一弘、相良順一、 矢田和寛、 宮本 昴、関谷銃造

行動の記録
○12/28(火) 友部町中央病院集合20:30 友部・中央病院20:50─────岩間IC──(常磐・外環・関越・上信越)───
友部病院集後して,関谷・檜山車に分乗して出発。高速道はどこも混んでおらず,順調に長野ICへ。

○29日(水) 天気:曇のち小雪のち大雪 就寝:19:40
─────  0:15長野IC───(オリンピック道)──  1:40白馬五龍岳スキー場(仮眠)─  テレキャビン駅8:2─ リフト終点8:55──9:00地蔵の頭──── 10:00一ノ背髪─────10:30二ノ背髪──── 小遠見直下分岐11:00───11:40中遠見─────  13:05大遠見テン場 〔14:00テン場整地完了〕

オリンピック道に入っても,雪はほとんどない。予定時間より早めに着いた。大テントで入山祝いを挙げて仮眠を取った。天気が雪でなかったことに感謝した。車でテレキャビン駅まで移動したのち, 第4駐車場に戻す。テレキャビンの始発は,8時15分である。

テレキャビン・リフト乗り継ぎ,終点から僅かで地蔵の頭に着いた。トレースはないものと覚悟していたが,国道級並の立派なトレースが上に延びてい た。先行しているラッセル者に感謝しつつ登る。見返り坂を過ぎて,一ノ背髪に立ち行く手を見ると,稜線沿いに2つのピークが見えた。一番奥が小遠見であった。忠実に稜線を辿り高度を上げて行く。小遠見の直下にはトラバース道との分岐がある。トレースは頂上を目指していたので,トレースもここまでと思っていたら,頂上からもそれは続いていた。頂上から長い主稜線を目で辿ると,ガスの中にあの特徴ある武田菱が見えた。

 ここから中遠見までは一旦高度を大きく下げて鞍部に着き,斜面に付けられたルートを登った。稜線が細くなりひと登りすると道標の建つ中遠見尾根に着いた。休む間もなく先を急いだ。中遠見のピークからは,大きく一気に高度を下げることになる。中間点付近に赤いペナントを付けた。(このペナントが翌日のペナントである。) 右側がスッパリと切れた稜線沿いのルートを上下動を繰り返しながら高度を稼いで行く。大遠見への最後の大きな斜面を登り切ると,十二分なスペースのある好テン場だった。

整地,キジ場制作をして,老・壮・青の別にテントに入った。落ち着いたところで9人全員が集合し,楽しい入山祝が始まった。しかし,この夜から大雪に見舞われ,久々の雪掻きとラッセルが始まるとは思いもしなかった。寝て2時間もしないうちにテントは雪に埋もれつつあり,テント確保のための雪掻きを交代でやる羽目になった。当然のごとくトレースは雪に埋もれて消えていた。明日の行動はこれで決まった。


○30日(木) 起床:6:00 天気:雪のち曇 就寝:21:40
テン場発9:00───── 14:00中遠見ピーク直下(赤ペナント地点)───────14:40テン場

 アタックは中止して,退路の確保のために中遠見までのラッセルをする。昨日までの立派なルートは,大雪のため跡形もなく消えていたのだ。宮本,関谷両先輩をテントキーパーにして,腰まで潜るラッセル作業が続いた。久しぶりのラッセルである。その進捗度は遅い歩みだが,確実にルートを延ばしていった。途中で,昨日我々の後から入ってきた 2人パーティーが,テントを下げるために撤退してきた。我々のテン場の直ぐ上に張ったらしいが,そこまでに2時間近く掛かったという。

 昨日中遠見から下って付けた赤いペナントまでルー トを延ばすのに5時間も掛かってしまった。僅か35分程で来たところだが。午後2時となったところで,2人パーティと交代して引き返した。
  久しぶりのラッセル談義でテント内は盛り上がり,祝宴は今晩も盛会であった。そして夜は,満天の星空だった。


○31日(金) 起床:4:30 天気:小雪のち曇
テン場撤収・発8:05─────8:45赤ペナント地点──── 9:00中遠見──── 9:50小遠見直下分岐─────10:15二ノ背髪10:20───10:35一ノ背髪───11:10地蔵の頭──── 11:35テレキャビン駅─────12:00第4駐車場12:20
── 十郎の湯14:00─── 長野IC── (上信越・関越・北関)──伊勢崎IC── (国道50号)────  22:40那珂町・自宅

テントを撤収して,とりあえず中遠見を目指す。40分で昨日赤ペナント地点に到着。ルートは上に延びていた。しかし,頂上直下で2人パーティーと合流し,ここから共同作業となった。中遠見の頂上からは先頭に立つ。ラッセルが始まって直ぐに後から2人パーティーが追いついた。聞けばこの2人が最初のラッセル者であった。(60歳と26歳のコンビである。感謝申し上げた。)
しかし,交代でのラッセル交代でも入山者がいないと,相当の時間が掛かるなあ〜と思っていたら,鞍部地点で入山する4人パーティーと合流することが出来た。お互いにそれぞれのトレースを利用することが出来,早いうちの下山できる目途がついてホッとした。

 ここからは順調にトレースを辿り下って行く。一ノ背髪付近にテントが4張り。
 予定の時間に最終リフト地点に着き,今日から大荒れの天気が予想される中,早めに下山出来たことに2組のパーティーに感謝のあいさつをした。スキー場の中を歩いてテレキャビン駅に着いた。
 十郎の湯に寄り,ラッセルで疲れた体を満足感と共に湯船に沈めた。
                                              地蔵の頭