吾妻スキー場から土湯温泉
1.日時    2004年2月14日〜15日
2.メンバー  中野、北条、菊池、近藤
3.記録
  2・14(土) 晴れ
  那珂IC4:30=========常磐道、東北道=========吾妻スキー場9:30------11:30五色沼上部コル-------12:30前大巓コル---(12:50一切経山往復)〜〜〜〜16:20吾妻小屋
  
 今回は、何年ぶりかで近藤君が復帰してくれた。新しい板は流行のカービングスキー、どんな滑りを披露してくれるか楽しみだ。

 天気が心配されたが、崩れが遅れているのか今日は快晴が続いている。吾妻スキー場の3本のリフトを乗り継ぎリフト終点へ。ここでシールを貼って、前方の家形山を目指し登行開始。樹林の中のだらだらとした登りを過ぎ、最後に短い急登を過ぎると眼下に凍結した五色沼を望めるコルに到着。近藤君はしばらくぶりの山行で身体が重そうな様子だ。(実際重いのだが。)

 稜線は風で雪が飛ばされており、スキーを脱いで夏道沿いに下る。ここから五色沼の西側を抜け前大巓のコルを目指して再び登り返す。30分ぐらいの登りでコルに到着。近藤君が遅れているので、菊池と中野で一切経山に登ることにする。がらがらの斜面を登ると一切経の頂上の到着、広い頂上にケルンが風に吹かれていた。

 ここからいよいよ滑りだ。ルートは前大巓の方面にトラバースして、鎌沼の西側をぬけることにした。前方の前大巓にはシュプールの跡もなく垂涎の斜面だ。時間に余裕があるので、菊池と中野はスキーを担いで前大巓に登ることにする。雪が深くて辛い登りだが我慢我慢。いよいよ滑り、ヒャッホォー、上部は少しクラフトしていたが期待どおりの斜面だ。再び登り返し、今度は北条さんたちの待つ方面に滑り込む。後方には2人のシュプールが残った。

 ここから鎌沼までは気持のいい緩斜面、思い思いにシュプールを描く。ここからは平で歩きとなるが、鎌沼を過ぎ暫らく行ったところから、再び林の中を滑る。トレースが在ったので助かったが、ルートファインデングが難しそうなところだ。
 吾妻小屋には、雪下ろしの手伝いに地元山岳会が大勢入っていて大入りだ。

いよいよ待望の宴会だ。これを目的に来たようなもので自炊場で夕食を作りながら酒を飲み始める。次から次へと料理が出来るので酒もすすみ、夕食までには既に十分に出来上がってしまった。


2・15(日) 吹雪
  吾妻小屋7:20------8:40鳥子平-------9:45高山------滑降開始11:20〜〜〜〜〜15:00滑降終了-------15:10土湯

 昨日と打って変わって猛烈な吹雪だ。予想はしていたがやはり気が滅入る。東吾妻山は取りやめて明るくなってから出発することにした。

 昨日のトレースなどまったく消えた純白な雪面をラッセルする。鳥子平までは車道を辿り、両サイドのポールを目印に進むが、鳥子平からは高山を目指して樹林の中の登りとなる。結構のラッセルになったが雪が軽いので助かる。登りついた高山頂上はすごい風で、頂上の大きな反射板が強風に煽られすごい音を立てている。猛吹雪の中にたたずみ遅れている近藤を待つ。身体が心から冷える。地元山岳会の人たちが我々を抜いていった。

 ガスの中、地元山岳会のトレースを利用して下るが、途中で見失いコンパスで方向を定めて下山する事にした。ここからはシールを外して滑降開始。少し下ると先行のトレースに出くわしたので、これを辿りながら下山する。雪が深く満足できる滑りが出来ない。

途中から東に延びる尾根に取り付くが、雪が深くほとんど滑らず、歩きになる。
しばらく進み林道に出たが、林道もあまり滑らず推進滑降などで下山する。最後はスキーを担いで土湯に到着。
雪が深くスキーが滑らず思ったよりも時間がかかってしまった。
タクシーで吾妻スキー場に戻り、共同浴場に入り帰った。