尾瀬 燧ケ岳
日時 平成15年2月16日
メンバー 中野、北條、桧山
記録
2/15 塩谷コンビ二16:00======18:00高畑スキー場  幕営
2/16 高畑=====桧枝岐6:20-------7:20七入り--------8:30ブナ平入り口--------10:20メラッパシ田代--------11:20東田代11:40〜〜〜〜〜12:30ブナ平〜〜〜〜13:50桧枝岐==========帰宅

今年3度目の山スキーは燧ケ岳だ。この季節の桧枝岐からの日帰りは雪も深くハードだが、あえてテントを持ち上げずに日帰りでの往復に挑戦することにした。15日午後に出発。天気は明日から崩れてきそうだ。何とか持ってほしいものだ。

塩谷のコンビニで北條、桧山組と合流し、高畑スキー場へ。この駐車場で1泊し、翌早朝に燧ケ岳を目指すことにした。駐車場にテントを張り夕食を兼ねながら酒を飲む。これが楽しくつい飲みすぎてしまう。

翌16日、朝4時に起床し、桧枝岐に移動、6時20分に出発する。
天気は高曇り、七入り手前からはくっきりと燧ケ岳頂上が望めた。この天気が持てばと思ったのだが、七入りを過ぎる辺りから小雪が舞い始める。

ルートはブナ坂の登り口までは車道(スノーモービルの跡が多い)を進み、ブナ坂から車道を離れてブナ平に向けて直登する。しばらくブナ平を進み、御池の手前から樹林の中を左折し、モーカケ沢を詰めながらメラッパシを目指す。

メラッパシからは急斜面を東田代に登り、東田代を横切り熊沢田代、そして頂上へとなるのだが、まだ時期的に早いせいかトレースはまったく無い。深い雪をひたすらラッセルしながら進んだ。

天気は雪が降っているが風も無く視界も良好だ。しかし深いラッセルのため登行に時間がかかっている。東田代に着いたのは11時20分。出発から5時間がかかってしまった。ラッセルを考えるとここから頂上までは3時間はかかりそうだ。残念だが時間切れと判断する。今日はこの深雪の滑りを楽しむことにする。

東田代からメラッパシへの下りは斜度も良く最高の深雪が楽しめた。巻き上がる雪が腰まで届く。リズミカルな上下動を付け深雪を舞い上げながら滑降する。体が浮く浮遊感は最高だ!近年まれに見る気持ちのいい滑りだ。

最初戸惑っていた北条さんも、感覚を取り戻したらしくきれいなターンを決めている。雪まみれになるのが好きな桧山さんも後半はほとんど転倒しなくなっていた。

それぞれが三者三様に思い思いのシュプールを描きながら至福の時を過ごした。
しかし最後には辛い仕事が待っている。七入りからの推進滑降だ。疲れた体に鞭打ち、スキーを漕ぎ続け、足が痛くなる頃にようやく車に到着した。

この後、桧枝岐で温泉(新しく出来た新燧の湯)に入り、蕎麦を食べて帰る。