みつまたかぐら山スキー

1.期間     平成14年3月23日〜24日

2.メンバー   中野、菊池、相良

3.記録     
 3/23(土)  ガス
  下館3:45=========6:50三俣(民宿) みつまたかぐらスキー場8:20-------第4リフト9:20--------10:40かぐら峰11:30〜〜〜〜田代スキー場

 3/24(日) 晴れのち雪
 かぐら第4リフト9:45--------12:15霧ヶ塔12:52〜〜〜〜〜雁ヶ峰14:15〜〜〜〜〜15:10かぐらみつまたスキー場 

3月23日 (ガス)
久しぶりのみつまたかぐらだ。
昔は、家族で、かみさん子どもはゲレンデスキー、お父さんは山へというパターンだったが、子どもも大きくなりもう一緒には来てくれなくなってしまった。

今回は、初心者入門ということで、設定した。飯島さんも来る予定だったが、残念ながら、仕事の都合でキャンセルとなった。
下館合庁から50号を西に向かい伊勢崎ICへ。このICが出来てからかなりアクセスが良くなったが、もっと欲を言えば早く足利まで延びてほしいところだ。

3時間で三俣の民宿へ到着(いつもの小松屋だ)。ここで着替えを済ませてゴンドラへ。
ゴンドラからリフトなどを乗り継いでかぐらスキー場上部へ。以前は第5リフトも動いていたのだが、最近はツアーなど特別のとき以外は動かしていないらしい。

今日はガスっているので、ゲレンデかな、と考えていたのだが、少しづつガスが晴れてきているので、雪山&山スキー初体験の相良君の歩行訓練を兼ねて神楽峰まで登ってみることにする。

相良は、始めはシールを貼ったスキーを使うのに戸惑っていたようだが、徐々に慣れ、快調に稜線に到着。
田代への下降ルートを確認後、小雪の降る中、日本酒で乾杯。今日は登れると思っていなかったのでビールを仕入れるのを忘れてしまったのだ。しかし昨夜、差し入れに頂いた吟醸酒がザックに入っていたので、これで乾杯したのだ。

さぁて、酒も飲んだし、いざ滑降だ。元気良く滑り出すが、すぐに転倒。どうもおかしい、頭がふらふらする。少し酔ったらしい。
そして大斜面へ。シュプールのない雪面に思い思いのシュプールを描く。
相良は少してこずっているようだが、初めだから仕方がない。

午後は、かぐらスキー場に戻り、ゲレンデを外れて新雪滑降を楽しんだ後、下山。
民宿に帰ってからの酒宴の様子は、敢えて書かなくてもお分かりと思う。ご想像の通りだ。


3月24日 (晴れ後雪)

今日は雲ひとつない最高の天気だ。
迷うことなく雁が峰コースに決める。

昨日と同じルートを登り、稜線手前から右によりコルを目指してトラバース。
稜線沿いに小ピークに登る。ここから少し下った後、稜線下をトラバース気味に霧ヶ塔を目指すのだが、シールを付けたままの滑りは、慣れないとかなり厳しい。

相良も転びながらも何とかついてくる。
いよいよ霧ヶ塔への最後の登り。この登りは、傾斜があり幅も狭い稜線のため、何度もキックターンを繰り返しながら登ることになる。この登りに相良は、何とかもがきながらも、30分以上をかけて登りきった。かなり頑張った。初めはここまで来れないと思っていたのだ。

頂上で、苗場をバックに乾杯!最高だ。
少し、のんびりしていたら、ガスがかかってくる気配。慌てて滑降開始。

純白の斜面に自分たちのシュプールを刻むのは、何度やっても最高の気分だ。
相良もボーゲンながらも頑張っている。

いい滑りをした後は、斜面をトラバースして雁が峰への尾根に取り付くのだが、このあたりから相良の調子がおかしくなった。午前中に頑張りすぎてバテてきてしまったらしい。しかし、天気は急変しガス、吹雪となってきており、甘い言葉はかけていられなくなった。

頑張ってもらうしかない。ここから引き返すことは出来ない。最短コースが雁が峰だ。

最後にスキーを外し、つぼ足で雁が峰のピークに登りつく。
ここからは下るだけだ。しかし、時間が遅くなったために、表面が固まりモナカ雪となっている。

何度か転倒しながらも下りはじめると、徐々に雪質がよくなって来た。
スキー場も見えどんどん下るが、相良はもう疲労困憊のようすで、後傾になってしまい何度も転倒する。やっとスキー場に辿り着いたときは夕方になっていた。

4.考察
 初めての相良は、良くやったと思う。
ただ、山スキーはゲレンデと違い、いろいろな雪質、状況が出てくる。
このさまざまな状況に対処できるスキー技術が求められる。

これは特別の技術ではない。スキーの基礎技術だ。
例えば、狭い斜面、急斜面で有効なキックターン。急斜面では転ばずに出来なければならない。
急斜面での、斜滑降、横滑り、そして平坦なところでの推進滑降など。
さまざまな雪質に対応する滑りとは、スキー板の中心に重心を乗せた安定した滑りだと思うが、残念ながら、まだ開眼していない。

相良にあっては、この他に、基礎体力もほしい。
山スキーに慣れてくればだいぶ違ってくると思うが、より長いルートに行くためにはもう少し体力もほしいところだ。楽しみな滑降までぜひ体力を残しておけるように。