八甲田山・岩木山
平成14年5月2日(木)〜5日(日)
中野一正・飯島孝夫・北條友由・水越健夫・相良順一

記 録
5月2日:県庁19:07 ──── 酸ヶ湯駐車場2:00(仮眠)
5月3日:起床5:00 ──(八甲田周回道路一週)───傘松峠9:10───駒ヶ峯 11:15─── 傘松峠13:15─── 酸ヶ湯駐車場14:55

 傘松峠

5月2日(晴れ)
 予定より若干遅れて県庁を出発した。高速をぶっ飛ばし酸ヶ湯へは、予想時間より早く着くことができた。駐車場には、20張程のテントが張られていた。

5月3日(晴れ)
 今日はよい天気だ。八甲田山の様子を見ながら周回コースを車で一周し偵察する。覚悟していた以上に雪が少ないのに驚く。今日は、南八甲田をサクッと登った後、北八甲田の大岳に登ろうということにした。南八甲田は、北八甲田の大岳、高田大岳などをバックに登る展望が素晴らしい山だ。傘松峠付近に駐車し、駒ヶ峯目指して登り始める。駒ヶ峯までは、春山スキーハイキングという感じで登る。駒ヶ峯で陽光の中、ビールを飲む飯島、北条、相良と別れ、中野・水越は、櫛ヶ峯を目指すことにした。

飯島たち3人は駒ヶ峯から峠目指して下った。下る箇所がずれてしまったので、道路まで若干の藪こぎとなってしまった。今日は、マメも痛いので午後の大岳方面への転進は明日に延期して、駐車場で、ビールを遣りながら中野たちの帰りを待つことにした。

(中野)
 駒ヶ峯から一気に滑り降り(あっという間)、櫛ヶ峯の登りにかかる。樹林が濃く登りにくく、頂上も平坦でアオモリトドマツの樹林に覆われ視界は全く利かない。十和田湖が見えるかと木に登ってみても全くダメ。(南斜面まで行けば展望が利いたようだが残念だ。)

さあ、期待の滑降だ。頂上直下の雪質はいいが、あっという間に終わり、後は樹林をトラバースしたりのつまらない滑りだ。駒ヶ峯に登り返し、再度滑降開始。雪質がいいので楽しい滑りだ。斜面を選んで下ってしまったので、コースがずれ藪こぎも少しさせられてしまった。睡蓮沼からバスで酸ヵ湯温泉に戻り飯島たちの合流する。

 今夜は、酸ヶ湯温泉の素泊まりを予約していたが、駐車場のテント村の方が快適そうなので、予約をキャンセルしテント泊まりとする。混浴の酸ヶ湯温泉に入り、充分に手足を伸ばし(目の保養をしたもの者もいたようだが)た後、恒例の大宴会となった。


5月4日
起床5:55─── 八甲田ロープウェイ山麓駅9:50─── 山頂駅10:30──(尾根徘徊)── 田茂萢岳13:00 ───道路15:30───バス停15:40 ─── 岩木山麓テント場



4日(曇りときどき雨)
 今日は昨日とうってかわって悪天候だ。とにかく風が強い。八甲田ロープウェイが動くまで蔦温泉までドライブする。蔦温泉は是非入ってみたい温泉だが、一般入浴は10時からという。残念ながらあきらめざるを得なかった。

 ロープウェイで山頂駅まで登ると、風が激しく、ガスで視界がきかない。八甲田大岳を目指して登るが、広い尾根の地形で迷ってしまう。他に何組かのパーティーが迷っていた。銅像コースが滑降可能とのことであるので、赤倉岳から銅像コースを降るルートを探してみたがどうもはっきりしない。安全を考えて、ポールでコース案内があることが確認されている田茂萢岳からの銅像ルートを降りることとし、来たルートを戻ることとする。

 田茂萢岳から滑り出すが、前嶽までは視界がきかないながら快適に滑る。前嶽を巻くところは、1時間ほどコースを捜しながらのひどい藪こぎとなった。雨の中の藪こぎで本当に辛かった。相良などは新しいヤッケがズタズタになってしまった。藪から解放されたあとは比較的快適に滑れたが、最後に30分ほどの藪こぎが再度待っていた。

 道路に出た地点は、矩が高かったが、タラボの芽などの山菜を採取して道路まで降りた。バス停まで歩き、ロープウェイ駐車場までバスで戻り、車を拾って岩木山麓へと転進する。
今夜の宿は、水越の推薦する岩木山麓のトイレ・東屋付きの駐車場と決める。八甲田で採取した山菜などの天ぷらに舌鼓を打ちつつ今夜も大宴会となった。

5月5日
起床5:55─── スカイライン山頂駐車場8:50───岩木山頂9:50-11:00─── 駐車場12:00─── 百沢スキー場駐車場12:50─── 県庁23:50




5日(曇り・山頂付近は霧雨)
 起床したときは、晴れ間も見えたが、岩木山山頂はガスが湧いているようであった。スカイラインを登るにつれて天候が悪化し、山頂駐車場は雨であった。飯島・北條・相良は山スキーをあきらめ、山頂往復とする。

 森林限界を抜けるとすごい強風であった。そのため、リフトは運休している。山頂まで約1時間の行程だった。山頂付近で百沢コースを滑る中野・水越と別れ、相良が登ってくるまで山頂の小屋で待つ。
山頂には約1時間滞在した。飯島も足のまめがひどく、つらい登り下りであったようだ。

山頂駐車場に到着して、車で百沢スキー場駐車場に向かい、中野・水越と合流。嶽温泉の露天風呂で汗を流し、水戸に向かう。県庁には深夜に到着した。

(中野)
ガスの中、百沢コースを滑降する。ルートは水越頼りだ。ガスで視界が悪い急斜面をボーダー水越が豪快に滑っていく。少し離れると姿を見失ってしまうので、後を追うように滑り出す。結構いい斜面で、視界が良ければ「ヤッホー」の声が上がるだろう。途中でスキーを脱ぎ、右側の雪渓に移った後、今度は大きな沢の中を滑る。結構急で楽しい滑りだ。しばらくして急斜面を右側に大トラバースして荒れた沢を下ると滑降終点であった(焼止小屋)。標高差400m、滑降時間は15分弱であった。

ここからは、ヤマザクラの咲く新緑の中を2時間弱、スキーを担いでのんびりと下山した。
下山後、八重桜の綺麗な百沢スキー場から山を見上げ、雪があればどんなに楽しいか、素晴らしいコースだと思った。今回は本当に残念だが、雪が充分の時に再び訪れてみたいところだ。